宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2009年12月

福丸・燈花会

74d7af2a.jpg福丸・燈花会に朝から手伝いに来ています。


寒い中ひたすら燈花会の灯籠を並べました。


写真は福丸です。
たくさんの方が来られたこと、地域の方が真剣に取り組んでいること、福丸には地域の希望が詰まっています。
とにかく安田さんをはじめとして地域の方が情熱を持って活動をしていること。それを見ていると手伝わずにはいられませんでした。


今年は希望を持って年越しが出来ています。


福丸を見ると次の年がよい年になるそうです。


来年も良い年になりそうです。

アンヴィル 夢を諦めない男たち

83123c2d.jpg前から気になっていた映画を見に行きました。アンヴィル、夢を諦めない男たち。全く売れないロックバンドのドキュメントです。


全然、宣伝もされていないし、アンヴィル自体私も全く知りませんでした。だけど偶然映画のことを知ってからどうしても観たいとなぜか思った不思議な映画です。


30年ほとんど売れていないバンド、普通だったらとっくに諦めているはずなのにやめないバンド。


政治家とロック、まったく違う生き方なのに人事とは思えませんでした。正しいだけでは受け入れられない現実。


それでも、正しいことを訴えて徹底的にやろう。現実は厳しくても諦めなければ必ずチャンスはやってくると思える映画でした。


どこまでも媚びずに闘い続けてやろう。何を言われても宇陀市で闘い続けてやろう。そんなメッセージを受け取りました。


梅田でしか上映してないし、客の入りもガラガラだけど本当にお勧めの映画です。

年末警戒

8ef86a5a.jpg昼間はサンクシティ前で街頭演説。いつもよりもお客様が多かったです。ずっと駐車場は満杯でした。気ぜわしいなか多くの方に励ましの言葉をかけていただきました。ありがとうございました。


夜は、消防団の年末警戒と消防車の洗車。かなり寒かったようで、車にかけた水が凍っておりました。


今年は火災や災害の多い一年でありました。火災出動もかなりありましたし、台風の被害もありました。政治の力で災害を無くすことは出来ませんが、被害を最小限に食い止める取り組みはあると思います。災害への取り組みはまだあまり行っていない現状を反省して研究をしていかねばなりません。

仕事納め

今日は市役所や多くの企業では仕事納めですね。
私には仕事納めはありません。明日も明後日も仕事です。


仕事納めに合わせて市役所と榛原駅で演説をさせていただきました。


仕事納めの雰囲気もあったからでしょう、いつもより多くの方に話し掛けていただきました。


皆さんおっしゃっておられたのが宇陀市の危機についてでした。現状を変えてほしい、その想いを持っておられる方の多さに身が引き締まります。


しがらみに勝つ。
徹底的に訴えます。

歩く歩く歩く

日々地域を歩いています。


まったく地縁のない地域でも私のことを知っておられる方がいらっしゃるので、嬉しいです。


街頭演説を聞いてくださる方や朝の挨拶で手を振ってくださる方も増えてきました。宇陀市の現状に危機感を持っている方がたくさんいることもわかってきました。


たくさんの方の想いを集めて闘っている、一軒一軒歩く中でそう感じます。


これからも歩き続けます。ぜひ、皆様の声を聞かせてくださいませ。

明石からの応援

091226_2054~0001明石から二ヶ月ぶりに、宮坂ゆうた民主党兵庫県連明石市政策委員が応援に駆けつけてくださいました。


前にも書きましたが、明石市は平素から駅で市議会議員が演説をしているそうです。


宇陀市と比べると羨ましくなりますね。


政策で政治家を選ぶ、姿勢で政治家を選ぶ、そんな当たり前のことが宇陀市でできるようになること。





政策をしっかりと訴えたチラシが宇陀市に配布されること、政策で議論が行われることができるようになることが、私が訴えているしがらみに勝つ!政治なのです。


明日も宮坂さんは活動を手伝ってくださいます。
勝井太郎と宮坂ゆうたの共同街頭演説会も行います。
サンクシティや多くの場所をお借りしてお話をしますので、見かけましたらお耳を傾けてくださいますよう、よろしくお願いいたします。




地域おこしは相乗効果があります

私の地元大野では、明日より大野寺磨崖仏の夜間ライトアップが行われます。


この間紹介をした砥取地区の福丸・燈花会に触発をされて、大野地区もライトアップを行うことになりました。


今年の大晦日は、室生の玄関口の大野地区では、磨崖仏ライトアップ、少し奥の砥取地区では福丸、そして室生寺では新年のカウントダウンイベントと3つのイベントが連携をして行われます。


