宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2007年03月

政治を変えるとは2

こたつで寝てしまい、いつの間にか、こたつのスイッチが切られ、死にそうな寒さで目が覚めました。寒すぎます。

さて、知事選が始まりました。東京と違い奈良は立候補者の少ない選挙ですが、マニフェストが配布される初めての地方選挙です。マニフェスト読み比べて選んでみてはどうでしょう?
今回の選挙から法律が改正されマニフェストが配布が可能になりました。やっと政策で選べる時代になったのです。
マスコミだけが情報の媒体ではありません(マスコミはどうも政治家を色眼鏡で見がちな面があります。年寄りはみんな悪党。若者は就職活動で選挙みたいな記事書くし。確かに確率だけなら大手企業に入る方が大変かもしれないけど。周りに迷惑かけるし簡単な仕事ではないでしょう。)
候補者の考えと実際の行動指針を示すマニフェストが新しい政治を作るきっかけになって欲しいです。
マスコミが煽ったほうが勝つ選挙はもう、いいです。
例えば、ドイツは第一次世界大戦の敗戦後その当時、もっとも民主的なワイマール憲法をつくりどこよりも進んだ民主主義国家になりました。しかし、その後、民主的な手続きをへてナチスとヒトラーを信任し第二次世界大戦へと進み、破滅的な結末を迎えました。(ヒトラーはマスコミや聴衆へ訴える能力が抜群だったといわれます。また大学で教授に聞いた話ですが、当時のドイツ国民は極めて理性的に民主的にナチスを支持したとのことです。)
だけど、もし、あの当時マニフェストがあり、戦争政策やユダヤ人に対する政策が示されていたらナチスとヒトラーが選挙を勝つことはなかったかもしれません。(もっとも情報統制のなかできちんとした情報が国民に伝わってなかった可能性はあります。)
マスコミなどに煽られる政治は本当に怖いのです。イメージで選ばず、マニフェストで選ぶ選挙へ政治を変えましょう。
今回がそのきっかけになればいいなと思います。

消防団出動せよ

朝、消防のサイレンの音と消防団の出動を知らせる鐘が鳴り響きました。
居間に設置されている防災無線が野外火災発生と消防団出動要請を放送しています。すぐに消防団の制服に着替えて機庫に走ります。
去年から地元の消防団に所属していますが、初めて出動しました。
現場についてびっくり。この間訓練で放水をした現場だったのです。ただそのおかげであまり戸惑うことなくすぐに消火活動を始めることができました。
火もかなり早く消すことができあまり被害も出なかったようです。
演習しか経験のない僕が役に立てたかわかりませんが、被害も少なくよかったです。

出動されたみなさんお疲れ様でした。訓練は本当に大切だなと実感しました。

地物一番

9383ac15.jpgお隣の三重県の飲食店や小売店の統一キャンペーンで地物一番キャンペーンがあります。
県産の食材を使った料理や商品に地物一番ロゴを表示したり、飲食店の軒先に表示したりしています。地産地消(地元でできたものを地元で消費すること)をすすめる目的で三重県が導入したものです。
写真は名張市内のお蕎麦屋さんの入口においてあった地物一番マークです。
やっぱり新鮮なものが入っていそうなイメージがしますし、産地がしっかりしている食材は安心して食べることができます。
奈良でもあったらいいのになと思いました。

ラフロイグが値上がりするそうです

ラフロイグは大好きなシングルモルトウイスキーです。
消毒液と言われるくらい癖いっぱいのウイスキーですが美味しいです。イギリスのチャールズ皇太子のお気に入りのウイスキーらしいです。
最近はスーパーとかでも売られているので気軽に買えておすすめです。
と思っていたら
近くの酒屋さん(いつ行ってもお酒の楽しい話を聞かせてくれる素敵な店員さんがいます。)でラフロイグ近々値上げされるという情報を入手。正規輸入元のサントリーが値上げをするから多分どこも値上がりするとのことでした。
どこでも見かけるから品薄ではなさそうなのですが、ラフロイグが好きな方は早めに買ったほうが良さそう。
他のウイスキーもつられてあがるのでしょうか。凄く気になります。
うーむ。けど品薄ぽくないのに何故値上げなんでしょうね。やっぱり品薄なんでしょうかねえ。多分人気あるのでしょうね。
今回は珍しくお酒のお話でした。

