宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2010年03月

バッジを受け取る

市役所にて当選証書と議員バッジを受け取りました。
責任の重さと2227人から信託を頂いたことを深く胸に刻んでバッジを身につけました。


選挙からそれほどたっていないのにものすごく時間が過ぎた気がします。
いよいよ活動の場が議会に移りました。今後も任期の始まる5月1日まで時間はありますがしっかりと調査を続けて対話をする活動は続けてまいります。

市議会議員に当選しました

28日投開票の宇陀市議会議員選挙において、最高得票の2227票を賜って当選いたしました。

半年前はたった一人で活動をしていました。一人二人と支援者が増え最高の形で議会に送り出していただきました。


公選法の規定により、お礼の言葉を述べることはできませんが、しっかりと改革に取り組むことで責任を果たしていかなければならないと気持ちを新たにしています。
以下、得票数です。


候補者別得票数(得票順)
勝井 太郎
2227.000票
井谷 憲司
2008.000票
山本 繁博
1924.880票
山本 新悟
1495.786票
高見 省次
1476.000票

中山 一夫
1319.000票
峠谷 安寛
1217.000票
大澤 正昭
1166.000票
小林 一三
1163.000票
上田  徳
1162.000票
夛田 與四朗
1129.101票
山本 良治
1059.331票
高橋 重明
1002.000票
森下 裕次
889.000票
井戸本 進
812.000票
堀田 米造
787.000票
 
坂本 徹矢
676.000票
 
泉岡 正弘
626.000票
 
多田 善英
434.898票
 
山中 忠宣
209.000票

いよいよ始まります。

明日より宇陀市長・市議会議員選挙が始まります。
議会に挑戦をする決意をして半年にわたって活動を続けてきました。


半年の活動の中で、本当にたくさんの方に出会い、一気に成長させていただきました。ありがとうございます。


500億を超える借金を抱え、財政破たんが目の前に迫りながら、改革を先送りし続けてきた政治を変えなければなりません。宇陀市が破たんするか、改革が始まるか、その二者択一の選挙であると思っています。


変わることを恐れずに、闘いましょう。


メッセージを届け、政策と姿勢で選ばれる政治家であり続ける。このことを常に腹にすえて活動を続けてきました。
病院の建て替え問題、公営企業の改革、市民協働型の市政運営などの問題提起を行い、それを乗り越える提案を続けてきました。
病院の改革は賛否両論を巻き起こし、大きな問題提起になりました。
もう一度、チラシをご覧いただきまして、勝井太郎の決意を知っていただければと思います。

こちらからご覧ください。


公職選挙法の規定により、明日より選挙が終わるまではこのブログを更新をすることができません。
選挙が終わった後、また更新を始めます。


全力で駆け抜けます。
一緒に宇陀市を変える闘いを始めましょう。

家族のありがたさ

今朝は玉立橋で朝のご挨拶。
雨風の中立ち続けました。風だけは予想外で、傘の骨が折れてしまい台風の実況のような状況だったと思います。
手を振ってくださった皆様、ありがとうございました。


事務所は常にだれかがいる状況になり、バタバタしながら進んでいます。
今しかできない活動もたくさんあり、焦ることも多いですが、とにかく進み続けるしかありません。


あいさつ回りの中で元政治家の家族の方々と話す機会があったのですが、家族、親戚の苦労は並大抵ではないと思わざるを得ませんでした。


家族の理解がなければ何もできない、周りの支援がなければ何もできない、本当にそう感じています。


本当にありがとうございます。
選挙まで本当に残り僅かになりました。

己に克て

日にちもかなりなくなってくる中で、毎日どのようなことをするのか、そのことに頭を悩まされます。


決して人がたくさんいるわけではない、組織があるわけでもない、お金があるわけではない、ないないづくしの中で活動を続けてきました。


立候補準備の目処もつき、後は粛々と進めていくのみです。
政治は己の限界に挑戦をすることだなと感じることがあります。
体力、気力、すべての力を用いて行います。自分の思い通りにいかず、苦しい思いをすることもあります。それでもやるものだとつくづく思います。

タスキをつけて走る。

100314_1023~0001タスキをつけて走りました。
写真は沿道から声援をいただきながら楽しく走っているところです。


無事に1時間11分で完走をしました。タイムを狙うことよりも周りの方々と交流をしながらゆっくり走っていたためかなりのスローペースであったと思います。


来週も宇陀市中を走り回ります。
気合いを入れて頑張ります。

宇陀シティマラソン

8642996d.jpg第3回宇陀シティマラソン10キロの部に参加しました。


昨年に続いての参加ですが、たくさんの方に声をかけていただくようになったことが一番の違いです。


皆様ありがとうございました。

集中ポスティング

地域の方々、友人を中心としてボランティアの方が集まってくださって、チラシ第5号を集中的に配布を行わせていただきました。


ボランティアの皆様が配布をし、そのエリアを私が街頭演説をしながら廻らせていただきました。

お手伝いくださいました皆様ありがとうございました。


5号は宇陀市を立て直すための勝井太郎の提案を書いたものです。
議会で実現を目指すべきものとして、マニフェストとして作りました。
皆さまにお届をし、必ずお読みいただきたいと想いを持って宇陀市中にお配りをしております。


