ぷっちんの映画備忘録

最近、諸々のまとめ的な内容になっています。 自分勝手な映画レビューのブログで、 「ネタバレ」があるかもしれませんが、許してね。

「フェイス/オフ」~引いてしもうた(汗)

41NTT9ZRNEL


[解説・あらすじ] かつて冷酷無比のテロリスト、トロイによって最愛の息子を失ったFBI捜査官アーチャー。壮絶な追撃戦の末、ついにトロイを捕らえたが、トロイは時限式の細菌爆弾を街に仕掛けていた。その場所を探るため、アーチャーは昏睡状態のトロイの顔を移植して、刑務所にいるトロイの弟に接近する。だが、目覚めたトロイは逆にアーチャーの顔を自分に移植しアーチャーの前に現れる……。この世で最も憎悪する互いの顔を取り替えた二人の男の果てしなき死闘を描いた、ジョン・ウー渾身のバイオレンス・アクション巨編。顔の移植によって悪役と正義漢をがらりと演じ分ける、トラボルタとケイジの好演も見もの。
(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/26110/

[感想] 面白かった(いろんな意味で)

あはっは。

やっと観た映画なのに、鑑賞後ウフッフと笑いが出ちゃって、どうしたものかと。

私的に。

こりゃー無理だって。

設定が荒唐無稽なんですもの。

インファナル・アフェアみたいな作品だと思っていたからビックリ。

でも、高評価なんですよね。

YAHOO映画のレビューが235位あったのですが、

ほとんど高評価で、低評価から読んだら私と同じように感じた方はお一人だけでした。

たしかに、親子関係とか、自分を分かってもらえない苦しさとか妻を寝とられる悲しさとか充分伝わるし、

アクションも確かに凄かった。

あのボートのシーンは実写ですよね。

怪我人は出なかったのでしょうか。

流石に、
監督ですね。

でも、ホント。まいった。


にほんブログ村 映画備忘録
(ランキングに参加中。クリックして頂けると嬉しいです。)

 コメント一覧 (4)

    • 1. ぶち
    • 2015年06月15日 16:21
    • 公開当時劇場に足を運び夫と2人で鑑賞した作品で、今も良い記憶しか残っていない1本です。

      当時 まだ若かったというのと感性が今より過敏で繊細だったからか”自分の愛する人の顔が悪人と入れ替わる”設定が辛く悲しくてラスト 本当の顔に戻るシーンで泣いてしまった記憶があります

      同じ映画でも本当に人それぞれの感想で面白いですね^^(笑)
      でも”今の私”がこの作品を初めて観たら ぷっちんさんと同じ感想になっているかもしれません
    • 2. ぷっちん
    • 2015年06月15日 20:02
    • ぶちさん、こんばんは。

      泣けたという方の気持も分からないことも無いのですが、
      まず、ありえない設定と思った以前に、結構、グロイと感じちゃったのですよ。
      だって、顔がガバッと、ですものね。
      寝とられ亭主の悲しみも伝わってきます。
      その後の二人の関係は、本当に大丈夫なのかな?と、
      映画の世界なのに心配しているアホな自分がいました。
    • 3. ちぶ~
    • 2015年07月18日 21:34
    • 最近ずっと忙しくて読ませてはもらってたんですがコメントまでこれなくてすみません!連続してコメントいれる行為をお赦しくださいww

      で、これ昔はテレビで何回も放送されてて見てるんですけども。最初見たときはびっくりしましたねぇ。おっしゃる通り荒削りなんですけども、私は大好きですwwこんなむちゃくちゃなんだけどそこにぐっときちゃうのは私にも問題ありかもしれませんww

    • 4. ぷっちん
    • 2015年07月21日 15:56
    • ちぶ~さん、ブログ村のマイページで登録してる方の記事のタイトルまでは見るのですが、
      そこから先になかなか行けないですね。
      時間に限りがありますものね。
      そんなことで、私も失礼していました。

      本作品は、アクションがよかった印象があります。
      顔のすり替えは引いてしまいましたが(-_-;)
      作品としては面白かったです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ランキングに参加中。 クリックして頂けると嬉しいです。       ブログランキング・にほんブログ村へ