ぷっちんの映画備忘録

最近、諸々のまとめ的な内容になっています。 自分勝手な映画レビューのブログで、 「ネタバレ」があるかもしれませんが、許してね。

アクション/アドベンチャー

「ヒート」~深いなぁ、渋いなぁ

51uy2+DCEdL


[解説・あらすじ] マイケル・マン監督がアル・パチーノ&ロバート・デ・ニーロというハリウッドの2大名優を主演に迎え、1989 年製作のテレビ映画「メイド・イン・L.A.」をセルフリメイクしたクライムアクション。プロの犯罪者ニール・マッコーリー率いるグループが、現金輸送車から多額の有価証券を強奪した。捜査に乗り出したロサンゼルス市警のビンセントは、わずかな手がかりからニールたちの犯行と突き止め、執拗な追跡を開始する。(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/24989/

[好き度合い]★★★★☆(4・5)

(Filmarksに投稿したレビューを基に記載)

不穏な気分にさせる音楽、音の反響。(犬の鳴き声、拳銃の発砲音など)

リアルな色、乾いた空気を感じさせるカメラマンの力量。

女の物語でもある。夫婦の?

中盤まで顔を合わせない主演ふたり。

それでいて、存在を感じあっている。

立場の違うふたりが同じフィールドにあることを互いに認め合い、

相手に自分を重ねる。

最後に握った相手の手は自分の手だ。

冷静な男がたった一度感情が勝ってしまう。

ふたりの運命の境目。

シャーリーズ.セロンにそっくりな女優さんが出演してますね。

主演ふたりは、ホント、いい男です。 

人生の様々な経験が演技に磨きをかけていると言えば良いのでしょうが、

むしろ、私人としての人生の長さから来る深みが表に現れているような気がします。

                       
                      
                         にほんブログ村 映画備忘録


別ブログ「ぷっちんの今日も楽しく」http://blog.livedoor.jp/tkjlove9694431-19570702/にも遊びに来てね

「アントマン」~父もの

41RLNcg4TqL

[解説・あらすじ] 「アベンジャーズ」シリーズや、それに連なる「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」など数々のヒーロー映画を成功させているマーベルスタジオが送り出す、体長1.5センチのヒーロー「アントマン」の活躍を描いたアクション作品。仕事もクビになり、養育費が払えないため最愛の娘にも会えないスコット・ラング。そんな崖っぷちのスコットに、謎の男ハンク・ピムから意外な仕事のオファーが届く。それは、体長わずか1.5センチになることができる特殊スーツを着用し、「アントマン」になるというものだった。選択の余地がないスコットは渋々ながらもアントマンとなり、人生をやり直すための戦いに乗り出す。スコット・ラング役で「40歳の童貞男」「ウォールフラワー」のポール・ラッドが主演し、ハンク・ピム役で名優マイケル・ダグラスが共演。監督を「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リードが務め、当初はメガホンも取る予定だった「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライトが脚本を手がけた。
(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/82138/)


[好き度合い]★★★☆☆(3.5)

マーベルスタジオの作品だったのですね。

こんなヒーローもありなんですね。

そういえば余談ですが、本作品では蟻んこが沢山出てきます。

当方、アレがダメなんですね。

ちっちゃいのがイッパイというのが。

体中がムズムズして、ギャーと言いたくなる。

ですから、ちょっと勘弁していただきたいシーンが多かったです。

内容的には父と娘間の感情が中心にありますね。

アントマンとなるスコットと娘。

発明者の博士と娘。

そして、両者には隔てる障害があるのです。

マーベルのヒーローで父といった設定はありましたっけ?

とても親しみやすいヒーローでしたね。

もっと欲を言えば、縮小の極限世界(亜原子世界?)に触れていたので、もう少し掘り下げて欲しかった。

ちょっと、興味があります。

今までのマーベル作品のヒーローものでは、異質でありますが好きです。

出演者では、敵役のダレンを演じていた


魅力がありますね。


にほんブログ村 映画備忘録



別ブログ「ぷっちんの今日も楽しく」http://blog.livedoor.jp/tkjlove9694431-19570702/にも遊びに来てね。






「キングスマン」~着陸地点はどこ?

51pZzjhoiZL


[解説・あらすじ] 英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」で活躍する主人公ハリー・ハートをファースが演じ、ハリーに教えをこう若きスパイのエグジーに、新星タロン・エガートンが扮する。その他、マイケル・ケイン、マーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。ブリティッシュスーツ を華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。
(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/81623/

[好き度合い]★★☆☆☆(2.7)

本作品、すこぶる評判が良い。

物凄く期待しちゃって観たわけ。

「裏切りのサーカス」が大好きな自分だけれど、それと同じ物を求めた訳じゃない。

予告のイメージとしてコミカルな印象があったので。

でも、これ、好みかな・・・。

面白くないというよりも好きじゃない。

違和感を感じる。

オチどころは何処?って感じかな。

007風のコリン・ファースのまったく007風じゃない死に方。

ロドリゲスの真似っこ映像。

ユーモアに落ちそうで微妙にずれてる。

七五三のような主人公のスーツ姿。

品ない色っぽさ。

今想ったけれど、いろんなカラ―を混ぜ過ぎてるんじゃないかな?

