宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

宇陀で生きてゆくということ

私は27歳の時に市議になると決め、議員秘書をやめて帰ってきました。
絶望的な政治を立て直すんだと思って帰ってきました。
帰ってきた僕を待っていたのは、熱狂して迎えてくれる地域の方々ではなく、冷めた目で私のことを見ている方々でした。それでも本当に一握の方々が、 僕に手を差し伸べてくれました。閉塞感を打ち破るには若い人材が必要だと私を助けてくださった皆様のおかげです。

浪人することになりましたが、4年間を地域で過ごして31歳の時に市議会議員に当選をさせていただきました。

4年間市議会議員として活動をしている中で気がついたことがあります。
宇陀には外に出ていける人と、出ていくことができない方がいるということ。

私は一生をここで暮らす覚悟を持って帰ってきたつもりでした。
しかし、地元で根を張ってずっと生きてきた方々には遠く及ばないということを知りました。

この地域で商売や生業を営んでいる方々はこの地域を継続させないと生きていくことができません。
地域活性化は生きるためにやり続けなければならないものです。
でも、そのことに気づいている政治家は少ないということに気が付きました。
もしくは気づいていても、同じ舞台で汗をかこうとしている政治家は少ないということに気が付きました。
私もその一人であったと思います。

4年間、地域の場作りに取り組んできました。
4年間、私は外に飛び出し続けて、宇陀市のために力を貸してくれる方々を探し続けました。
地域活性化の取り組みがあればどこへでも飛んでいきました。そのおかげで、勝井太郎がそこまで言うのならば力を貸してあげようと言ってくれる専門家や、他市の政治家や中央省庁の官僚たちのネットワークが出来ました。 

移住をしてきた方を中心にコミュニティを作り、いくつかの活性化のための施策もできるようになってきました。
市役所と連携をして地域の場作りや人材育成、所得向上の取り組みも立ち上げることが出来ました。


地域活性化には地元に土着の人と新しい知恵やノウハウ、気づきを与えてくれる外部の人が必要です。そして、その方々が動いていくためのコーディネートをする人が必要です。
私はこのコーディネート役を志して宇陀市に戻ってきました。一定の成果は上げたと思いますが、まだ道半ばです。私に足りていなかったのは地域で生きていく覚悟です。

政治はこの宇陀で生きていくんだと覚悟を決めた方々と向き合わなければなりません。
私にとっての政治は、インターネットの中にあるものでも、テレビや新聞の中にあるものでもなく、地域の中にあるものです。

宇陀で生きていくことを選んだ方、選ばざるを得なかった方を支援する取り組みがとても大切なのです。ここが守れないと底割れをしてしまうからです。決して壊してはなりません。宇陀市において政策の第一優先にしなければなりません。
その上で、新しい方を入れていく必要があるのです。この新しい方もできれば、今あるものを活かす方々である方がよりよいでしょう。

地域活性化には地域の方々を何が会っても守りぬくという信念と、ある程度の流動性を持ちながら地域に入ってくる移住者の方々をうまく融合させる施策が必要なのです。


宇陀を守り、これからも引き継いでいくために私は存在をしなければならないと思っています。
この地に根を張り、生きていきます。改めて、人生を宇陀にかけ、捧げることをお約束いたします。
改めて、挑戦を始めるにあたっての私の所信といたします。
 

地域活性化を更に進める。宇陀sgが始まりました。

自治体間連携によるインターネット通販JAPANsgに宇陀市が加盟をしネット通販に取り組むことになりました。
これは2年前に地域の農家さんや地域活性化を行っている方々と一緒に武雄市に視察に行ったところからすべてが始まっています。


宇陀市には移住者がたくさんいます。
私も一度東京に出て議員秘書をして戻ってきたUターンです。
Iターン、Uターン、Rターンの皆さんで手を組んで、地域の方々を巻き込んで活性化のための施策を打ち続けてきました。市役所主導でも政治主導でもなく、フラットな関係で地域活性化をしてきました。

私は人が集まるきっかけを作り場を作り、地域内で活動をする方々の応援を徹底的にしてきました。
例えばこんなこと。
本間正人先生を招いての笑顔のコーチング
木村俊昭先生、山本尚史先生を招いての地域活性化意見交換会

私がしてきたことはシンプルです。
思いを持つ方を探して、つなぐきっかけを作ること。
彼らが事業構想をするために必要なリソースをさり気なく用意すること。
内発的な発展によって地域を持続させるのが私の施策です。

