2019年08月14日

体感気温予報

気象庁が天気予報を始めたのは、明治5年らしい

今の技術があるにも関わらず、百葉箱での気温予報をしているのかは、専門外だから知らない
調べてみたら、風通しの良い場所で電気式温度計で測っているらしい
ただし、直射日光の当たらない場所で

でね、太陽が出ている時の30℃と曇っている時の30℃って、体感気温って違うと思いませんか

それと、無風状態の時の30℃と爽やかな風が吹いている時の30℃の体感気温も違うと思いますよね

テレビの天気予報も最近は、雲の流れや風向きや風の強さまで説明しています

だったら、体感気温の予報も可能な気がするんですけど、

明日の熊谷の気温は33℃体感気温は、風がなく35℃でしょう

という気温予報を始めるテレビ局は、天気予報士は誰でしょう

関東の予報士は、真面目だから、関西のテレビ局で始まるような予感がします

体感温度(高精度計算サイト)がありました
https://keisan.casio.jp/exec/system/1257417058

気温32℃、湿度80%、風速5mで計算したら、体感温度28.2℃

ゴルフ日和ですよ :-)


banner2◆読んでくれた方は人気blogへ投票よろしく◆

tkk3 at 03:38│Comments(0)clip!よもやま 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