2012年09月

2012年09月21日

ご飯ですよ!

先日、『大阪王将』に行ってきました。

よくまわりの人は、『王将』と『大阪王将』で餃子の味が違うといいます。

私王将の餃子は大好きで、2週間に1度は王将に足を運ぶほどです。


大阪王将で注文したメニューはもちろん『餃子定食』

「さて、どんな味がするんだろう?

私はウキウキな気分で、餃子を1口食べてみました。

「こ、これは

餃子を1口頬張ると、口にあふれんばかりの肉汁、そしてニンニクの香ばしい香り…
他にも伝えたいことは山ほどありますが、

結論言いたいことは、
『王将』と『大阪王将』で餃子の味の違いは全く分からなかったということです

質より量の木下です




今回は、食事介助についてです。

食事介助…それは入居者様が元気よく生活して頂くために重要で欠かせない事です。

もちろん、1回の食事で完食することが理想的ですが、
入居者様たちもその日の気分や体調があります。

気分の乗らない日は、なんとかして食べて頂こうと、声かけしたり音楽を流したりします。


そんなグループホームひらばり2F、ある日の昼食時でのこと。

今日のご飯は、白米に肉じゃが、卵焼きに豚汁と母の味を思い出しそうなメニュー。

私は、Kよ子様とHみ様の間に入り、自分も食事を楽しみながら2人の食事介助をさせて頂いておりました。

Kよ子様に1口食べて頂く→Hみ様1口食べて頂く→私も1口食べる、といった要領です。


まずは、Kよ子様に、肉じゃがを食べて頂こうと思い、スプーンにジャガイモと人参を乗せ、お口に運びました。

すると、

「おいし~い!」

と言われました。



私はあまりのKよ子様の笑顔に、心の中で「よかったですね。」と思いました。


お次はHみ様の食事介助

CIMG2541

木「Hみさん!今日のご飯は、肉じゃがですよ!1口いかがですか?」

Hみ様「お腹一杯で食べれません。」

木「そうですか。そしたら、お茶どうぞ。」

Hみ様「結構です。お部屋に帰らせて下さい。」


一筋縄ではいきません

とりあえず、自分もご飯を食べようと思い、ふと白米を見た瞬間、


「!??」

私の白米の上に、オレンジ色に光った人参がのっていました。


「なぜだろう?まだご飯に手をつけていないのに…。」と思い、

ふとKよ子様を見ると、先ほどのジャガイモをお口から出し、

私の白米の上にのせようとするではありませんか



「Kよ子さん!! さっきおいしいって言ってましたよねあっわかりました!
あまりにおいしいから、僕にも分けてくださったのですね!?」

いろんな思いが私の頭を飛び交ったのは言うまでもありません


食事介助をするとき、どうしても「早く食べて頂かなくちゃ。」と食事の時間内で食べて頂こうと考えてしまいます。


しかし、そうではなく、

入居者様の気分や体調の事を考え、
時間を少し空けたりして入居者様のペースに合わすことが大切です。


今後も、入居者様がおいしく食べて頂けるよう、声かけや食事形態を工夫していきます。



CIMG2571

※瀧波さんとKよ子様! 楽しく食事中♪












tkinosita333333 at 23:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年09月12日

前置きと起床介助<(`^´)>

先日、夜勤明けに友人と和合温泉に行ってきました。

1時間後に受付で待ち合わせねと言い、友人と別れた後、

更衣室の中で、1時間の温泉時間スケジューリングをしました。



まずは、炭酸泉(10分)→サウナ・水風呂(5分×2計10分)
     →にごり湯10分→サウナ・水風呂(5分)
     →体洗う(10分)→着替え5分
     (計50分)



このように、10分前には、ロビーで待っていようと考えました。


スケジュールの通り、まずは炭酸泉に入りました。

40℃の温度で、炭酸ガスが私の体を包み込み、日ごろの疲れをとってくれました。

10分後、私にとって大切な時間、サウナの時間がやってまいりました。

心してサウナ室に入ると、思わずびっくり!!



