当選して以来、市役所と議会を主戦場として改革に取り組んできました。


今までにない切り口の発言や質問を心がけてきましたので、一定の評価もいただけるようになってきました。一方で、想像以上に宇陀市の現状が厳しいことや、一議員の発言だけではどうにもならないと思えるようなことも出てきました。


変わり始めたこともありますが、世論を動かさなければどうにもならないと思うことも沢山あります。
自治制度の改革や、病院の改革は議会だけでは、動かないのです。しかし、市民生活や将来に大きな影響を与える改革です。市長に託せるほど、まだ市政運営は成熟をしておりません。


議会だけでなく、街頭に立ち皆様に直接お伝えをします。
チラシを配り、皆様のご意見をお伺いしたいと思います。
議会の中で動くことだけが政治ではない、このことは選挙を通じて、多くの方々に教えていただいたことです。また、街頭に戻ります。


どうぞ、よろしくお願いします。