細菌性髄膜炎は乳幼児の病気のひとつ。

肺炎球菌ワクチンの予防接種が効果的だという。

髄膜炎は発症すると死にいたることもあるし、後遺症の心配もある。


おたふく風邪から高熱でぐったりしてしまった我が子。

髄膜炎も心配されたが、伝染病のため入院出来ず自宅療養になった。


日ごろ元気でおしゃべりの止まらない子が、ただぐったりと横たわって病気と戦っていた。


ワクチン予防できるなら接種していいと思います。


ただ、子供の体調には気をつけたほうがいいですね。




シロクマの赤ちゃん2頭死ぬ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000599-san-soci