2019年07月31日

先輩が亡くなった

ある組織の会報の前編集長で、いろいろと教えていただいていた方が亡くなったという知らせが届いた

その方から、会報のExcel原稿を全部いただいて、3号ほど発行したが

私がガンの手術を受けた後に、亡くなったり、建築士を廃業された方は、役員だけで4名だと思う

それ以外に、役員会は休みますと、息子さん娘さんに代理出席してもらっている方もいらっしゃる

総会など正式な行事には出席されているので、まだ生きていらっしゃるが

私自身が、生きていけないんだよね

61才で千葉大付属病院で余命半年の告知を受け、慶応大付属病院と順天堂大付属病院でセカンドオピニオンを受けてから、千葉大付属病院でガン摘出手術を受けた前後の事は、5年前のこのブログに詳しく書いているが

早まったのが、年金の繰り上げ受給
通常6.5万円の月間受給額が約70%の4.5万円になっても、その余禄で楽しもうと手続きしたが、65才からは介護保険料が天引きされて3.5万円になるとは知らなかった

ねえ、これじゃあメシ食えないよね

だから、死ぬまで構造屋さんの仕事をしようとは覚悟していたが、身近な構造屋さんが亡くなると、考えるね

最後の方は、常駐を求める公共工事の設計からは手を引いて、民間の構造設計で生活するようになるのだろうが、

まあ、固定電話を残し、事務所を息子が住んでる独立した頃の事務所に戻し、
ネットを利用すれば、家賃などの経費を浮かして事務所を維持出来るだろうからねえ

skypeを通話に使わず、所員間と設備設計担当とのファイル転送だけに使うと、こうしたいから修正して、設備上の問題はありますか、とリアルタイムで出来る
手術入院した時に個室で成功した

ただし、営繕課からは常駐しないと他の事務所に仕事をおねがいすることになると言われ、手術を延期して退院した

いずれにしても、現役で残された期間は少し、生活していく期間は、それより長い

どうする!!!


banner2◆読んでくれた方は人気blogへ投票よろしく◆

tkk3 at 09:15│Comments(2)clip!よもやま 

この記事へのコメント

1. Posted by しろなまず   2019年07月31日 12:52
まだまだ活躍しなければならない♪ってことですよ。応援しています!!暑いのでご自愛くださいませ。
2. Posted by tkk3   2019年07月31日 13:25
>>1
しろなまずさんに応援されても〜

そんな事はありません
折にふれ、お世話になっております

tkk3じいさんは、
市役所5階の契約課で契約書を
受取ってくるだけで、熱い〜

帰りに駐車場の守衛さんに
そこにはクーラーがありますか?
と聞いたら、私の事務所より
立派なクーラーがありました
負けた〜〜熱い〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