宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2005年11月

完売御礼

7時25分ごろに用意していたチラシ250枚がすべてなくなりました。チラシを受け取ってくださった皆様ありがとうございました。もう少し持っていけばよかったかなと思いますが、南口より人通りの少ない北口でここまで配れたのはうれしいです。

今配っているのは決意表明編です。次に伺うときはまた新しいチラシでいけたらと思います。
次からは内容も問われます。

朝立ちの後
今日桔梗が丘で朝立ちをしていた田合さんから電話があり、いいのつくらなあかんぞぉと脅される(笑)。田合さんは430枚配ったらしい。むむむ、負けています。もっとも乗降数が違うので率だけで言ったらいい勝負なのですが。最近はブログランキングも田合さんに抜かれています。
打倒田合たけしも新しい目標になりました。最も一番のライバルは政治家になった時にこういうことしているんだと思う勝井太郎自身です。お前ならここまでできるはずだと思う地点まで高め続けるべくがんばっていきます。

榛原駅北口前です

871f08c6.jpgおはようございます。昨日雨でいけなかった榛原駅北口にきました。まだ人はまばらですね。

今日の予定

今日の予定です。

駅立ちは雨のため中止。予定は榛原駅北口でした。明日に順延いたします。
午前中
 アルバイト明けのため10時ごろまでは睡眠。
 その後は事務作業(電話線がISDN回線に変更され、作業をしないと電話が使えなくなるため)

午後
 応援してくれている人と活動について相談予定(アポがまだちゃんと入っていないので未確定)
 取れない場合は地元の新興住宅を重点に戸別予定(取れても回る予定)


 アルバイトに行きます。

今日は駅立ちお休みです

6時に駅に行く予定でしたが、雨が降ってきました。
雨が降ったら駅立ちはやらない予定です。傘を持ってかばんを持っているのにチラシを渡されても邪魔かなと思いますし、ずぶぬれになります。気温3度でずぶぬれになって震えながらチラシを配っている勝井太郎。。。怪しすぎますね(笑)

明日は行きます。宇陀市を変えるんだと信じている人に会うために。

事前予告
土曜日は大宇陀で街頭に立つ予定です。

勝井太郎はどうやって生活している??

勝井太郎はどうやって生活しているんだと思っておられる方はおそらくおられると思います。

生活していくにはそこそこのお金も必要です。どうしているかといいますと、夜中にコンビニでアルバイトをしています。そして、その給料で日々の食費や交通費、通信費に充てています。そのほかにも政治活動をはじめると知った友人たちが少しずつ私にお金を貸してくれたり、事務所や家で使っていない机や事務用品を貸してくれたりして、活動を支えてくれています。ありがとうございます。

そして、今は実家にいますので家賃負担をせずに生活ができています。家族には感謝の気持ちでいっぱいです。

具体的にどのような収支で活動しているかはこれから配布をするチラシを通じても報告していきます。政治が一部の人のものでない、私のような活動の仕方もあるということを報告していきます。
よろしくお願いいたします。

同世代の方とお話しました

ついに、このブログから関心を持ってくださった方から一度話しましょうと連絡が来ました。
今まで何の反応もなかったので、大丈夫かなと思いながらやっていましたが、見てくれている人がいるんだと思い、本当にうれしかったです。

昼から話をしたのですが、話し込んでしまい気がついたら夕方になっていました。なぜ、勝井太郎が政治を志したのか、なぜ27歳の今なのか、など突っ込んだ話ができたと思います。長い時間付き合ってくださいまして本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

一人でも期待してくれている人がいる、その人の思いを絶対に無駄にしてはならないと心に刻んで明日からもしっかりと活動を続けていきます。

一回ぐらい話聞いてみようかなと思う方おられましたら、taro@katsui.net までメールをいただけましたら幸いです。駆けつけさせていただきます。

 

一新塾大阪の会に参加

東京で秘書をしていたときに、平行して一新塾という大前研一さんが設立した政策学校に通っていました。そこで、政治家とはということを学ぶきっかけを与えていただき、現在は政治家を目指して活動しています。一新塾は僕にとって政治を志を高めて実際に飛び込む勇気と覚悟を与えてくれました。

その塾の大阪講座があると案内をいただいて久々に一新塾の講座に出席しました。新しく講座が始まる最初の講義で一新塾とはという説明と塾生の志と自己紹介をすることが今日の講座の内容でした。