誰もいないじゃないですか!!



ウキウキな状態で座り、ジッとして1分後、

お爺さんが入ってきました

お爺さんは何を思ったのか知りませんが、

数多くある席の中で、わざわざ私の隣に座ってきました。


そして、


爺「お前、若いな。競馬やっているか?」

木「やってません。」

爺「そうか。少しだけ教えてやる。最近調子のいい馬はな…」


といった感じで競馬の話をし始めました

お爺さんの話は、とどまることなく、30分くらい話しておりました。

サウナ最高15分の私が、その倍の30分いたので、もう足はフラフラです。


サウナから出た後、スケジュールを立て直そうと、にごり湯に入りました。

にごり湯の、温泉成分が私の体を温めてくれるのを感じながら、浸かっていました。

大分温まったので、そろそろ出ようかと、ふと隣を見た瞬間、


またもやびっくり!!

先ほどのお爺さんがいるではありませんか!!



偶然にも目が合ってしまい、




爺「よく会うな。麻雀はやるか?」



お爺さんの話は、とどまらず20分以上話をして頂きました。


1時間後に受付で待ち合わせという友人との約束を守れなかったのは、言うまでもありません。

スケジューリングをしても、
その通りに進ませることの難しさを痛感した日でした。






さて、前置きはこれくらいにしまして、

今回は起床介助についてです。


起床介助のとき、何名かの入居者様はよく怒ります。

まだ眠たいときに、起こされたら誰だって怒るものです。

私も入居者様がイライラしないように、丁寧な声かけや、丁寧に着替えをしようと

心懸けるのですが、やっぱり怒ります。


Y様も寝起きはあまり良くない方ですが、今回は違いました。


起床介助中、

「ありがとう。ありがとう。」

と何度も言ってくれるのです。


ふとY様を見ると手招きをしていました。

顔を近づけると、

「うおー!」

と言われ、ハグをして下さいました。

少しびっくりしましたが、100近くの方に、ハグをして頂けるなんて、光栄なことです。


起床介助後のY様がこちら♪

CIMG2569

いや~朝にこの笑顔見せて頂けたら、夜勤の疲れなんか吹っ飛んじゃいますよ(^v^)


今後声かけを工夫したり、スムーズに着替えて頂くなど、

起床介助中ご入居者様がイライラしないように起床介助を行います


前置きも含め、少し長くなってしまいましたが、読んでくれた方々、

ありがとうございました





CIMG2572
朝食時、必死に黒豆を掴もうとするY様♪























tkinosita333333 at 16:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年09月04日

パート慰労会

先日、GHひらばりのパート慰労会がありました

CIMG2491


ひらばりのパート慰労会では、

毎年恒例´ウルトライリュージョン´というものがあります(^^♪


一昨年は、スイカを一瞬で消すイリュージョン

去年は、生卵の一気飲み


そして今年は……

コーラを一瞬で消すイリュージョンをやりました


内容としては、僕と瀧波さんがコーラを30秒間で一気飲みする(飲んでいる間、布で隠して頂いてます)

というごくシンプルなイリュージョンです

オチとしては、コーラだけを消すはずが、

瀧波さんが自分の洋服も消してしまい、タンクトップ姿になっているというものです

イリュージョン時の写真はありませんが、イリュージョン後にパートさんから、

「意外と面白かった!」
「本当にコーラを飲めるなんて思わなかったから、びっくりした!」

というお声を頂いたので、

体を張ってよかったと思いました


イリュージョンのほかにも、

パートさんに感謝の言葉を伝える場として、

各パートさんを漢字1文字で表して、エピソードとともに発表したり、

余興として、豆つかみゲームをやりました(^O^)

CIMG2498


また初めての司会もやらせて頂き、とてもいい経験になりました

支えてくれた方々、本当にありがとうございました

今後も、パートさんへの感謝の気持ちを忘れずに、
日々の業務に精を出します





CIMG2512
※賞与の最中です。日ごろからお疲れ様です!!








tkinosita333333 at 00:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)