そのためには外部からの評価と連携が必要なのです。
そう意識をしていたらこんな取り組みも始まりました。
伊那佐郵人
伊那佐郵人の取り組みは最初はTwitterから始まりました。
移住者の松田さんが朽ち果てようとしていた旧伊那佐郵便局を買い取り、市と国から補助を受けて日替わりシェフのレストランに改装するまでに多くの方が関わり、作り上げていきました。詳しくはこちらを。
行政が主導して事業を始めていたら、こうはなっていなかったと思います。

まちづくりは行政が主導してやるだけでは足りませんし、ずれていきます。
むしろ、これからを考えるとズレた施策を何億もかけてするくらいなら、地域の方々にお任せをしたらいいと思います。
これは宇陀市に提案をして実際にソーシャルビジネス・コミュニティビジネス講座が行われるようになりました。
小さな挑戦を続けられる地域を作ることがとてもとても大切なのです。

次は自治体間連携による物販が始まります。
JAPANsgに加盟をして、自治体間連携によるネット通販に取り組みます。
これは、地域内でビジネスを行っている方々、これから始める方々に地域内での連携を図るきっかけを生み出すことと、実際に売り先を提供することを目的として行われるものです。
物販サイト宇陀sgはこちら


市内にいる志を持った方々を探すことから始まった私と地域の皆さんの挑戦は次のステージに上ることになりました。
地域をつなぐ、地域を越えてつなぐ。

私には仲間がいます。
私には夢があります。

地域の方々が手を携えて、一緒に「宇陀はいいところでしょう」と笑顔で都会の方々に当たり前のように言える日が来ることを。
宇陀には人がいます。宇陀に人がいる限り、地域は絶対に生き続けます。
一緒に頑張っていきましょう。


地域のために汗をかいている地域の皆さん
宇陀市まちづくり支援課をはじめとする市役所の皆さん
きっかけをくれた武雄市の樋渡市長をはじめとする武雄市役所の皆さん 

これからも切磋琢磨してまいりましょう。
 

一緒に希望のまちを作ろう

私の役割は、人が集まる場を作ることだと思っています。
地域の活性化は政治と行政だけで行うことはできません。

宇陀は大変なんだーと叫んでいる人。
ずっとダメだと叫んでいる気がします。

だったら、なんでここにいるのさと思います。いいものいっぱいあります、めっちゃ頑張っている人いっぱいいます、移住してきている人も増えてきて、つながりができていっています
活性化のためのチームができるイメージがわきつつあります。圧倒的な行動力で飛び回るそんな方々が群れを成して宇陀から登場をし始めています。

今求められるリーダーは希望をまっすぐに語れるリーダーです。

政治は希望を語るもの、実際に行動をするもの。
ここがダメだということなら簡単。実際に動いて場を作っていけば変わっていくのです。
地域活性化は強力な一人のリーダーによって成し遂げられるものではありません。
市役所主導で進めていくものでもありません。

あえて言うのならば、リーダーは住民の皆さんが自由に飛び回れる場を作り、励まし、応援し、協力してくれる仲間を徹底的に集めるのです。時には忍耐が求められるでしょう。
どんな状況でも笑顔で、地域の運を信じ抜ける度量が必要です。

私は、宇陀を信じています。
一緒に地域を作りましょう。
ここからの宇陀は絶対に面白くなります。

宇陀市はほんとにダメなのか?

宇陀市は破たん寸前だ。
宇陀市は消えてしまうんだ。
負担に耐えられなくなってしまうんだ。

こんな言葉をずっと聞いてきました。
議会の中で、地域ではお年寄りからよく聞いていた言葉です。


一方で、地域の若い方々と話をしていると反対の言葉が聞こえてきます。
宇陀市の子育て支援を何とかしてほしい。
活性化のためにこういう取り組みをするので応援してほしい。


ダメだという意見、改善してほしいという意見この2つは一見似ているようですが、全く違います。
あきらめているか、あきらめずになんとかしようとしているか、大きな大きな違いです。


今は間違いなく危機の時代です。
だからこそ、リーダーは希望を見出さなければなりません。
こんな大変なことがある、こんな危機が訪れる、これだけを言い続けていたら宇陀市はダメになってしまうでしょう。