1年半前の入塾したころのことを思い出しながら話を聞き、自己紹介の時には政治に挑戦することを新入生の前で表明し、決意を話させていただきました。1年半前は政治に一言言いたいだけだった私が1年半を過ぎてただ文句を言うだけでは何も変わらない自分できることからアクションを起こしていくことが大切だと思って市政に飛び込む決意をしたのですから少しは成長したかもしれません。話しうまくなりましたねと言っていただけたのもすごくうれしかったです。ただ政治にほえる若い勝井太郎から政治家勝井太郎へ。次に一新塾の講座に訪れるときは市議としていくことを硬く誓いました。

 

 

つかれているのかな

ここ数日忙しくほとんど寝れませんでした。そのせいか布団に入ると一瞬で寝てしまいました。朝から大学時代に中の良かった友達と会う約束をしていたのですが、土日は朝立ちもしなくて良いという安心感からか、ゆっくり寝すぎてしまい。寝坊してしまいました。

待たしてしまった友達には待たしてしまい申し訳ありませんでした。疲れた顔してるよとも言われました。体調管理は気をつけますと前に書きましたがまだまだ甘いです。しっかりしろ勝井太郎。

駅立ちと挨拶まわりを本格的に始めます

手探りで駅立ちをし始めていますが挨拶まわりを含めて活動を加速させていきます。宇陀市全世帯をまわることを目標としています。朝の挨拶とチラシ配布はは休みの日を除いて行いますし、挨拶まわりやポスティングはずっと続けます。少しでも多くの人に会うために、新しいまちに期待している人のために、まだ選挙権のない子供たちに負担を押しつけないために、勝井太郎は勝井太郎である限り闘い続けます。
改めて決意表明といたします。

叔母と会う

シンポジウムに向かうために駅に行くと叔母がいた。結婚した娘の(私からみると従姉妹)ところへいくらしい。最近の活動について話をしているとそれなりの理解はしてくれていた。やるからには徹底してとことんやらねばと改めて覚悟しなおしました。
最近ほんとにするのと問い合わせが来ますが本気です。新しい町には今まであまり届いていなかった若者や女性の声を届ける新しい人材が必要です。

違法建築マンションの問題と社会構造

出発する前にちょっと新聞と友達のブログの記事などを見てこれは書きたいと思ったので書くことにしました。

耐震設計が偽造されたマンションなどビルの話が新聞やテレビなどで騒ぎになっています。設計事務所も施工業者もマンション販売業者も責任の押し付け合いをしているようです。設計事務所は業者から圧力があったといっているし、業者はだまされたといっています。

ふと思ったのですが、誰もこれで人が住んだら危ないのじゃないかと思わなかったのでしょうか?設計事務所の図面を引いた人も、そして、実際に工事を行った方もです。

こんなに鉄骨が少なかったら危ないと思わなかったのでしょうか?気がついていたのに誰も言うことができなかったのでしょうか?
確かに、図面を引く人も、資料を作る人も、現場で工事をする人も会社の中ではトップではないでしょう。トップや上司に対してこのままでは危ないということは自分の生活に関わるかもしれません。会社としての大きな仕事であれば命がけになるかもしれません。

私はこの村社会のような構造こそが一番の問題だと考えています。先輩であるから、上司であるから意見できない。これで、その会社の未来はあるでしょうか?この事件でつぶれる会社も出てくるでしょう。そして、なによりもそのマンションを買った人たちの思いや人生どうするんだとと思います。人生かけて買い物をしたのに、ここにいたら死ぬかもしれませんといきなり言われた方の心情を察すると本当に苦しいです。

これはこの問題だけに限ったことではありません。地域社会にも似たようなことがあります。村社会では、いつか社会が壊れてしまいます。なによりも誰のためにもなりません。

今さえ良ければ、ばれなければという考えでは、不正が白日の下にさらされたとき、その時代に住んでいる世代にすべてのつけをまわしてしまいます。この問題は業者が悪い、設計事務所が悪いのレベルではないのです。変えるべきは業者だけなく、社会の構造です。

若者の地域社会への参加

と題したシンポジウムが今日あります。

最近ずっと外へ自分の思いや考えて出すことばかりをしていて自分の中へ情報や考えをインプットする機会がなかったので、参加することにしました。コーディネータは白岩正三さん。松下政経塾の出身の方なのですが、たまたまお会いしてから縁が続いて、案内をいただきました。

シンポジウムもいろいろな方が参加されるとのこと、また、素敵な出会いがあればいいなと思って、そして、いい話が聞けたらいいなと思って行って来ます。

また、感想をアップしたいと思います。

 

椎名林檎の誕生日

たまたま知ったのですが、今日は椎名林檎の27歳の誕生日だそうです。私と同級生なのですね。
椎名林檎は8年前から、音楽の世界でトップランナーです。最初から他の歌手の方とは違う世界観で椎名林檎の世界を作ってきた人です。おめでとうございます。