それぞれは、独立をして行われますが、かならず相乗効果があるでしょう。
特に砥取の福丸と大野のライトアップは来年度以降も行われますので、一層の連携を深めていきたいものです。


今日は、そのライトアップのテスト点灯が行われました。091225_1718~0002091225_1730~0002

賠償命令無にする地方議会、東京高裁が認めぬ判決

市など自治体が必要以上の費用をかけて公共事業を行ったり、土地の買収を行った時、住民は損害賠償を首長に行うことができます。
実際に、裁判が行われ、一審では首長に何億円もの損害賠償を命じる判決が出たことも何度もあります。


しかし、議会が首長への損害賠償請求権を放棄する議決を行って、損害賠償をできなくさせることが何度も行われてきたため、実際に市長が市へ損害賠償をすることはありませんでした。
また、請求権がなくなったことが根拠となって一審で賠償命令が出ても二審で住民の請求が棄却されることが頻発していました。


このことを無効とする訴訟が起こされ今日、議会の議決を無効とする判決が出されました。


以下、朝日新聞の報道です。

続きを読む

事務所にて

事務所にはお手伝いの方が来てくださっています。
クリスマスイブですが、いつもと変わらず営業をしています。


ボランティアの方が持ってきてくれたトナカイがクリスマスの雰囲気を事務所にももたらしてくれています。ありがとうございます。


事務所はずっと営業する予定です。お時間ございましたらお越しくださいませ。

立ち止まることも必要

毎日とにかく外に出ています。
毎日演説とあいさつ回りの日々を送る中で、多くの方より多くの励ましをいただくようになりました。ありがとうございます。


活動を初めて三ヶ月がたち、ふと立ち止まって活動を振り返る時間が必要だなと感じました。
地域にはたくさんポスターを掲示させていただけるようになりました。
広い宇陀市の中でかなりの方に名前を覚えていただけるようになりました。
演説をしていると応援の声をいただけるようになりました。


想像を遥かに超える多くの方々から応援をいただいていることを感謝申し上げます。


一方で宇陀市の課題の多さに驚いたのも事実です。
正直、今までの市政に対して怒りを覚えたほどでした。


けど、怒りで動いてはいけないのではないかと、ふと思ったのです。
私が常に演説で訴えている、現状を認識をし、それをお伝えをし、その上で改善策を提案をする、ここには感情を入れてはいけないのです。


現状に対する怒りで動いていては、見るべきところを間違えてしまうかもしれない。
判断を誤るかもしれない。
今は、焦らずに現状をありのままにとらえて、解決策を提案をする。
感情ではなく、質の高い政策を提案をする。
改めて、政治家の本質を考えることができました。


ふっと、立ち止まってみることも大切ですね。

お笑い好きですか?

事務所でボランティの方とお話をしていて、ふと趣味の話になりました。

最近、テレビを見る時間はほとんどなくなりました。
ほとんど毎日活動をしているので、それ以外は何もしてない日々です。
けど、M-1グランプリは半分見たので、お笑いは結構好きですねえ、と答えました。


奈良出身ということもあり、笑い飯はかなり好きです。
しかし、一本目の鳥人のネタは本当に面白かったです。昔の奈良民族博物館ネタに匹敵するくらい笑いました。

けど、二本目のネタは、ありえないくらいスベっていました。
笑い飯らしくておかしかったのですが、残念でした。
来年も挑戦できるそうなので来年は優勝して欲しいですね。


今日も街頭演説をしました。
私の演説には笑いはありませんが、人の心を打つ演説をしたいものです。

雪降る中

SH380207篠楽交差点で朝のご挨拶をさせていただきました。


雪が飛ぶ中での活動となりましたが、友人が応援に来てくれたので、心の中は暖かったです。


寒いですが、街頭演説は毎日継続をしています。カイロを手放すことができません。腰とズボンのポケット、靴の中には常にカイロが入っています。


夜は市役所前、榛原駅南口で街頭演説。宇陀市の現状と改革の必要性をお話させていただきました。


宇陀市を変える来年3月の選挙に多くの方が関心を持っていただけるよう活動はますますパワーアップしていかなければなりません。寒いですが勝井太郎はすごく元気です。


タイヤをやっとスタッドレスに変えることができました。
これで安心をして早朝の街頭活動もどこへでも行けるようになりました。
最近駅頭での活動を重視していたので、今週は交差点での活動に重点をおいて行います。

