T0017107q
                  オフィシャルサイトhttp://www.finefilms.co.jp/betrayer/

これは、面白かった!

先日、同じ
ジェームズ・マカヴォイ主演の「トランス」を観てきたのですが、
もう~訳が分からなくて(涙目)、
これではダメだと(?)本作品の鑑賞に至った訳ですが、
こちらは、真逆にスッキリ分かりやすく安心して観れたよ
ストーリーはお決まりのクライム・サスペンスなのですが、
ちゃんと鑑賞者を引きつける演出がされていて、
なかなか楽しめました。

3年前に深手を負って捉えられなかった宿敵と共通の敵に向かう設定はハードボイルドで
役者の魅力を充分堪能できます。
冷酷なのか優しいのかわからないような男を
マーク・ストロングが好演しています。

ジェームズ・マカヴォイも追っかけ鑑賞した役者さんですが、
ホント、どんな役をしても巧いですね。
この方は「探究者」といった役柄がピッタリな感じです。
声をかくす人」、「終着駅 トルストイ最後の旅」、「ウォンテッド」、そして本作。

つぐない」は、彼の演技力に驚かされた作品でした。

実直で真面目な性格が反映してるのかと思えてしまいます。

本作品に戻ると、夜間の撮影をブルー系の光で撮っているのが、
とてもお洒落に観えましたし、
音響は、重低音のベースのような機械音に音楽が重なっていくのが面白かった。
強盗団の服装とかスローモーションの使い方とか私好み。
なかなか面白いですよ。

そうそう、本作品に
アンドレア・ライズブローが出演してました。
最近、売れっ子ですね。
どんな役をやっても、品があって素敵な女優さんです。

主人公の刑事は、クライム・サスペンスのお決まりのように、
裏切り者を成敗することによって追われる立場になっちゃたーで、THE.END。

この後が観たいんでしょ!

断言します。これは、続編あります。
(笑)





にほんブログ村 映画備忘録