子どもに人の役に立つ喜び「貢献」を教えよう。

家族の役に立つこと
家族のために頑張れること

その最初はお手伝い。

アドラー博士の子育て...

アドラー博士の子育て...

価格:1,260円(税込、送料別)


アドラー博士の子育てワークブック

お手伝いに

「助かったよ♥」
「ありがとう♥」
「役に立ったよ♥」

伝えることで、人の役に立った喜びを味わう。

そして、これは他人のためではなく
家族のお手伝いがいいとのこと。
他人様からのおほめだとうぬぼれてしまうから。

そして父親は、食卓などの場など
新たったところで褒めることが大切。

「貢献」を教えよう。

トーマスみたいにね。


子どもの受動喫煙 心に悪影響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000559-reu-int