宇陀市の政治を変えるんだ。熱意だけで動き続けて、多くの方に応援をして頂いて私は昨年の3月28日に政治家になりました。


3回の定例会を経て、議会での活動の仕方も何となくわかってきました。
12月議会の一般質問は、多くの方より賞賛の言葉を頂きました。
議会改革も何とか始まりそうです。


しかし、政策提言を行い、地域の中にいる行動をしていきたいと思っている方々とつながりながら活動を進めていくには、一人では限界があります。そんな中で今取り組んでいる課題は、これだけあります。


行政・議会改革のために必要なもの


議会改革のための論点整理、制度設計。
情報公開のための論点整理、制度設計。
長期の経営計画に基づく、市政運営のための制度設計。
施策の実施、検証、改善が常に行われ続けるための制度設計と実施。


地域活性化のために必要なもの

地域のために活動したいと思う方々のための、場作り。
課題解決のために、共に学び、共に行動をするための実践の場をつくること。
宇陀市人材バンクを制度設計すること。


これと平行しながら、活動報告などの政治活動を行っています。
ただ、私が議員であり続けるだけならここまで考える必要はありません。
3ヶ月の一度の議会を乗り切りつつ、まともな政策提言を続けていればいいでしょう。

しかし、それではこのまちが良くなりません。
どれだけ、宇陀市を走り回っても、市への不満を聞くことが多く、一人で宇陀市を回っていても宇陀市を変えれないと感じることも多いです。市民の不満を市役所にばらまき続けることは、宇陀市を弱くすることはあっても強く変えることはありません。

宇陀市を良くするためには、宇陀市の悪いところを探して攻撃するのではなく、宇陀市の強みとなる良いところを探して、伸ばすことです。


一人では、限界があります。チームを作り、共に活動をしていきたいと考えています。
なお、活動には選挙は連動いたしません。秘書時代に選挙対策しかしていない議員を沢山みてきました。かっこよくはありませんでした。


そんなことより、まちを良くするために、やるべきことが沢山あります。
一人で考えるよりも、チームで考え動いた方が、成果は何倍も上がります。私一人では浮かばないアイディアも共に議論することで出てくるかもしれません。分業で仕事をすることで、一気にいくつかのプロジェクトを進められるかもしれません。

ボランティアで私と一緒に活動をしてくださる方々を広く募ります。
待遇は、
給与、交通費とも不支給。
事務所でお茶が飲める。

はっきり言って、金銭的なメリットは一切ありません。
完全に持ち出しです。それでも、宇陀市のために知恵を出し、共に考え、行動してくださる方が必要です。選挙ではない、政治の現場で活動をしたいという皆様をお待ちしています。


活動場所
勝井太郎事務所 奈良県宇陀市室生区大野2245−2
近鉄大阪線 室生口大野駅徒歩5分
駐車場完備

連絡先
お問い合わせ、お申し込みはこちらから