宇陀市の強みと弱みを理解した上で、政策は提案をされねばなりません。
宇陀市が取り組まねばならぬ課題と国が取り組まねばならぬ課題もある程度分ける必要があります。
ここが見えないと、市としての最重要課題の選択を誤ってしまうでしょう。

宇陀市はダメなんだという立ち位置でものを見るとすべてが暗く見えるでしょう。
反対に宇陀市には希望があるという立ち位置でものを見ると何とか出来ると思えるでしょう。


沈みかけの船を限界まで沈没させないんだという気持ちは意味が無いのです。
議会の中での議論や、市長の答弁を聞いていて一番の違和感はそこにあります。
宇陀市がダメになるという思い込みに支配されているのではないかすら感じることがあります。


私は、閉塞感もダメだということも、自分たちが作ってしまっていると感じています。
宇陀市には希望があります。
滅びのストーリーにそって進められている市政を今こそ書き換えましょう。

市役所はおかしさを自覚すべきだ

年末年始にかけて様々なご意見を住民の皆さんからお聞きしてきましたが、その中でもどう考えても理解できないことがあったので紹介します。

 とある介護関係の事業をされている方からの相談でした。
業者さんいわく

「宇陀市から生活保護を受けている方に対する福祉に関する業務を受けてやっているのだけれど、その代金の支払いがきちんと毎月されずに数ヶ月振込がないことがある。ある日突然振込がある。これでは資金繰りに影響が出かねない。 奈良県からも同じ事業に対する代金の支払いがあるが、毎月請求通りに振込がある。 一体どうなっているのか、一度調べてほしい。」

これは驚いてしまいました。
同じことを民間企業がやっていたら信頼はガタ落ちですし、そもそも請求してもきちんとお金を払ってくれない業者となんて付き合いたいとは思わないでしょう。

これに対して市役所の説明
「生活保護関係の事業は受益者からサービスを受けたことを市に対して報告されないと支払いができない」

そんなバカなという話です。
生活保護受給者は病院に行っても医療費はタダです。病院に行くために介護タクシーを利用しても同じです。
なので、病院や事業者が不正をしないように生活保護受給者からも申請をさせるのでしょう。それは一定理解できます。しかし、それでも何ヶ月も書類がどこかにたまってしまうのは理解ができませんし、それによって病院や事業者が支払いを数ヶ月止められるのは問題があると思うのです。

行政は基本的にライバルはおりません。
宇陀市内で人件費以外に150億円も支払いをするのは宇陀市役所だけです。
産業振興や企業誘致と言う前に、きちんと地元の業者に支払うべきものを約束をした期限までに払うべきです。
不正をなくすことを目的にして真面目にやっている業者をいじめるのはよくありません。

当たり前に民間企業がやっていることを市役所もすべきです。
めったに起きない0.001%の不正をなくすために、普通に仕事をしている業者に不都合を押し付けることは不合理です。
たった1件起きただけのクレームなのに、それをすべての住民の意見と思い込むこともあまりにも多すぎる。
なによりも、このことがおかしいと市役所は気づくべきだ。
 

年頭所感 市政を担う者の矜持を取り戻す

新年を迎えました。
本来ならば、新年のお祝いの言葉を述べるべきですが、公職選挙法で時候の挨拶は禁止されておりますので、ご理解くださいませ。代わりに私の年頭の姿勢に関する所感を述べます。


合併から丸8年が経過をいたしました。そしていよいよ私の議員任期も4ヶ月を切りました。

議員になって当初は、志だけでは何もできない。どうせ、先輩たちに潰される。そのようなことも言われたことも何度もありました。
4年間で一つでも何かできたらいいね。そんな言葉も一度や二度ではなく、何度も頂きました。

もうすぐ、4年の任期を終えますが、はっきりと言えることがあります。志がなければ政治家はしてはならないと。
志がなければ、ただ単に今そこにある危機を伝えることしかできないのです。

人口が減少をしていく。
日本全体が縮小をし都市部に頼ることはこれから困難になる。
老人福祉の費用は激増する。
少子化は更に進む。

これらはもはや避けようのない事実です。
何とかしますと言ってもどうにか出来るレベルを超えています。道路を整備します。工場を誘致しますというレベルのことでは乗り越えられないのです。そのことを私達の世代は敏感に感じています。だから、人口が流出するのです。