私を歌手に例えるとまだ勝井太郎はやっとデビューするためにオーディションを受けようとトレーニングを始めたところというあたりでしょうか。来年デビューできるかどうかは今の活動にかかっています。椎名林檎を聞いて歌手になりたいと思った人がいるように、僕を見て政治家になりたいと思ってくれる人が出ることを目指してがんばっていきます。

そういえば、中村俊輔(セルティック、サッカー日本代表)も同級生。同じ27歳でも音楽の世界やスポーツの世界ではもう第一線です。ボクシングだったら引退を考えるころだそうです。

政治の世界は50を超えてそろそろ議員になろうかなと考えるのが常識だそうで。50でできるプロスポーツはゴルフのシニアでしょうか。政治の世界はシニアではありません。第一線のプロの世界に変えていきましょう。

氷点下

朝6時、名張市議会議員の田合さんから電話が入る。

「おはよう、今日は赤目口にたつで、太郎はどこにいくん?」
「榛原にいきます」
「寒いけどがんばってな」
「ありがとうございます」

田合さんは41歳、27歳の僕が負けてはいけないと思いながら、そして、応援してくれていることに感謝しながら朝の挨拶を行いました。

最近は早朝は氷点下に迫る寒さです。動かずに出勤していく人たちに笑顔で挨拶をしてチラシを渡します。2時間立つと足の感覚がほとんどなくなります。まだまだはじめたばかりです。新しいまち宇陀市は今までと違うまちになるんだと信じている人がいると信じて、僕は活動を続けます。

生駒市長を目指す山下まことさん

生駒市で市長を目指す山下まことさんに友人の紹介でお会いさせていただきました。山下さんは東大出身の弁護士さん、生駒市で起きたO157事件の資料公開を求める裁判をされたりしている正義となによりも命を守ることを大切にされている方です。
生駒市に専門知識と地方再生の意欲を持った市長が誕生すれば奈良が変わる大きなきっかけになるかもしれません。市長選挙は来年一月。宇陀市でも初代市長を選ぶ選挙がありますね。来年は奈良の未来がかかった大切な一年になりますね。

無防備地域宣言から僕の理想の社会まで

無防備地域宣言の問題難しいです。また、長くなってしまいコメントに入りきらず投稿という形になりました。
政治家はロマンティスト(理想主義者)でありながらリアリスト(現実主義者)でなければならないと私は思っています。本当はロマンティストでいたいと思っていますがどうしてもそうは行かないときがやっぱりあると思っています。法がいくら禁じていても犯罪者がやっぱり生まれてしまう現実を見つめながら、どうしたら犯罪がなくなるのかを考えることが必要です。
それでも僕はどちらかといえば性善説に基づいて行動しています。人とは議論を筒巣ことが大切であきらめずに話し合うことが何よりも大切であると考えています。トラブルが起きたら放置することは何の解決にもなりません。真っ向から毅然と対処し、話し合うことでしか解決はしません。
戦争の問題もそうです。なぜ戦争が起きるのか、何が原因でそれを避けるためには自分たちは何ができるのか一人一人が考えることが一番大切です。ただ、戦争がいやだだけではやっぱり足りません。貧困が原因なのか、宗教の対立が原因なのか、暴走する欲が原因なのか、しっかり考えていかないといけません。本当に良く考えてみてください。今、自分たちが何不自由ない生活をするために何を犠牲にしているのか、そして、自分たちは何ができるのかを。これは日本人として必要なことだと私は考えています。

この問題は僕が政治をやろうと思ったひとつのきっかけです。
まず、日本の地方から都市と共存するモデルを作りたい。そのモデルを世界に応用したいという思いから地方政治家を志しました。壮大な話になりましたがこれが僕の夢です。

ブログランキング.netに登録しました

ライブドアブログのランキングだけでなく、どのブログでも登録できるブログランキングにも登録しました。こちらは又吉健太郎さんも登録しています。又吉さんは政治部門13位。こちらははじめたばかりなのでランク外ですが、これからどんどん投稿をしてランキングをあげていきたいです。宇陀市の方だけでなく宇陀市外の方にも見ていただいて地方について関心を持っていただければと思います。

また、登録したことによって新しくタイトルページの右端にバナーが表示されるようになりました。
クリックしていただくと少しランキングが良くなるようです。よろしければ、クリックもお願いいたします。

ブログランキング

ライブドアでこのブログを書いていますが、ライブドアブログはカテゴリーごとにランキングがあります。僕のカテゴリーは政治一般カテゴリーなのですが、只今このカテゴリー25位です。