宇陀市が変わるまであと100日

今日で宇陀市長選挙・宇陀市議会議員選挙の投票日までちょうど100日になりました。


私が政治活動を初めて三ヶ月がたちました。
三ヶ月間多くの方からご意見をうかがいました。
三ヶ月間多くの資料を読み込み、ヒアリングを繰り返して、宇陀市の現状を見てまいりました。


そして、宇陀市の現状が想像を遥かに超えて深刻であることが分かりました。

宇陀市は昨年度末の段階で500億円の借金を抱えています。合併当時に抱えていた借金は360億円。たった3年で140億円借金が増えたのです。さらに、市立病院の建て替えに65億円の借金をします。たった4年で200億円以上借金が増えるのです。

病院は大きな赤字を出しています。にも関わらず、病院の運営体制の改革は3年後まで先送りをしています。市民に負担をお願いするのであれば、病院が永続的に続いていくそのビジョンを示さなければなりません。

今後、国からの交付金は必ず減額をされます。
今は、合併の特例があるためあと6年間は交付金が削減をされませんが、その期間中に財政規律を立て直す必要があります。

また、人口の減少には歯止めがかからないでしょう。収入が減る、人口が減る、このことは宇陀市はもう避けることはできないのです。
今、宇陀市に必要な政治は、その事実を真正面から見つめて改革を行う政治です。現状を見つめた上で、財政の規律を立て直すことです。また、税収が減る中で行政サービスを維持しなければなりません。行政が行うべきこと、民間が行うべきこと、市民と協力して行うべきことをしっかりと分けて、市民が市政に参画していただく仕組みを作っていかなければなりません。

そのためには市役所の情報の徹底的な公開と市役所内での公務員の仕事のあり方を変えることなど、現状の枠組みを大きく変える改革が必要です。

合併によってあと6年間は国からの交付金が削減をされることはありませんが、それ以降は間違いなく削減をされます。合併特例による借金もできなくなります。現状のままの市政を続けると6年後には財政が立ち行かなくなる可能性があります。

今宇陀市に必要なリーダーは、その危機に立ち向かい、宇陀市を立て直すリーダーです。しがらみにとらわれずに、改革を行うリーダーです。

合併は財政の規律を改革をし、行政のあり方を改革をするために行われました。しかし、合併からの4年間の市政は、改革を先送りしてきました。

このままでは、将来の世代に大きなツケだけが残されます。
勝井太郎は、真正面から宇陀市の改革に取り組んでまいります。


3月28日を宇陀市の政治を変える、その日にするために、宇陀市を市民参画のもとで立て直すために、私、勝井太郎は100日間全力で取り組みます。


私一人では、できないことが沢山あります。どうか、皆様のお力を勝井太郎にお貸しください。一緒に宇陀市を変えましょう。

生駒市長山下まこと事務所開き

091219_1442~0002生駒市長の山下まことさんの事務所開きがあり出席をしてきました。


山下市長は41歳。私と10歳離れていますが、同年代の政治家として前回の市長選挙以来お付き合いをしていただいています。


生駒市は市長が変わって以来4年連続で借金が減少をしています。


また、市立病院の建設と運営を一体で考えて指定管理者制度のもとで病院を建設し運営をしていく計画を立てています。





私も宇陀市も病院の建て替え問題を抱えていること、その問題が全く争点になっていないこと、宇陀市は4年間で100億円以上借金が増えたことをお話をし、病院の改革の是非が争点となっている生駒市の市長選挙を勝つことで奈良県中に病院改革のメッセージを伝えて欲しいと応援のスピーチをさせて頂きました。


生駒市は新しい市長のもとで大きな改革を行いました。
宇陀市は一方でどうであったのかと言えば、ほとんどの改革を先送りしました。合併当時と比べて借金を200億円以上増やそうとしています。
勝井太郎は、改革をする山下市長を応援をし、その波を宇陀市にも持ってまいります。改革を止めてはなりません。改革の流れは奈良県中に広げていかねばなりません。

長谷川穂積選手10度目の防衛成功

今日は本当に寒かったですね。
いつもよりも早く街頭演説を切り上げて家に帰ると、ちょうどボクシングの長谷川穂積選手の世界バンタム級王座の10度目の防衛戦が始まる前でした。