政治家は志と冷静な現状分析の二つができなければなりません。
根拠もなく「人口を増やします。」「社会保障を充実させます。」と発言している政治家を誰が信じるのでしょうか。
議員になるずっと前から出来もしないことを言わない。まずは今の現状を隠さずに、真正面から皆さんにありのままの宇陀市を伝えますと言い続けてきました。


真正面から、議会で発言を続けてきました。
情緒的で、客観性のない政策や発言に対しては情け容赦なく厳しい議論をしてきました。
今さえ良ければ、自分たちさえ良ければいい。そんな政治を変えるために。

地域を担う皆さんと一緒に地域を少しずつ良くしていきたいと思っています。
現場で汗をかくこと、議会で妥協のない議論をすること。私はこの二つから宇陀市を守り、子々孫々たちに受け継ぐべき地域を守っていきたいと考えています。
勝井太郎の挑戦にご支援よろしくお願いします。
 

2013年を振り返る

いよいよ大晦日。
2013年が終わろうとしています。
議員任期もいよいよもうすぐ4年を迎えようとしています。
改めて、2013年を振り返ります。

議員任期が3年目から4年目に入った2013年は、それまでの議会での提案が実現に向かうことが多かった1年でした。たった一人で議会に乗り込んだ1年目2年目とくらべても市役所との交渉は本当にスムーズでした。

学校給食の放射性物質検査の実施、オープンガバメントの取り組みは提案してすぐに取り組みが始まりました。
議員になってすぐに取り組んだ公有財産管理の適正化は順調に進んでいます。
SNSやインターネットを通じた地域のブランディングはいよいよ取り組みが年明けに始まります。
企業誘致は地元業者にとってメリットの有る業者でなければならないとの提案から、地元と手を組める業者の誘致が行われました。
公有財産の管理を適切に進めるための台帳整備と公有財産の適正化は着実に進んでいます。

私の提案は、極めて堅実なものばかりです。
地域の方々の取り組みを応援する取り組みと客観的な指標に基づく適正な行政を行うための提案に力を入れてきました。確実にそれは市政に影響を与えているという確信があります。


議会での議論も同様です。
理性的な議論によって結論を導き出す必要があるとの信念で活動を続けてきました。
客観的な事実ではなく、自分の都合だけを主張する要求には毅然と論破をしてきました。

少しずつですが、確実に宇陀市政は変わってきています。

一方で議会での課題も浮き彫りになってきました。
議論ではなく、圧力だけで自分の希望を実現させようとするようなことも目につくようになってきています。
議会改革を進めていく中で、現状を変えないといけないと考えている議員とそうではない議員も明確になってきたと思います。


変わり始めた宇陀市政を絶対に後戻りさせません。
来年はもう一度挑戦をします。
全ては宇陀市の未来の為に。

慣れ合いともたれあいの市政を立て直す

12月議会が閉会をいたしました。

市議会と市役所の関係がおかしくなっているのではないかと感じざるをえないことがありましたので、そのことについて書こうと思います。


12月議会の開会を控えて、井上副市長の辞任とそのきっかけとなった騒動についての説明が市長からありましたが、任命責任を問う意見が出ることもなく、本来ならば分限懲戒審査委員会を開かねばならないところを、かん口令を敷いて処分を行うことができないようにしたことについても、誰も追求をしようとはしませんでした。
詳しい説明は、こちらに書いてあります。

普段ならば、舌鋒鋭く追求をしたり、議論をする議員たちも何も意見を言わないままでした。


その中で、20日に12月議会は最終日を迎えて、突然地域の公民館への補助金を増額するという説明が総務文教常任委員会の委員長報告で行われました。
これは、公民館条例などの集会所類似施設の関係条例をすべて集会所条例に一元化して管理をするようにするという議案の審査報告で出てきたものです。

委員長に対して、どのような議論があり、市から補助を追加するという結論に至ったのかと問いただしましたが、議論の過程に関する説明はなく、補助を追加することに関する説明がなされました。
開会日にあった条例案の提案理由説明では、そのような説明は市役所からは一切ありませんでした。
したがって、少なくとも12月3日の段階では、公民館に対する補助を追加するという方針は市にはなかったということです。

その後12月12日に総務文教常任委員会が開かれますが、集会所条例の改正案は採決されずに継続審議とされました。この時にも市役所からは公民館への補助を追加するという意見は出ていないと聞いております。