ちなみに、ライバルは僕が政治の世界に入るきっかけを作ってくれた浦添市議会議員の又吉健太郎さんが19位、中学時代に通っていた塾の塾長で名張市議会議員の田合たけしさんが30位です。

又吉さんにブログやったらいいよと紹介してもらったので、ひそかに打倒又吉健太郎をスローガンにブログを書いているのですが、いよいよ背中が見えてきました。逆に田合さんにはブログしたらいいですよと勧めたのですがあっという間に背中まで迫ってこられてちょっとあせっています。

まだまだ政治家(政治家の卵も)が直接自分の意見を伝えたり、日ごろの活動を公開するツールとしてブログやホームページは普及していないのかもしれません。来年ぐらいからインターネットを使った選挙運動も解禁される見こみです。積極的に情報公開をしていくことで少しでも政治を身近に感じてもらえるようになればと思います。

無防備地域宣言

無防備地域宣言についてコメントをいただいたのですが、コメント欄に書ききれないほど長い文になってしまったので記事として書くことにしました。

無防備地域宣言は中央政府が行う防衛との兼ね合いがありなかなか難しい問題です。
例 無防備宣言をした自治体には、緊急事態が発生した場合自衛隊が入ることを拒むことができるのかどうか。できない場合は宣言の意義がなくなってしまう。などがあります。

自治体の選択肢としてはありえると考えます。ただ、実際に緊急事態になったときにどうしていくのかということを議論しなければならないと思います。最悪の事態がもし起きてしまったときにどういう判断をするのがいいのかということを考えないといけないけれど、無防備宣言をした地域を敵が攻撃しないと信じたいという気持ちもあります。本当にこの問題は難しいですね。ただ、戦争は政治の失敗です。力で解決するのであれば政治はいらないということになってしまいます。自衛の力を持ちながらも絶対に攻撃のためには使わないことが政治家の使命であると僕は考えています。
真剣に話し合いをすることが政治家としての仕事だと思います。

クリックで救える命がある

久々にネットサーフをしているとこんなサイトを見つけました。

クリックで救える命がある。http://www.dff.jp

よくあるバナー広告会社なのですが、クリックして企業の広告を見ると自動的に1円が寄付されるようになっているようです。最近はよく企業の社会的責任をどう果たしていくのかが大きなテーマになっています。広告を出してただ儲けるだけじゃなくてちょっと社会のために寄付もしますよというものいいかなと思います。

世界にはまだまだ貧困の問題や、格差の問題があります。世界的に見て裕福な生活をしている僕たちです。それに胡坐をかいているだけでなく、今時分が何をできるかを考えて少しでもいいから何か行動してみることが必要です。かといって何でもかんでもできないよという方はこのあたりからはじめてみてもいいんじゃないかなと思います。

榛原駅南口でチラシ配布をしました。

朝5時に起きて6時から榛原駅南口でチラシを配りました。どこまでが駅の敷地かわからず駅員さんに注意されたりしましたが250枚のチラシをお渡しすることができました。受け取って下さった皆様ありがとうございました。
この活動はずっと継続しますので今日はお渡しできなかった方々にもしっかりと勝井太郎の考えや行動を伝えていけるようがんばります。
そしてチラシからここへ来て下さった皆様ありがとうございます。誰よりも行動し報告する政治を目指してメッセージを発信し続けますのでよろしくお願いします。
では家に帰ります。

たすきです

d1fc364f.jpgたすきです。なにも書いてないのですが、格好をもってわかりやすく皆様に政治に対する思いを伝えたいと思います。

予告先発

と言っても野球じゃありません。21日は朝6時から榛原駅南口に立ちます。チラシも配りますので見かけた方はびっくりしないでチラシを受け取って下さいね。完全手作りのチラシです。

土曜の一日

午前中はチラシの文章作成と挨拶文の発送作業(会った人にはお礼しないといけないですね)
午後は応援してくれている方にチラシを届ける。団地に住んでいる方なので周りの家に少し配ってもらえないかお願いしてみる。
夕方は学生時代から付き合いのある方に呼ばれてチラシをもって出かけてきます。地元じゃないのですが学生さんがいっぱいくるらしい。いい人いたらいいなあと思いながらいってきます。

名張市議会議員田合たけしさんとのミーティング

今日はお隣の三重県(家は県境なのです)名張市議会議員の田合さんと勝井のこれからの取り組みと日常活動についてミーティングをしました。

田合さんは松下政経塾出身の議員さんなのですが、学習塾を経営されていて、中学時代に僕がその塾に通っていたのがそもそもの縁でした。10年以上連絡を取っていなかったのですが、僕が政治を目指していることを知り身近にいる先輩として最近はいろいろと相談に乗ってもらっていました。