当然のように4回KO勝利。
どういう次元のボクシングをしているのでしょう。


世界チャンピオンになるには、きっと実力だけでなく、運も必要なのでしょう。けど、長谷川選手を見ていると圧倒的な実力があれば、絶対にチャンピオンにはなれるのではないかと思います。


長谷川選手は29歳。年下です。それでもボクシングの世界では、新人ではなくベテランの領域に入るのでしょう。
宇陀市の政治の世界では31歳は規格外の若さだといわれます。今まで政治は、ある一部の人のものだったからかもしれません。若さに期待するというお言葉もよくいただきます。ありがとうございます。


長谷川選手のように実力で勝負のできる政治家を目指して日々活動を続けます。勝井太郎はまだまだ進化します。

砥取 福丸・燈火会、情熱を燃やす安田さん

091217_2055~0001室生区砥取では、昔、大晦日に福丸という大きな焚き火を焚いて1年の感謝と新年の幸せを願う行事を行っていました。


その福丸を現代に復活をさせて、新しく燈花会と融合させたイベントとして復活させた方が写真の安田さんです。

安田さんとは、政治活動を始めてから知りあったのですが、地域を盛り上げて活性化をするんだという熱意や地域のために動きたいという思いをお互いにぶつけ合える素敵な先輩です。


安田さんの福丸への情熱は並大抵ではありません。「福丸を見に来る人で砥取を一杯にする。」安田さんのお話を聞いているといつかできるんじゃないかと思うのです。


今年は平城遷都1300年祭のイベントとして行われ、福丸から室生寺のオープニングイベントへと続いていきます。

平城遷都1300年祭の福丸を紹介しているページはこちら
福丸のブログはこちら


地域にはたくさん地元を活性化するんだという想いを持った方がおられます。私はその方々をしっかりと応援する、そのような取り組みをしっかりとしていかなければならないと思っています。また、地域の方と一緒に汗をかくこと、このことを一番大切にして活動を行ってまいります。


今年の年越しは、室生で。多くの方がお越しになることをお待ちしています。





初雪

今朝は寒かったですね。榛原駅北口でチラシの配布を行いましたが、手が凍りそうなくらい冷たかったです。


先ほど、事務所から出ると雪が飛んでいました。いよいよ冬本番ですね。

明日はかなり寒くなりそうです

先程、事務所に立ててある看板を見たら、霜が。
夜8時過ぎで霜が降りるとは。


毎日、街頭演説を続けていますが、コートは着ておりません。
コートを着ると機動力がかなり落ちてしまうので、下着類を暖かいものにしています。靴用のカイロは手放すことができません。箱で買っています。


今日もボランティアの方がお手伝いをしてくれて、ポスティングが進んでいます。病院の建設計画についてのチラシです。ぜひ、お読み下さいませ。


明日も寒いですが、「しがらみに勝つ!」の看板を掲げて闘っている以上、寒さで歩みを止めるわけには行きません。明日もよろしくお願いいたします。

チラシをポスティングしています

病院建て替え問題特別号のチラシをポスティングしています。


家族やボランティアの方々が団地を中心に宇陀市内を回ってくれています。また私も駅頭や街頭で訴えをしたがら日々宇陀市内を回っています。


病院建て替えの名目で多額のムダが存在をしています。病院を利権の温床にしてはならない。病院を市民の命と健康を守る存在へとする。当たり前の事を訴えて戦い続けます。


寒いですが、歩みを止めるわけにはいきません。

今朝の榛原駅でのチラシ配布は明日に振り替えました

今朝は榛原駅南口にてチラシ配布の予定でしたが、所用の為明日に振り替えました。日程が1日ずつずれて
16日 榛原駅南口
17日 榛原駅北口
18日 三本松駅
になります。


よろしくお願いいたします。

勝井くんはどうやって情報を仕入れているの?

