車で走っていると日本徒歩縦断中というのぼりを立てたリアカーを引いている人を発見!さすがにびっくりして思わず車を止めて話しかけてしまいました。お話を聞いてみるとなんと稚内から沖縄を目指して歩いて向かっている最中で、空き缶を拾いながら進んでいるのだそうです。空き缶は800キロ集まると車椅子と交換してくれるところが大阪にあり、できれば8トン集めて車椅子を10台ミャンマーに持っていきたいとおっしゃってました。
すごく面白いので話し込んでいると共通の知り合いがいてさらにびっくり。世間って恐ろしく狭いですね。
風貌から自分と同じ雰囲気をどことなく感じたので案外似た者同士なのかもしれませんね。学生時代は超貧乏旅行をよくしていましたし、環境問題は取り組みたいテーマです。
宇陀にはダムがあり、そこから奈良県の半数くらいの世帯に水が送られています。宇陀の自然を守ることは奈良の命を守ることです。この分野は勝井だよと言われるくらいがんばりたいです。

リアカーの方は27日の奈良新聞に取り上げられています。インターネットでもブログをやっているそうですのでエコレンジャーで検索してみてください。これをしたからってポイ捨てが激減したりはしないかもしれないけど、そんなこと考えないで自分でできることを考えて、やってみる、それがきっかけでさらに動こうって思う人が増えていく。そうやって少しづつ世の中はよくなっていく気がしました。今日はエコレンジャーのお話でした。