カテゴリ: ガーデン

先日、東京に裁判で出かけた時、高島屋タイムズスクエアの本屋でガーデンの洋書を購入したものが昨日届いた。
東京に行った成果

私は辛い行動をするときは、一緒に楽しい行動を加える様にしている。
辛い無駄だと思う行動は精神的にも悪いからだ、だから国との裁判に行く時には、東京でしか味わえない美味しいものを食べたり、好きな趣味の本を買い、東京に来た目的は裁判に非ず、鰻だ、本だと自分に言い聞かせ、重い体を軽くする努力をする。

その様にしないと国とのくだらない裁判は続けれないのだ。



電通で過労死した美しい女性は、仕事熱心な真面目な女性であったのだと思う、楽しみを考える暇すらなかったのかもしれない。悲しいことだ。

今の私は、裁判後の楽しいことを考えて眠りについている。

ダリアを植えていないのでカラフルな花は無いが、緑の変化で見せたい。
やはりバラは5枚葉剪定をしないと良い花は咲かない様だ。
適当に大きなハサミで刈り込むと、枝が出ない部分ができて美しくない。
やはり基本わ大切だと実感した。
植えたボックスウッドを刈りそろえる。

庭の随所に草が生え、管理が後手になり庭が荒れてきている。
早く無駄な裁判を終え、庭に集中したいものだ。

裁判の日程が近ずいているので準備のため、原告証人尋問が終わるまでまた庭仕事ができないので今日は1日庭仕事をしたが思う様には進まない。

今日は新しく作った花壇の中にある、埋込水栓の蛇口の高さを高くしたのと、新規にアプローチを石畳みで作るために基礎作り。
蛇口が低すぎて、このままでは花壇の土に埋没してしまう。
ノコギリで配管を切り、その間に配管を継ぎ足し高くする。
配管の回りに保温材を巻く。
配管を埋め戻してケースで保護する。後は花壇の中に土を入れて終了

アプローチ制作は草取りに時間がかかり、基礎を作るため深さ30センチ程掘るのだが途中で今日の作業は終了。
北杜市は冬が寒いため、ある程度の基礎を作らないと、凍結によりガタガタになってしまう。
だから地面に石を並べただけのアプローチは長くはもたないのだ。

中部横断自動車道関連の無駄な運動がなければ、庭はすでに完成していたと思う。

昨日は、台風のせいか朝から小雨が降り気温も低い。
雨の中、一昨日に愛知で買ってきたボックスウッドの苗を壁に植えつけた後、午後から球根を買いに、蓼科のバラクライングリッシュガーデンに行ってきました。

ガーデンには家の庭とは違いダリアの花が彩りを添えていた。
庭にダリアがあると無いのでは、華やかさが違う。

しかしダリアの芋は、寒さに弱く掘り上げが寒冷地では必要で仕事が増えるのが難点だ。

去年はバラクラで良い球根が買えたが、今年は直輸入の球根が少なく期待外れだった。

↑このページのトップヘ