ダイエットは明日から

久しぶりにあった友人になんか雰囲気違うと言われました。
なんで?と聞いたら太ったん?と言われてしまいました。
最近栄養とらないとと食べ過ぎだのでしょうか?
少し食べる量減らすことにします。

ショック。

高校入試

今日は公立高校入試の日です。電車にも乗ると朝も夕方もたくさんの受験生が乗っていました。
朝は少し緊張した顔で夕方は少しほっとした顔をしていました。
みんな通ってたらいいなあと思います。ひとまずみんなお疲れ様。

政治を変えるとは

身近に迫っている政治的話題といえば統一地方選です。連日東京都知事選についてのニュースがテレビに取り上げられています。ほとんどの都道府県で選挙が行われ、参議院議員選挙まである今年は選挙の当たり年ですね。

奈良でも知事選や県議選をはじめ市町村議選があります。

まだまだ地域の選挙は、まだまだ政策を掲げてぶつかるような選挙ではありません。どうしても地縁や血縁、仕事の繋がりなどの関係に頼りがちな性質があります。選挙は関係者に向けてだけではない、市民に対して議論を戦わせる場にしてほしいと思います。
地縁血縁だけで闘うと身近な地域同士で戦い続けなければなりません。関係者だけで闘うとその関係者以外の利益は、やはり優先されにくくなるでしょう。

政治とはそういうものかもしれませんがそれでは、絶対によくなりません。たくさんの皆さんが政治に参加しない限り壁は破れないでしょう。
今回の選挙では利益代表だけではない新しい代表がたくさんでてきてくれればと思います。
それ以外で政治が変わることはありえません。
政治を変える機会は四年に一度しかないのです。今、自分の地元で誰かが演説をしていたら少し聞いてあげてください。ポストにチラシが入っていたら読んであげてください。もし、家にやってきたら話ぐらいは聞いてあげてください。
あなたが選挙に行ったら必ずまちはよくなります。

悲しいかな、今投票に行っている人のほとんどが政策やまちをよくしたいと願っているのではなく、誰かに頼まれてか、組織の意志で投票をしています。そうじゃないあなたが参加をしたら、考えて選ぶあなたが大多数にならなくても半数を超えたら必ず政治は変わります。
政治を変えることは政治家を替えることです。そしてそれができるのはあなたの投票だけなのです。
自分のまちや県で活動している政治家にアクセスしてみて下さい。
一人は心の琴線にふれるような良い人がいるかもしれません。いたら応援してあげてください。
もし良い人いないって思ったら、少しでもいいと思える人を探してみてください。
それでもいなかったらそのときは挑戦してみることも考えてみてはどうでしょう。
政治はテレビや新聞の中にあるのではなく私たちのすぐ近くにあるのです。

今回の統一地方選がそれぞれのまちやむらに住むみんなにとって希望の光があらわれる、そんな選挙になるといいですね。

久々にブログランキング入り

久々にライブドアブログランキングをみたら政治ブログ部門で71位になっていました。昔は一桁だったこともあるのでまだまだですが読者の方がいることはありがたいです。
これから統一地方選に向けて盛り上がっていくでしょうが頑張りたいと思います。

太陽光発電

温暖化防止センターの広報誌のNPO紹介コーナーを担当しています。
来月号は奈良で太陽光発電パネルの普及運動をしている「おてんとさん」を紹介します。
近鉄橿原線の車窓から「おてんとさん」が老人ホームに設置した太陽光発電パネルが見えます。横断幕もついているので、橿原線にいつも乗っている方はみたことあると思います。
先にあまり書きすぎると書くことがなくなってしまうので、この辺にします。
広報誌ができたらまたアップしますね。
風邪はだいぶ楽になりました。そろそろ風邪日記は終わりにしたいなと思います。