最近良く、私がチラシやブログに書いている記事はいったいどうやって調べているのか尋ねられます。


答えを申し上げますと、記事の元になっているほとんどの資料は公開されているものです。美榛苑特別会計や病院特別会計の資料は市役所で正規のルールにのっとって情報公開請求をして入手をしています。窓口で対応してくださっている職員の皆様ありがとうございます。いつも膨大な量の請求をしてすいません。

また、宇陀市のホームページで公開をされている情報もひとつひとつ精読をしています。総合計画や病院の建設計画や財政などはかなりの情報が手に入ります。(そういう意味では宇陀市の情報公開の取り組みは評価すべきではないかと思います。もちろん改善点もありますが。)

他にも、シンクタンクが自治体対象に行ったアンケート調査の報告書を入手をしたり、自治体向けの専門誌を購読をしたりして情報を集めています。

もちろん、関係者へのヒアリングも一部行っておりますが、まだまだです。


私が集めている情報はほとんど誰でも手に入るものなのです。
世の中の有名なコンサルタントも、誰でも手に入れようと思えば手にいれることの出来る情報を使って仕事をしているといいます。



議員ももっと様々な情報を入手して多くの情報発信ができるはずなのです。議員には私よりも多くの権限があるのですから。


徹底的に調べて情報をバンバン出す。それが議員ではないかと考えています。まだまだ、徹底的にいきます。

今週の駅立ち

今週は朝から駅頭でチラシの配布を行います。
予定は次の通りです。

14日 室生口大野駅
15日 榛原駅南口
16日 榛原駅北口
17日 三本松駅
18日 予備日

なお、雨天時などは日時を変更する場合があります。
また、街頭での演説や夕方の駅頭での演説も随時行います。


宇陀市立病院の建て替えを現状のままで見逃すわけにはいきません。
全力を挙げて取り組みます。


高校時代の同級生と

近大附属時代の同級生と久々にご飯を食べに行きました。


1年生の時同じクラスだった友達とはいまだに付き合いがあり、しょっちゅう会うわけではありませんが1年に一度くらいの割合で飲み会をしています。

結婚をして子どもがいる友達もいれば、私と同じようにまだ結婚していない友達もいたりと様々ですが、集まれば十数年前と何も変わらない付き合いがあります。


気の置けない友人はありがたいものです。久々に大いに語り大いに笑った気がします。


みんなさすがにそれなりに歳はとったけどいいものですね。

CA390200-0001CA390202-0001CA390201-0001


歩くことからわかること

今日は人と話し続けた一日でした。


朝、地元を新しいチラシを持ってまわりました。
地元のおばちゃんからの応援はかなりありがたいです。
なにより力強いです。ありがとうございます。


昼からは奈良からお知り合いの方が激励に駆けつけてくださいました。
地元の中華料理屋さんで一緒にご飯を食べて、その後なかなか進まない名簿の整理をしていただきました。パソコンを使いこなせる方はありがたいです。一気に進みました。


その後、来客があり、意見交換。多くの山が動いています。


夜は、父の友人宅にお招きいただいて、お話をうかがう。とにかく、しっかりと歩いてくるべしと厳しく指導を頂きました。また、自分の想いと地域の方の想いをしっかりと重ね合わせて共有することの大切さについてもお話をうかがいました。ありがとうございます。


最近、多くの方から様々な声をいただきます。政治関係の方からのお話もうかがう機会も増えてきました。その中で多くの方がおっしゃることは、歩いて多くの方の声を直接うかがうこと。これは政治家の基本です。


まだまだ、歩く必要があります。しっかり歩いて皆様のご意見をさらに受け止めるよう心してまいります。

やしの実

29c52ca1.jpgスーパーで発見。
やしの実が普通に売られているのは初めてみました。


売れるのでしょうか。

チラシ病院特別号

c5c4b712.jpg昨日から病院建て替えについてのチラシ特別号を配布しています。


病院建て替えの問題点はこのまちの政治の問題点です。公共投資のあり方と公共事業に対して一石を投じる内容となっています。


勝井太郎、状況を開始いたします。宇陀市をほっておくわけにはいきません。手加減なく闘います。


チラシを持って宇陀市を駆け回ります。よろしくお願いいたします。

停電

先ほど突然真っ暗になりました。事務所から自宅に戻ってもやはり真っ暗。停電です。

仕方ないので戸締まりをして休むことにしました。


いったいなにがあったのでしょう。気がかりです。


早い復旧を祈ります。

市立病院は35億円余計にお金を使おうとしています

病院の建て替えについては今まで様々な調査を行ってきましたが、相当なムダがあることが判明いたしました。

病院の建て替えは総事業費で65億円を見込んでいます。
一方で民間で同じ病院を建設するとすると30億円でできるという信じられない事実を見つけました。

このことは今お配りをさせていただいております、通信にも載せておりますが、同じ文章をブログにアップします。

以下チラシの全文です。

続きを読む

師匠からの激励

私には師匠と呼べる人が何人かいます。


私が政治家になるきっかけを作ってくれた沖縄県浦添市議会議員の又吉健太郎さん
又吉さんとは、一緒に何度も選挙と戦い、ボランティアの方々との協働で活動を行うこと、事務局の運営の仕方、など選挙や後援会活動の仕方を徹底的に叩き込んでいただきました。又吉さんと知りあっていなければ政治家になろうと思い続けることはできなかったと思います。


