宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2008年03月

一族集合

法事が日曜日にありました。曾祖父と曾祖母の法事でしたので本当に身内だけの法事でした。久しぶりの兄弟集合の日でもありました。

妹の帰りをソワソワしながら待ち、帰ってきてからはまわりが完全にひいていまうほど妹にべったりしている父をみていると可愛い親父だなと思いました。(単純とも言いますが)最後はいつも通りに上機嫌で飲みすぎて寝てましたね。

さて、マラソンの話が今回もでました。僕が完走をできると弟の店でお祝いをしてくれることになりました。しかし、完走出来なかったら自腹でみんなにボトルをおごることに。
絶対に負けらんない戦いになってしまいました。絶対に祝杯をあげますよ。良いボトル用意して待ってろよ!

阪神タイガース

003a7145.JPG京セラドームに阪神タイガースの試合を見に行ってきました。昔よく父に連れられて野球をみにいったものです。その頃はめちゃくちゃ弱くていっつもヤジをとばしまくっていましたが、今は強くなりましたね。
試合は阪神が4対3で勝ちました。今年は強いですよ。けど一人全く打てなかった今岡が心配でした。今岡のユニフォームをきて応援しているファンが一番多かった気がしました。生え抜きの選手だけにファンの期待も大きいのでしょうね。頑張れ今岡。
先発の岩田は若年性糖尿病と戦いながらプロ野球をしています。こちらは大投手になって欲しいですね。

楽しい週末でした。

宇陀市のポスター

f993df34.JPG宇陀市のポスターを京都で発見しました。見つけたのはうれしかったのですが微妙ですね。プロに頼まずに作ったのかなと思いました。せっかくやるのなら中途半端なことはしないほうがいいと思います。質を落とすならやることを減らしてでも質を保つべきです。ポスターだけならまだましですが、他の事業も同じなら。。
宇陀市大丈夫か?正直心配です。

あをによし

鹿男あをによし最終回でしたね。
見覚えのある風景でドラマが展開していたので親近感を覚えて珍しくみていました。
ドラマの内容はあまり書きませんが、近鉄奈良駅のシーンは感動的なシーンでしたが、あの駅のロケをしたのは奈良駅じゃありませんでしたね。天理駅ではないかと思います。
あをによしのロケ地が今観光名所になりつつあります。天理駅も隠れた名所になるかもしれませんね。
ただ奈良公園では最近、人が多すぎてあまり鹿が人の周りによってこないそうです。近づきすぎると運び番にされてしまうかもしれませんのでご用心を。

ランニング

10キロ走ってみました。走り始めた頃は無理やろと思ってましたが、とばさずにゆっくり走れば十分走れます。
何事もまずやってみることが大切やなと思いながら今日も走ります。

走り始めました

週末から走り始めました。

が、大学卒業からスポーツらしいスポーツをしていなかった体は、めちゃくちゃ重かったです。連続では1キロ走るのがやっとな有り様でした。4〜5キロほどは走りましたが、今日のペースで走ると大会の制限時間に間に合うか 微妙(ハーフマラソンを2時間半以内)。
ただ焦らずに1ヶ月走ります。

地元の人しかわからないと思いますが、中学校から健民グラウンドまでは止まらずに走れるようになることが当面の目標です。

志摩ロードパーティーハーフマラソン

にエントリーしました。ちなみに昔から持久走は苦手でマラソンは大嫌いでした。
が一度挑戦と決めたのであとは大会当日に向けて練習をしていくことになります。二時間半以内に走れないと失格になります。いきなり走ったらクリアできるかわかりません。さあ、練習計画をたてねば。頑張ります。

マラソンのエントリーは14日まで近鉄の営業所で申し込みできます。インターネットでもできるようです。アドレスは http://runnet.jp です。

人生のプロジェクト

という本を読みました。一言でいうと仕事の段取りの仕方を書いた本ですが、メッセージがシンプルで分かり易く、心が揺さぶられます。

仕事のことで悩むことがあればおすすめです。

議員はボランティアかプロか

議員の報酬を日当に変更した町があります。 福島県矢祭町は平成の大合併の際、近隣の市町村と合併をしないと宣言をし、様々な行政改革を行ってきた町です。全職員の自宅を出張所として利用したり、宇陀市も見習うべき改革をしています。
通常、議員報酬は月給で支給されます。しかし、議会は毎月行われているわけではありません。そこで議会に来た日のみに報酬を払うように変えたのです。議員のボランティア化ですね。

一方で三重県は議会を通年化して常に議会を開催するように改革を行いました。議会は常に開かれているのですからこちらは議員報酬は月給です。こちらは議員のプロ化です。

僕は、議員はプロであるべきと考えています。
町のために政策を研究し、市役所の資料を読み、市当局と議論や提案をと議員の仕事は議会に出席するだけではありません。
町の未来を決める大切な議会です。
私個人としては、定数を減らしてでも議会のプロ化を図るべきであると考えます。
katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