宇陀市議会から地域を変える。 勝井太郎の地域活性化挑戦日記。

最年少の宇陀市議会議員勝井太郎の日々の報告

2013年11月

井上副市長が辞職しました

宇陀市の井上副市長が宇陀市立病院の看護課長とトラブルを起こして、暴行容疑で書類送検をされ、辞職をするという事態が起きました。

以下新聞報道から引用です。
読売新聞11月28日
宇陀市副市長と女性互いに暴行の疑い

路上で互いに暴力をふるったとして、奈良県警桜井署が、同県宇陀市の井上裕博副市長(58)と知人で市立病院の女性課長(50)を暴行容疑で奈良地検に書類送検したことがわかった。
捜査関係者によると、井上副市長と看護課長は10月18日午後9時〜10時頃、同県桜井市のJR・近鉄桜井駅前で口論になり、互いの顔や体をたたくなどした疑い。けがはなかったが、通行人が110番した。書類送検は今月11日付で、同署は地検に「寛大な処分」を求める意見をつけた。
井上副市長は読売新聞の取材に対し、「市民や職員の信頼を裏切って申し訳ない。辞職を考えている」と話した。井上副市長は市総務部長などを経て4月から現職。
引用ここまで
 

とても残念に思います。
市役所内への影響は避けられないでしょうし、職員の方々もショックを受けていると思います。
予算編成の途中で副市長が不在になりました。しかし市役所はそれを言い訳にはできません。
職員の皆さんには、変わらずに仕事を進めていただきたいと思います。
この件が原因で、住民サービスに影響が出たり、ご迷惑をお掛けするような事態が起きてはなりません。


この一件は事件の発生から、書類送検、辞職、新聞報道と続いており、数週間の空白期間があります。どのように情報が流れたのか、市長を含む幹部はどのような判断をしたのかは、明らかにする必要があります。この点につきましては、29日午後7時より市議会全員協議会が行われ、竹内市長から直接説明があると聞いております。

いつ市として情報を把握し、どのような対応をしたのか、問いただしてまいります。
説明があり、情報が整理され次第、改めて報告を致します。


 

ポスターの掲示、ご協力のお願い

勝井太郎と若手政治家の会のポスターを宇陀市内のご自宅、事業所、お店、駐車場、空き地、畑などに掲示させてくださるお方を募集しております。
うちに貼ってもいいよと方がおられましたら、こちらからご連絡くださいませ。すぐにお伺いします。

写真スクリーンショットyamashitaポスターはガムテームなどでベタッと貼ることはいたしません。
写真のように、ポスター専用の特別なパッチで貼り付けをいたします。
あとなどは残りませんのでご安心くださいませ。
なお、ブロック塀などへの貼付けの場合は両面テープを併用する場合がございます。

空き地などへの設置の場合は掲示板をして設置をしてそこに掲示を致します。柵の場合は柵に掲示板を設置をいたします。

ポスターは吉田弘明香芝市長、山下真生駒市長と二人並びのポスターです。
吉田市長は52歳、山下市長は45歳。おふたりとも現役世代です。

政治家は名誉職ではない、国、地域の経営者であると思っています。
実際に県内で自治体の舵取りをしている方々と連携を取りながら、これからの活動を進めてまいる所存です。

このポスターを宇陀市内に貼っていきます。
目立つところにたくさん掲示させてくださると、とても嬉しいですが、路地裏などでも、1枚でも掲示させてくださると嬉しいです。

ご協力、よろしくお願いします。
katsuitaroをフォローしましょう
ツイッター(写真をクリックすると詳細が読めます)
Profile
勝井 太郎
35歳 宇陀市出身

宇陀市議会議員
(任期は2010年5月1日から2014年4月30日)
若手政治家の会代表
元都議会議員秘書
政策学校一新塾 14期政策提言課程修了


活動当初は一人駅に立ちチラシを配り、演説を繰り返す。
チラシを配り、演説を繰り返すスタイルを貫いて徐々に支援者を増やし、3月28日執行の宇陀市議会議員選挙に最年少31歳、最高得票2227票で初当選。



Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