私を秘書として採用をし、政策の調べ方や調査の仕方を教えてくれた東京都議会議員の花輪智史さん
何も知らず、なにもできない私を我慢して指導していただきました。
議会での追求の仕方、情報の調べ方などは花輪さんから学びました。宇陀市立病院の問題や美榛苑の問題の情報の調べ方や追求の仕方は、花輪さん直伝といえます。また、鉄壁の組織と言える後援会を組織されておられました。その当時は後援会活動の意味があまりわかっていなかった気がしますが、実際に活動をしていく中で後援会活動を重視する花輪さんの姿勢がたいへん役立っています。


私は地元に戻ったあと保険の営業をしていました。
営業マンとして活動をしている中で知り合い多くのことを教えてくれたのが牧野克彦さん。
牧野さんは保険の営業マンのトップ1%の方しか入会することのできないMDRTに13回該当をされている、保険営業マンの中では伝説のような存在の方です。牧野さんには営業マンとして学ぶべきことをたくさん教えていただきました。今は後援会活動として営業を行っていますが、その殆どは牧野さんに教わった営業方法を使っています。仕事を行う上でのメンタリティやアポイントの取り方などは本当に役に立っていますし、営業を行うことへの恐れが殆どないのは牧野さんのおかげです。



今日、牧野さんから励ましの電話を頂きました。
スゴク嬉しかったです。
今私のことを笑っている人たちが驚くぐらいの結果を出そう、今私のことを笑っている人にありがとうと言えるくらいの結果を出そうと励まされました。牧野さんからは、目標を高く持つことと、高い目標だからこそ達成に向けて努力をすること、それが今よりもさらなる成長をもたらすことを徹底して叩き込まれました。


明日からまた、希望を持って宇陀市を回ろう。そんな思いにさせてくれた素敵な励ましでした。牧野さんありがとうございました。

市議会12月定例会が行われています

昼から用事があり、市役所に行ってきました。
市役所の前で朝の演説をよく行っているので、職員さんから声をかけていただくことが増えてきました。


今日から宇陀市議会は12月定例会が行われています。
せっかく市役所まで来たので少し傍聴をしてきました。


議会の休憩時間には現職の議員さんからかなりは声をかけていただきました。流石に認識していただいているようです。ありがとうございます。


この議会では室生区内を来年度より走ることが予定をされているデマンドバス(予約制の乗り合いタクシーのようなバスのこと)について議論が行われています。議論を見ているとまだまだ課題が多いようです。デマンドバスについても研究を深めてまいります。



ちなみに宇陀市のホームページで公開をされている議会の日程は次のとおりです。
日次
月日
曜日
会議
開始時刻
備考
第1日
12月8日
本会議(開会)
午前10時
議案上程、提案説明、質疑、委員会付託〔一部〕質疑、討論、採決
第2日
12月9日
休会
 
第3日
12月10日
委員会
午前10時
総務文教常任委員会
第4日
12月11日
休会
 
第5日
12月12日
休会
   
第6日
12月13日
休会
   
第7日
12月14日
委員会
午前10時
予算審査特別委員会
第8日
12月15日
本会議(2日目)
午前10時
一般質問
第9日
12月16日
休会
   
第10日
12月17日
本会議(3日目)
午前10時
一般質問
第11日
12月18日
本会議(4日目)
午前10時
一般質問
委員長報告、質疑、討論、採決
第12日
12月19日
休会
   
第13日
12月20日
休会
   
第14日
12月21日
本会議(予備日)
   

この日程表では21日までと成っていますが、22日も美榛苑特別委員会が行われます。また、本会議はケーブルテレビの宇陀チャンネルで中継が行われます。議員がどのような発言をし、また市役所の幹部がどのような発言を行ったの一度ご覧いただければと思います。
katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