61As3N53WiL


あらすじ;本作の舞台は1982年のレバノン。パレスチナ人難民キャンプに捕虜としてとらわれたイスラエル軍のパイロット(スティーヴン・ドーフ)が、パレスチナ人少年(アブダラ・エル・アカル)の協力で脱出。一緒に国境を目指すロードムービーだ。作品の背景はシリアスで衝撃的。パレスチナ人少年はテロリストの訓練を受けている。国境越えはまさに命懸けだが、少年の度胸と機転で難を逃れながら前進。そんな厳しい状況の中で人種、宗教、世代とまるで正反対の二人が最初は反発し合いながらも、それぞれの“目的”のために共に行動するうちに友情が芽生えていく。戦争の悲惨さに考えを巡らせ、二人の友情が感動に導く、社会派ドラマとしても人間ドラマとしても見応えたっぷりの作品となっている。

 二人は果たして“目的”を果たすことができるのか。
シネマトゥデイより引用。続きはこちらでhttp://www.cinematoday.jp/page/N0055698


[好き度合い]★★★★★(★7個くらいあげたい)



2012年 イギリス/イスラエル製作
監督(「シリアの花嫁」)
出演者;


本作品は、予告だけ観て勘だけで鑑賞を決めた作品。


トロント国際映画祭で『世界にひとつのプレイブック』、『アルゴ』に次いで第3位の成績を収めた秀作です。
日本で、劇場公開されていないのは、配給会社の観る目がないということでしょうか?
これは、劇場で観たかったなぁ。残念。

人間ってイツまでバカなことをしてるのだと思えてくる。

イスラエル(パレスチナ)の学校の校庭でサッカーをする自分と同じくらいの年齢の子供達を見つめている少年の思いを考えると、そう思わずにはいられない。
どんな感情が過ぎってるのだろう。

そして、少年が故郷へ向かう目的は、父が故郷に植えたかったオリーブの木を植樹すること。
きっと、それは少年にしてみれば、
父の亡骸を故郷の大地で休ませてあげたいといった思いじゃなかったのかしら。
そして、レバノンの祖父に故郷の土を持って行く気持も、
恐らく、二度と故郷の地を踏みしめられない祖父がその土に触れた時だけでも、
懐かしい大地に心が飛んで行くようにとの願いからだったと思う。

冒頭では、テロリストとして訓練されている少年とイスラエルのパイロットは、
バチバチの敵同士であり、
パイロットも少年を子供として扱っていない。
その二人が、互いの体の状態までも心配し合う同志となるのは、
互いに相手を憎む者が対峙した時に、
むしろ、相手の傷も理解できるというこもあるということだろうか。

ラスト、少年の不安と寂しさで曇る表情が憑き物が落ちたようにスッキリとした表情に変わっていく。
あの母の愛を信じた「サラエボの花」の少女の表情と重なる。

きっと、国と国は理解し合えなくても個と個は分かり合える。
そんなことを信じられる少年の表情だったような気がします。

それにしても、教室内の幾つもの机の上に慰霊の写真が置かれている光景は、大人の罪を子供が被っているようにしか見えなかった。


[何だかんだ]

久しぶりに、「ハートにズッキ~ンと来た映画たち」コーナー行き決定!
(あっ、この監督さんの作品の「シリアの花嫁」と本作が見事にズッキ~ン映画です。)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、応援ありがとうございます。
今回も、よろしかったら、ポチッとお願いします。
ランキングに反映します。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村