又は、私が007の固定観念で観ちゃってるからかもしれないけれど。

固く考えないで、パロディとして観ればいいのかな?



にほんブログ村 映画備忘録


別ブログ「ぷっちんの今日も楽しく」http://blog.livedoor.jp/tkjlove9694431-19570702/にも遊びに来てね。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」~イラっ

51cRp-If1OL



[解説・あらすじ] ジェニファー・ローレンス主演でスーザン・コリンズによるベストセラー小説を映画化した「ハンガー・ゲーム」シリーズの3作目で、完結編「ハンガー・ゲーム FINAL」2部作の前編。記念大会として特別に開催された第75回「ハンガー・ゲーム」の闘技場から危機一髪で救出されたカットニスは、滅亡したとされていた第13地区の地下にある、反乱軍の秘密基地に収容される。そこでコイン首相率いる反乱軍は、スノー大統領が絶対的な権力を握る独裁国家パネム打倒に向けた準備を進めていた。カットニスも革命のシンボルとして反乱軍とともに戦うことを決意するが、スノー大統領はピータを人質にし、反乱の芽を摘み取ろうとする。反乱軍はピータ救出作戦を決行するが……。前作に続き「コンスタンティン」「アイ・アム・レジェンド」のフランシス・ローレンスがメガホンをとった。
(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/80330/

[感想] 停滞

引っ越しのため一時お休みしていた宅配レンタルを再開。

三か月お休みしている間に、関心のある映画も変わるのだからリストを修正すればイイものの、

そのまま再開したので「あれ~」といった作品が届いてしまいました。

本作品、構成と言うか配分と言うか、本題に入るまでが長くて正直イラッとさせられました。

反乱軍がカットニスを革命のシンボルに祭り上げて士気をを高めようとするのですが、

このカットニス、ごく普通の女子で「私、そんな才能ないから」とグズグズし続けるものだから、

物語もだら~っと過ぎてしまう残念な演出でした。

内容も広く浅くって感じでのめり込めなかったです。

圧政の残酷さ、反乱軍の勇気、犠牲となる人々、恋愛。

どこか、まとを絞って欲しかったかな。

最後に「フィリップ.シーモア.ホフマンに捧ぐ」とありましたが、若くして彼が亡くなったのは残念でした。

彼の出演作品で好きなのがこちら。

「パイレーツ・ロック」



彼のはみ出し具合が最高でした。


にほんブログ村 映画備忘録


別ブログ「ぷっちんの今日も楽しく」http://blog.livedoor.jp/tkjlove9694431-19570702/にも遊びに来てね



「ワイルド・スピード SKY MISSION」~ポールへのオマージュ

T0019570q


[解説・あらすじ] 人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカードは、東京にいるドミニクたちの仲間を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。
(映画.comより引用。続きはこちらへhttp://eiga.com/movie/81183/

[感想] 号泣

もちろん、本作は事故死した
氏の遺作になります。

撮影期間にポールが亡くなった為、後半はストーリーが変えられたそうですね。

ファンがポールとお別れできるように。

その持って行き方はとても自然でしたね。

グッパイ、ポール。そして、See you again!と声を掛けてしまいそうな最後の笑顔でした。

ブライアン(ポール)が家族と遊ぶ砂浜のシーンでは、ポールよりも他のキャストの表情がリアルで辛いですね。

悲しげで、そして愛情がこもった彼等の表情にポールの死は現実であることが伝わって来るのです。

あの挿入歌と共に道が分かれるその先へと、ブライアンとドミニクの車がそれぞれ走リ去ります。

もう、号泣です。

悲しいと言うよりも、寂しいですね。

、そしてポール。

好きな俳優さん達が、次々にいなくなりましたね。

こういった寂しさは、自分が歳を取った証拠です。

人は生と同時に死を与えられるのですね。

創造主がいるとしたら、何て残酷なことをするのでしょう。・・・

エスカレートする前に映画に戻しますが、

今回の車のアクションは「sky」が鍵です。

空です。

凄いと言うよりも、オリジナリティですよ。

ただ、地上を走るカ―アクションは、食傷気味かもしれませんからね。

そして、常にアネゴといったイメージがある
ですが、

なんか、とっても女女していて、ちょっと違和感がありました。

本作は、どう観てもポールへのオマージュですね。

そうれで、良かったです。


 
にほんブログ村 映画備忘録
ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



ランキングに参加中。 クリックして頂けると嬉しいです。       ブログランキング・にほんブログ村へ