日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

九州

別府八湯┝得于浩

【温泉】柴石温泉(大分県別府市)☆
10年ぶりに訪れた別府で、ようやく別府八湯の最後のひとつを訪ねることができた。
最後まで残ったのはアクセスがあまり良くない(別府駅からバス30分)ためで、市街地から離れた山麓にポツンと立っている。
シンプルな市営の共同浴場で、休憩所などはない。しかし、内湯、露天風呂に加え蒸し湯まで備えた、温泉王国・別府ならではの贅沢な施設だ。もちろんすべて源泉かけ流し。これで入浴料が210円というのは驚きでしかない。
内湯もそこそこ広く、温度違いで湯舟がふたつある。泉質は単純温泉ながら、様々な成分が溶け込んでいるのを感じさせる、まろやかなお湯だ。熱い方は45度はありそうだが、肌への刺激はさほどでもない。
いっぽう質素な造りの露天風呂はぬる湯で、滞留時間が長いためか温泉成分が析出し、かすかに白濁している。浴槽は浅く、寝湯のような恰好でいつまでも浸かっていられそうだ。
蒸し湯は露天風呂の傍らにある。厚く重たい戸を開くと、中は薄暗く、熱気が充満している。孟宗竹を敷いた床下に源泉を流す仕組みで良い風情なのだが、木製のベンチの表面が熱々で長く座っていられないのが残念。
ともあれ、市内の喧騒を離れ、こんな所で時を過ごすのも一興だろう。ロッカーもカランもあり、清掃も行き届いているので不便はない。別府の懐の深さを知るには恰好の共同浴場だ。

住所:大分県別府市野田4組
営業時間:7:00〜20:00
定休日:第2水
入浴料:210円
IMG_0575

角打ち礼賛(大分編)

【グルメ】御手洗酒店(大分県大分市)−
DSC06923
看板に堂々と『角打ち』を標榜する店も珍しい。創業は昭和16年。80年近くの歴史を経て、今や「伝説の店」として語られる一軒となった。
店を訪ねたのはお盆の夕刻。先客はゼロだった。女将さんの姿も見えない。店内の正面中央にはNゲージのジオラマ、左の棚上にはタンノイ、JBL、クォードといったオーディオの名器とジャズやクラシックのLPレコードが並ぶ。
DSC06924
ジャズがかかる店内に大勢の客が集う光景がかつてはあったのだろう。一流どころのライブも行われたと聞く。この店の「伝説」たる由縁だが、角打ちとしては広めのスペースがガランとしている様はいささか寂しい。
顏を見せた女将さんに大分の地酒「西の関」(200円)を注文。魚肉ソーセージ(100円)をつまみにしてカウンタ−で一人飲んだ。簡単な肴は酒と一緒に冷蔵ケースに入っている。おでんもあるようだ。
DSC06925
地方都市で角打ち店が営業を続けるのは難しいに違いない。斜陽するこの店の黄金時代を見てみたかったと思う。切ない表敬訪問だった。

住所:大分県大分市長浜町2-13-52
営業時間:9:30〜22:00(月〜土)/16:00〜22:00(祝)
定休日:日

関連記事:角打ち礼賛INDEX

六盛

【グルメ】六盛(大分県別府市)−
「B級グルメ」というと怒られそうだが、温泉の町、別府のもうひとつの名物が冷麺だ。昭和25年ごろ中国から引き揚げてきた料理人が開いたお店が始まりと言われている。朝鮮風そのままではなく、味を和風に寄せたのが功を奏したのか、現在、別府市内で冷麺を出す店は60〜70軒もあるという。
系統はふたつあり、冷麺専門店ではモチモチした太麺に、キャベツのキムチが添えられる。いっぽう焼肉屋系では、つるつるした中細麺に白菜キムチを添える。以上が予備知識。
人気店の「六盛」を尋ねたのはお盆で、前の道は待ち客であふれていた。とはいえ回転は良く、すぐに入店できた。カウンターに座り、冷麺を(750円)注文。水を飲んで落ち着くと、厨房内には韓国で見たような製麺機があり、次から次へニュルニュルと麺が押し出されてくる。背中合わせに鍋があり、ここが定位置なのだろう、主人らしき初老の男性が麺の茹で加減に目を光らせている。茹で上がった麺はスープと合わされ、牛肉のチャーシュー、キムチ、ネギ、茹で玉子をトッピングして出来上がり。
IMG_0591
澄んだスープが涼しげだ。味もまた涼しい。昆布と牛肉を合わせたスッキリとした旨みは、最後まで飽きがこない。麺は独特で、小麦粉、そば粉、でんぷんをミックスした中太のストレート麺。強いコシがあり噛み切るのに難儀する。牛肉のチャーシューはダシガラ風でどうということはないが、キャベツのキムチはその酸味と辛味でスープに妙味を加えている。そんなわけで総じて丼の中のバランスは良い。
ただ、もう少し麺にスープがからんでくれたらいいのに、とレンゲで忙しくスープを口に運びながら思った。また、淡泊な味わいがそういう気にさせたのか、外食の選択肢のひとつではあっても、旅先でわざわざ足を運ぶものではないとも感じた。おいしくないわけではないけれど。

住所:大分県別府市松原町7-17
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜21:00
定休日:水
IMG_0589


月別アーカイブ
プロフィール
格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント