いつもお世話になっている名張市議会議員の田合さんの息子さんが足を骨折されたらしい。
そのときのことが田合さんのブログに書いてありましたので、引用してコメントを書かせていただきました。田合さんの息子さん、早く良くなってくださいね。
詳しくは、田合さんのブログをごらんください。
http://blog.livedoor.jp/ttago/

その記事ですごく気になったことがありました。名張市は三重県です。田合さんが息子さんを病院に連れて行くときに、消防署へ電話をして病院の紹介をお願いしたところ、奈良県の病院の情報はまったくわからないという対応をされたとのことでした。

三重県から奈良県の病院情報がわからないということは、反対に奈良県からは、三重県の病院の情報はわからないということになります。宇陀には、榛原総合病院がありますが、夜間などで専門医が、いないなど榛原では対応できないときに、名張や伊賀の病院を利用することはありえると思います。室生村の場合は一刻を争うときには名張の病院のほうが早くいける場合もあります。

命がかかったことです。他府県のことは知らないではなく、近隣の府県同士で情報共有のできるシステムを作っていくことが必要であると、私は考えます。