時々 赤いバイクでライダー気分

色はにほへど  散りぬるを  我が世たれぞ  常ならむ  有為の奥山   今日越えて  浅き夢見じ   酔ひもせず

田亜山さんが
赤バイクで走ったり
たまに車で走ったりした
記憶の為のようなブログです

20170715 N34丹野平


7月15日(土)

丹野平への道は、
緑の苔は雨が少ないせいか、
道に広がる場所は無かったので、
駐車所までは普通に走れるが、
その先は相変わらずの落石と、
最後の急坂急カーブに、
足つきのあまり良くないバイクではとても気を使います。
(シェルパで来た時や、883できた時はそれほど気にならなかったのですが・・・)



富士山はきれいには見えなかったけど、
誰も居ないのでゆっくりと撮影会。
20170715 N20丹野平
20170715 N22丹野平
20170715 N23丹野平
20170715 N24丹野平
20170715 N32丹野平
20170715 N35丹野平
20170715 N30丹野平
20170715 N37丹野平ハイパーストラーダ
20170715 13丹野平



丹野平から降りて、
59号線を仁科峠に登り、
ナビの案内は西伊豆スカイラインだが、
(西伊豆スカイラインはスピードを出しすぎて走るバイクや車も多そうなので・・・パス)

風早峠から湯ヶ島に下り、

国士峠を越えて、
冷川ICからナビは伊豆スカイラインを走るように案内するが、
59号線で冷川峠を越えて、
伊東から135号線に出て後はだらだらと車の流れに紛れて進む。



結果的にはこんなルートになり、
走行距離は374Kmで以外と走ってしまいました。
20170715 西伊豆


59号線は交通量も少なくて好きなのですが、
センターラインもない狭い所でバスが来たり、
古いボルボが勢いよく登ってきたりしました。


 

20170715 N18石部の棚田ハイパーストラーダ


石部の棚田に行ってみようと136号線を南に向かい、
松崎でガソリンを入れて、石部温泉から細い道を乗ってみる。


日本人のコメに対する昔からの考え方で、
狭い傾斜した土地に水を蓄えて水田を作ってきたのだろうが、
とても大変な仕事と思うけど・・・
20170715 08石部の棚田
20170715 N11石部の棚田
20170715 N12石部の棚田
20170715 N13石部の棚田
20170715 09石部の棚田
20170715 10石部の棚田
20170715 11石部の棚田
20170715 N15石部の棚田
20170715 N16石部の棚田
20170715 N17石部の棚田

そろそろ家に戻ろうかとナビを自宅に帰るにして走り出すと、
136号線を来た方に戻るような案内がされたのですが、無視して南に向かう。

妻良の手前の山の中のガソリンスタンドの手前を左折するように、
ナビの案内があったので今度は素直に従いナビ任せに走る。

写真を撮るために止まることもなく、
蛇石峠から松崎に抜けて西伊豆町から県道59号線で仁科峠に向かう。



20170715 12大沢の里

通りがかった丹野平コッチの案内板を見つけて、久しぶりに登ってみる。


西伊豆付近でまだ走ったことが無い道を、
いつかは走ろうかと印をつけていたが、
今回も走ることはなかった・・・
2017年いったみたい道

7月15日(土)
20170715 01西湘
20170715 01西湘 2
西湘バイアスのPAで、
緑のバイクの方に「同じヘルメットですね」と声を掛けられて、
「サングラス代わりのシールドが良い」が同じ意見で、

「下田まで行くのですが、どちらまで?」と尋ねられて、
「箱根に登ってから富士山の方か西伊豆に決めようと思う」と答えて・・・


涼しい箱根から富士山は雲の上に顔を出していたが、
雲は低く広がっていたので西伊豆の方に決定。

三島の方に下って伊豆縦貫道を函南の方に向かうと、
長い列が続いていたので前のスクーターに続いて走行。

少ししてあの渋滞は何だったのだろうか?
と思うほどに普通の流れになっていき、
有料区間に入る前に左折したら道の駅の看板が有ったので寄ってみた。

ここで箱根ではちょうど丁度良かった防風インナーが熱くなってきたので脱ぐ。

20170715 02道の駅伊豆ゲートウエイ函南

道の駅から有料区間に向かう車の列
20170715 03道の駅伊豆ゲートウエイ函南

9時前だったので店は閉まっていたが、
併設のコンビニはやっていたのでここで朝食を頂きます。
20170715 03道の駅伊豆ゲートウエイ函南C

いつものように狩野川放水路の方から海岸線に出て海沿いの道を進む。


数台の車の後ろを走る道の駅で隣に止まっていたバイクに追いついて、その後ろをついて行く。

しばらくして前のバイクが数台の車を抜いて前に出て行ったが、
黄色いセンターラインは超えないで、車の列の後ろを走る。

少ししてセンターラインが白い破線になり前に出て走ることにしたら、
また車の後をさっきのバイクに追いついたので、ちょうど写真を撮るので止まることにする。


赤崎付近。
20170715 01N赤崎

大瀬崎。
20170715 N02大瀬崎
20170715 N03大瀬崎

出逢い岬 戸田。
20170715 N05出逢い岬戸田
20170715 N07出逢い岬戸田
20170715 N06出逢い岬戸田


井田。
20170715 05井田
20170715 06井田
ここに降りたのは初めてかもしれない。


田子漁港。
20170715 N08田子
20170715 N08田子造船所
20170715 N09田子造船所
20170715 N10田子
20170715 07田子




20170705 パンク修理


7月3日に相模川から富士山の方に走った時、
後輪に小さな釘のような点が見えて、
空気圧はあまり下がっていないけど、
少し気になっていたので5日に見てもらう事にした。


近くのディーラーに行ったら、
相変わらず整備は忙しいようで2時間待ちと言われたので、
2〇〇かんに行って見てもらった。


黒く細くて長い釘が刺さっていたとの事で修理してもらった。


なんだか外に残った分が長いような気もするが
これ以上切ると抜けるかも知らないとか言ってたので・・・


↑このページのトップヘ