ポストに入っておりましたらぜひご覧くださいませ。
また、こちらからもご覧いただけます。

街宣車がやってきた

4399cd33.jpg勝井事務所に新しい仲間が増えました。
街宣車です。
彼と一緒に宇陀市を回ります。よろしくお願いします。

マニフェストと病院特別号をアップロードしました

現在配布をしている私のマニフェストでもある、通信5号と病院の建て替え問題を取り上げた特別号をアップロードしています。
どちらも、調査を重ねて書いたものです。是非ご覧くださいませ。

マニフェスト5号はこちらよりダウンロードできます。

病院特別号はこちらよりダウンロードできます。


しっかりとした提案、対話を重ねることは、常に心がけていることです。
勝井太郎が何を考え、提案しているのか、厳しい目でチェックをしてくださいませ。

準備活動

選挙が近づき、様々な準備を進めなければなりません。


ポスター、はがき、街宣車、事務所など準備しなければならないものはたくさんあります。秘書時代は準備をするだけでしたが、今回は当事者として様々な交渉もしなければなりません。国会議員の予定候補でもない限りほとんどのことは自分で行わなければならないのです。



事務所開きを行いましたが、事務所の中にあるものは、ほとんど元々自宅にあったものか頂いたものです。ふっと見渡すと、買ったものは、折り畳みの椅子、カラーボックス、電話機、ぐらいでした。たくさんの方に支えてもらって活動が出来ていること本当にありがたく思います。


お金をかけずに活動を行う。これが出来れば、様々な世代が政治に挑戦をすることが出来ます。若い世代が政治の世界に飛び込むきっかけを作るんだ。そんな思いで続けています。お金のかかることももちろんありますが、変わらずに活動を続けてまいります。

事務所営業中

事務所開きの後、地域の方を中心に事務所に随時どなたかがいてくださるようになりました。ありがとうございます。


基本的に、動員をかけずにボランティアでお願いをしておりますが、それでもお越しくださる方がおられることは本当にありがたいですし、うれしく思います。


事務所は室生区大野の室生中学校の隣です。
お時間がございましたら、ぜひお越しくださいませ。

事務所開きがおこなわれました

あいにくの雨でありましたが、多数の方にお越しいただきまして、勝井太郎後援会事務所開きを行わせていただきました。


前日深夜より雨が降り続いたので、急きょ会場を変更をしましたが、その会場が溢れている姿を見て、本当にありがたく思いましたし、これからの活動に向けて決意を固めました。


皆さま本当にありがとうございました。
詳しいこと、写真を交えて、後日アップロードします。
ありがとうございました。

後援会事務所臨時休業

本日は親族の結婚式の為、後援会事務所は臨時休業をしております。


明日より事務所は営業しております。皆様のお越しをお待ちしております。

事務所開きに向けて

dc4ad2b0.jpg事務所開きに向けて準備が進んでいます。


事務所にも地域の方々が来てくださって雰囲気が変わってきました。


ささやかですが、暖かい会になればと思っています。
明日は皆様のお越しをお待ちしています。

マニフェスト

fbdbc22e.jpg新しいチラシが出来ました。


今までは市政の問題点を指摘してまいりましたが、今回のチラシは宇陀市が現在の問題を克服するための提案を書いています。


宇陀市は変わらなければならないのです。


詳しい内容はまた後日アップロードしますので是非ご覧くださいませ。

病院の民営化

宇陀市立病院は宇陀市が運営を行っています。
年間1億円を超える赤字を出し、小児科医がいないため、小児救急と小児入院体制は崩壊をしています。宇陀市単独で病院運営を行うことはかなり難しいと言わざるを得ません。


そんな中、民間の医療機関に運営を委託する民営化の流れが出始めています。生駒市は民営化を選挙公約とした山下市長の当選により、民間委託が進もうとしています。同じように民間医療機関を管理者とした、民営化が静岡県牧之原市の榛原総合病院で行われました。

以下朝日新聞の記事です。
続きを読む

浦島太郎になりそうです。

気が付いたらオリンピックは終わっていました。
本当にテレビを見なくなりました。もっとも見る時間がほとんどありません。


活動を始めたころはお昼ごはんを家で12時から食べていたので、その時間だけはテレビを見ることが出来ましたが、今はそれもままなりません。


今放送をしているドラマは龍馬伝とウェルかめしか分かりませんし、龍馬伝も全く見ていないのでまったくわかりません。ウェルかめはいつの間にか、結婚をしていて、もうすぐ最終回になるようです。


とうとう3月になりました。
泣いても笑ってももう少ししか時間はありません。
焦りますが、一つずつクリアしていくしかありません。

もう少し、頑張らねば。
katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