チラシを読んでくださってありがとうございます。
私は誰よりも文字ばかりのチラシを配り続けてきました。
多くの政治家が後援会入会案内とさらっと公約を書いたリーフレットを配っている中で、純粋な市政報告を配り続けてきました。

あんな字ばかりのチラシは誰も読まない。
政策なんて誰も興味が無い。
とにかく頭を下げていたらいい。
そんな声を聞きながら、そんな声に一切耳を貸さずに手加減のないチラシを書いて配り続けてきました。

今まで、宇陀市民の皆さんは政策で政治家を選ぶ機会が少なかったのかもしれません。
地域のつながりや、親族の結束は田舎で生きていくには大切なものの一つですが、それは政治家を選ぶときの第一基準ではないと思います。


政治を変えるというのは、政治家の選ばれ方そのものを変えることではないでしょうか。
だからこそ、ほぼ全世帯にチラシをお配りしているのです。
手加減はしません。徹底的に配り続けます。

勝井太郎の戦う政治。
やりぬきます。