小学校に授業にいく

室生東小学校に授業に行ってきました。と言ってもアシスタントなんですが。
僕の所属している奈良ストップ温暖化の会では推進員の出前講座をしています。今回地元室生で出前講座の要請があったのでアシスタントとして授業に行ったのです。
授業はなぜ温暖化がおきているのかとどうしたら温暖化を止められるのかが主なお話でした。難しい内容でしたがみんな騒がずに話を聞いてくれてました。
室生の未来は明るいかもしれません。

休み時間に子ども達とお話をしたり、僕が六年だった時の担任の先生と久々にお話をしたり(お互いに年を取ってました)懐かしかったです。
ただ、相変わらずの体調で話をしていてもすぐに息が切れてしまうのだけは困りました。

春の息吹

5b26c5b8.jpg病院の近くの空き地でたんぽぽの花を見つけました。もう春はすぐそこですね。

病院にいきました

家の近くの病院何年かぶりににいってきました。インフルエンザでは、ありませんでした。一安心。ただ、先生からはちゃんと休みなさいと呆れ顔で言われてしまいましたが。
3歳くらいから何度もお世話になっている病院なので、昔話に花が咲きました。昔、注射が嫌いだった僕が、病院で泣いた話や(5歳くらいの時の話ですよ)毎年風邪をひいて通っていた話をしました。あのころから先生も看護婦さんも変わっていません。
過疎地ですが、かかりつけの先生がいることは安心につながります。地域の病院、大切にしたいですね。
注射を打ちましたが、やっぱり好きにはなれませんでした。大人になってもやっぱり痛いものは痛いです。

がんばれ、みとうまさみち

80a5762e.jpgもう3月です。
そして、政治をしていたり、活動している人間にとっては大決戦の統一地方選がいよいよ来月に迫ってきました。4月の統一選では、前に紹介したようにたくさんの友人が選挙に挑戦をします。
その中でも、豊中市議会議員選挙に挑戦する、みとうまさみちさんとは大阪と奈良で比較的近いこともあり、お互いに助けあったり、よく政治やまちについて語り合う仲。今回みとうさんと一緒にポスターを作りました。

みなさんは、政治家のポスターをみたことはありませんか?そして、そのポスターをみてあれれとおもったことはありませんか?なぜか、有名な人や政党の代表とよく二人並びのポスターが貼ってあります。あれは、公職選挙法という法律に選挙が近いと政治家一人のポスターは貼ってはいけないというルールがあるからです。みとうさんも一人のポスターは貼れません。そこで、私と二人の街頭演説会の案内ポスターを作ることになったのです。
私がそとに応援に行くのは、自分の町だけじゃなくすべての町で、政治を変えるんだという想いを持っている仲間を増やしたいからです。うちだけ良くなるんじゃなく、いろいろな町と協力して、この国をよくしたいから。そのためなら、どこへでも行きます。
みとうさんは一緒に自分の町から変えていこうと約束した仲間です。そして、みとうさんをはじめすべての仲間が政治の舞台へと進むことを祈っています。
がんばれ。

最後にお願い
まだまだ、ポスターは余裕がありますので、貼ってもいいよという方おられましたら、ご連絡いただけると、うれしいです。

今年の風邪は

ものすごくたちが悪いです。
実はまだ治ってません(泣)

世の中は暖かくなっているというのに、なぜなのでしょう?
あまり病院は好きではないのですが、明日病院に行ってみようと思います。

なんか、闘病日記になってしまっていますね。

闘病日記といえば、33歳で肺がんで亡くなられた奥山貴宏さんの「ガン漂流」という本をよく読みます。日常を淡々と書いてある本ですが、なぜか、何度も手にとってしまいます。僕も今年で29歳です。いきなり、死に直面することは考えたことはありませんが、もしもそうなったらどういう人生を送るのだろうとは、考えさせられます。


奥山さんの生前のブログが今も残っています。
http://www.publiday.com/blog/adrift/
ボリュームはありますが、共感するところもあると思います。

今日は早く寝ます。

katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