今日のミーティングでは勝井太郎として誰に向けて具体的にアプローチをしていくのか、投票率80%が予想される浮動票のあまりない土地で如何に活動をしていくのか、田舎においてもやはり投票率の低い同世代に対して訴えていくのかなどについて意見交換をしました。

具体的に選挙において何を準備していけばいいのかを現状を見て改めて箇条書きにして出していきました。一人ではなかなかこういうことができそうでできません。そういう意味でも今日は良い時間をもてたと思います。

いかにして多くの人にメッセージを伝えるかを考える僕といかに人と信頼関係を作り直接話をしていくかを考える田合さんとの話は本当に実りあるものでした。都市型選挙をしがちな僕に、どうやって人に会い、気持ちを伝えていくかをといてくださった田合さん、長時間付き合ってくださいまして本当にありがとうございました。

本当に若い世代は今の政治から切り離されています。先の衆院選で若い世代の投票行動がたしかに自民圧勝のひとつの原動力になったかもしれませんが、今の政治は未来に対してもっとしっかり投資をし取り組んでいくべきだと僕は思っています。僕たちの世代が政治にかかわっていけば本当に地域は、日本は変わります。しっかりと訴えていきたいと思います。

チラシ配り始めました

今日は新しいチラシを持って今まであった方々にチラシを渡しつつ、あいさつ回りをしていました。

また、あかね台の一部ですが、夕方以降にポスティングさせていただきました。まだまだ配った数は少ないですが、少しでも声を届けるために皆様のところへお邪魔させていただきたいと思います。明日も行きますのでよろしくお願いいたします。

チラシ印刷中

6ee3c911.jpg2万円で買った印刷機でチラシを刷っています。なかなか頑張ってくれています。壊れないで頑張ってね。写真は印刷機です。
勝井太郎
新たなる挑戦、始動!

いくぜ一万2千世帯

今はチラシを作っています。チラシは勝井太郎のメッセージを直接皆様にお伝えできる大切なものです。チラシを通じての活動報告は行動し報告する政治を目指す僕にとって切っても切り離せないものです。
今までは会った人に渡しているだけでしたが一気に宇陀市全戸へお届けしたいと思います。宇陀市はだいたい1万2千世帯あります。頑張って回ります。駅立ちやポスティングや折り込みを通じて皆様に伝わると信じて活動を始めたいと思います。よろしくお願いいたします。

山の音楽会

ちょっとやすんでましたね。ひさびさに倒れたり(何か悪いもの食べたようで激しくおなかを壊してしまい寝込んでました。)政治家失格です。以後体調管理は気をつけたいと思います。食べるものも。

今日は室生で音楽会があったので参加してきました。急に誘いの電話が来て行ったのですが、山の中の素敵なお家で聞くショパンに時間を忘れてしまいました。あまりピアノを聴いたことがなかったのですが、あんなに情景のイメージがはっきりとわくものだとは思いませんでした。すばらしい会でした。

会は大阪におられる方の室生にある別荘で行われたのですが、このためだけに神戸や京都、大阪からわざわざ来ている方がほとんどでした。

昨日もハイキング大会が地元のボランティアの方が参加して行われていました。再来週もまた別のところでコンサートがあります。団塊の世代以上を対象にしたイベントでは室生村がんばっています。週末をのんびり過ごすなら、そしてリタイヤをしてのんびりとした生活をするなら室生と言ってもらえるように政治の側からサポートしていきたいなと思っています。

個人的には室生村健民グラウンドの野外ステージを使って1万人規模のロックフェスティバルなんかができたら最高だなと思っています。6000人の村に1万人がきたらすごいですよ。やっぱり若い人もいないといけないですよね。

室生村がすべての芸術を志す方を応援できる村に(来年からは市ですが)なっていけたら、これはこれで大きな武器になると思います。

 

とある会合にて

珍しく、大阪に行ってきました。

最近ずっとお世話になっている先輩の招待で、政治を志す人たちの支援をしている方々の会に出ることができました。主賓は先月あった堺市長選挙に挑戦した森山さん。森山さんとも友人の紹介で2年ほどお付き合いさせていただいています。ほかにきていたのは皆さん会社の社長クラスの方ばかりでした。

自己紹介のときに地元に対する思いと決意を述べさせていただきました。皆さんからがんばれと励ましていただきました。皆様の期待を裏切らないようにしっかりやっていこうと思っています。

自宅に戻るとのぼりが届いていました。いよいよ戦いは始まります。

katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