カテゴリ: ガーデン

日々の庭の管理、ノットの刈り込み、バラの花殻取りなど綺麗に掃除し形を整えると気持ちが良い。

しかし国が造る高速道路建設の足音が近づいてきている。
この1〜2年でルートが正式に決定したときにどの様に動くかが悩みの種だ。
IMG_5435
刈り込み前
IMG_5439
刈込み後
IMG_5440
IMG_5437
IMG_5428
IMG_5438
IMG_5370
IMG_5419


一部の薔薇が咲き始めるこの季節が、ガーデナーの至福の時だ。
キングサリが終わると後を追う様にバラの季節が始まる。
IMG_5229
キングサリの黄色い花ももうすぐ終わりだ。
IMG_5248
IMG_5208
IMG_5172
IMG_5302
IMG_5362
IMG_5363
IMG_5378
IMG_5345
IMG_5339

「わたしの庭」が掲載された婦人画報が今日我が家に届いた。
山梨に移り住んで14年間作り続けた我が庭が、私が憧れる英国皇太子の庭ハイグローブと同じ本に載ったのだ。
それだけで我が庭の誉だ。
IMG_2538
4月30日発売


掲載の記事にはほんの少しだが、高速道路建設による自然破壊についても一部触れていただいた。

もちろん、私に暴行した国土交通省の本村氏や国土交通大臣そして地元で推進する山梨県知事や市長にも進呈するつもりだ。
国の人口も減少し老人国家の日本で高速道路がこれ以上必要だろうか?

ましてや国土交通省が造る道は、採算性や費用対効果のない道を国民の血税で造るのだ。
税金の使い道としては無駄遣いとしか思えない。

この頃では安倍晋三のケチさ加減は、コロナ感染対策の役に立ちそうもない、マスク2枚問題で世の中で話題になったが、私は依然からこの国のケチさ加減を肌身に感じている。

それは自分の家と庭が中部横断自動車道の建設ルート帯に入ったことから始まる。
国土交通省の計画課長に、もしも道路建設の為に立ち退く場合の補償について聞いたことがあった。
その場合の保証は市場相場で国が買い上げると言われました。国が買い上げる加算はないのかを聴くと再び市場価格と言われました。

多くの国民は国が買い上げるのだから儲かると思う人がいると思いますが、それは地下の高い都心部だけです。

田舎では、その場所を追われたら、その場所と同じ水準の生活はできないのです。
例えば山梨の田舎では土地の価格が安く一坪5万程の土地が多く高くとも10万円程です。
立ち退き対象の家屋が木造で築造十年を経過していればその価値は二束三文です。

以上の様に市場相場で計算すると保証金で同じ地域に移り住む場合は、土地は買えても建物は建てれないし、同じ生活は保証されないのです。
憲法では国は国民の生命財産を守るとされていますが、私が国から聞かされた話では、立ち退きにより財産は目減りし、今まで築き上げた生活も国により奪われる事態です。

多分庭などはDIYしているので価値は無しとされるでしょう。
しかし今の庭を作り上げる為にどれほど努力したことか、機械的に道を作る事しか考えていない官僚にとっては、一国民の不利益などは関係のない事で、マニュアル通りに仕事をこなすだけです。

今回のコロナウイルスの感染対策で緊急事態宣言が出て、家にこもり人との接触を避けて下さいというが、人が家にいる為には休業補償が必要不可欠です。人はお金を稼がなければ生きていけないのです。
それを多くの基準を設け一部の人しか生活の保証がなければ、額は30万円と発表してもそれは絵に描いた餅で多くの人は食べられないのです。
多くの人が保証されなければそれは意味のない不公平を生み出すだけです。

IMG_6708
IMG_3618



5月1日発売の婦人画報に我が庭の記事が2ページ掲載されることは先日書きましたが、先日編集者より電話が入り、4ページの掲載に変更しますと連絡が入った。
掲載の写真も私が撮影したものが使われる。

何よりの誉は、庭特集で私が理想の庭と思っている、イギリス皇太子チャールズ皇太子の庭ハイグローブと同じ本に掲載されることです。

勿論、ハイグローブのレベルは世界最高峰の庭だと私は考えている。
しかしこれも私の好みの問題も多分にあるとは思うが、規模もレベルの最高だと思いますのでイギリスのハイレベルな庭を楽しんで下さい。

この記事掲載には小さく、我が庭と自然が高速道路の建設で脅かされる懸念を書いていただきました。
婦人画報の編集者には感謝いたします。
IMG_2478
これは前号です。

↑このページのトップヘ