12月19日に二度目の総務文教常任委員会が開かれ、公民館への補助を追加するという説明が教育委員会からなされました。そして20日にその旨が私たち議員に総務文教常任委員会の審査報告という形でなされました。


とても不思議なことなのです。
委員会という公開の場で議論されているところでは、そのような議論はなかったということなのです。
委員長報告を聞く限りではそうでした。
また、地域に公民館を持っている、榛原地域、室生地域の公民館の方々から、公民館補助を追加してほしいという旨の要望書も特に出ていないと聞いております。
現状の公民館制度を発展昇華させて市内全域にまちづくり協議会を設立するのが市の方針です。
その方針に従って粛々とまちづくり協議会が設立をされていっているのが現状なのです。

もちろん、すべての市民がまちづくり協議会設立を賛成しているわけではないと思います。
他の地域と比べて公民館事業が盛んな室生地域では、公民館補助を残してほしいという意見があることも聞いたことがあります。


ですが、委員会の中で論点として取り上げられていないことを、委員会の意見として行政に対して求めたわけではないことが、なぜ突然教育委員会から提案されたのはなぜなのでしょうか。


どこかで取引があったのかもしれませんし、厳しい質疑をしない見返りに補助を追加するという提案がなされたのかもしれません。一度継続審議になった議案をもう一度審査してもらうための取引があったのかもしれません。それは議会制民主主義への挑戦であると言わざるを得ません。
増額される補助金は約100万円くらいです。このお金は当然ですが、全額が皆さんが納めた税金です。誰かがそっと出してくれるお金ではありません。

今回の突然の教育委員会の方針転換に特定の議員の働きかけがあったのならば、やはり問題であると考えます。また、当初は全くなかった事業を突然しようとした教育委員会とその予算執行を認めようとした市長と教育長にもやはり問題があるでしょう。

各議員がそれぞれ政策を作り、それを市に対して提案をすることは必要なことです。
しかし、議会や委員会で審議される議案については公開の場である委員会審議や本会議での質疑と議論によって物事を決めていかねばなりません。

議会はあくまでも公開の場で物事を決めていかねばなりません。
税の使い道は、公開の場で理性的な議論によって決められなければなりません。
行政と馴れ合わない、税の使い道は公開の場で決め皆さんに報告するそのような議会に。
市役所と議会を叩き直すくらいの覚悟で取り組みます。

常識をぶち破れ

議員をやっていると思考が固まっていきます。

例えば、地元に行政からお金ができるだけやってくるようにしようとか。
過疎債を使えば7割国に補助してもらって土木工事ができるとか。
省庁にツテがあれば補助金を受け取りやすいとか。
自治会長のいうことをよく聞いてそれを市役所に届けようとか。
議員がいないと地元の要望は届けられないとか。 


これらのことは、議員の存在価値を市民に認識させるために行っていると言っても過言ではありません。
結果的に市民が自分たちで何とかしようとする機会を奪っています。

それよりも、地元の方々がお金を自分たちで得れるような仕組みを作ることのほうが結果的にいいのではないかと思います。

オープンデータだったり、クラウドファンディングだったり、新しい取り組みと行政を掛け算をしたら面白いことが実はたくさんできます。

いちいち、市役所にお金くれと頼んだり、憤慨したりする必要もなくなるかもしれません。
行政に交渉をして、お金を引っ張ってくるモデルを書き換えるために、提案を続けてきました。

最近、できるのではないかと思えるようになってきました。
新しいチラシは新しい宇陀の活性化について書こうと思っています。
しばらくお待ちくださいませ。 

議員インターンシップに参加を検討されている学生さんへ

議員インターンシップに参加を検討されている学生さんに向けたメッセージ動画です。
4月に選挙を控え、活動にドライブがかかるタイミングでインターンシップを行います。あなたの挑戦をお待ちしています。



katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
宇陀市出身

宇陀市議会議員
1978年7月23日生まれ 宇陀市室生大野出身 大阪市立大学大学院創造都市研究科に在籍中。
室生村立大野小、室生村立室生中を卒業。近畿大学附属高校を経て、近畿大学商経学部を卒業。公的機関、民間企業、都議秘書を経て、2010年3月執行の市議会議員選挙にて最高得票で当選。現在2期目。市議会議員として地域活性化に取り組むかたわら大阪市立大学大学院創造都市研究科で地方自治について研究を深めている。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