2010年04月09日

5月から7月にかけての新作について[エロゲ]


体験版とか、公開されていないので発売予定の新作でも紹介。
抜きゲーとかは入ってません。

Angel Ring だけ小さなバナー(200x40)がない。

7月のブルームハンドルの新作「恋と水着と太陽と〜」 はさすがにまだ
バナーは公開されてない。公式ページがまだだった。

5月

PrismRhythm-プリズムリズム- < Lump of Sugar > 5/28

PrismRhythm -プリズムリズム-応援中!

あまつみそらに! < クロシェット > 5/28

【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

エヴォリミット < propeller > 5/28

エヴォリミット

ヒメと魔人と恋するたましい < オレンジペコ > 5/28

オレンジペコ『ヒメと魔神と恋するたましぃ』応援中です。

6月

光輪の町、ラベンダーの少女 < あかべぇそふとつぅ > 6/24



おキツネ様の恋するおまじない < chorus > 6/25



Angel Ring < MOONSTONE > 6/25

AngelRing 〜エンジェルリング〜 応援中!!

処女はお姉さまに恋してる〜2人のエルダー〜 < キャラメルBOX > 6/30

『処女はお姉さまに恋してる 〜2人のエルダー〜』2010年6月30日発売予定!


7月

恋と水着と太陽と 〜スミレ島ライフセーバーず〜 < ブルームハンドル > 7/30






クリックお願いします-->にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
| tkngw at 05:58|個別コメ(0)TB(0) エロゲ関連 

2010年04月04日

PrismRhythm-プリズムリズム [ Lump of Sugar ]

PrismRhythm -プリズムリズム-応援中!

Lump of Sugar から5月28日に発売予定の「PrismRhythm-プリズムリズム」の
体験版が公開されました。

体験版のサイズは、323MB。

->  http://www.lumpofsugar.co.jp/product/prismrhythm/download/index.html

ジャンルは、 大樹と水のヒーリングADV となっており水路が出てきたり
島のほとんどが木が生い茂ってます。

ストーリーとしては、
人々に水の恵みをもたらす大樹に感謝を捧げる祭りの際に出会った、「エルディス」という大樹に祈りを捧げる舞い手をしている『キャロライン』の言葉に影響をうけた主人公が、聖ベルティナ学院に編入してくるところから始まります。
そして、そこで出会ったヒロイン達とのさまざまな物語。

体験版感想。

Lump of Sugar さんということですが、いつもの原画家さんとは違いますね。
たにはらなつき (Canvas3、D.C.?) 
せせなやう (ナツユメナギサ、ツンデレでヤンデレな幼馴染(ry )

原画的にはよさげなのでいいのですが、あとはシナリオですね。
雰囲気とかいいのですが、それを生かせるかどうか。

キャラ的には、エルステリアか銀かな。攻略するなら。
ステッチが・・・なんて。 最近そういうの多くねw

リンク






クリックお願いします-->にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
| tkngw at 08:07|個別コメ(0)TB(0) 体験版レビュー 

Floating Material [ biscotti ] +追記

biscottiブランドの第一弾ソフトの「Floating Material」が、3月26日に
発売予定ですが、その体験版が公開されていましたのでダウンロードして
プレイしてみました。

追記 : 4月30日に発売延期。

ストーリー

お嬢様のみが通うことができる学園に新任教師として就職が決まった主人公。

主人公の周りの学園生たちは、一癖も二癖もある少女達。

彼女らの輝きに未知な時を描いた物語の先にあるものは、平穏な教師生活か、それとも!?

体験版感想

体験版では、主人公が学園に来るところから始まり、ヒロイン達に出会う様子が描かれています。

よくあるお嬢様学園の教師生活なゲームですが、よくあるだけにうまく
シナリオができてないと他のゲームと比較して埋もれてしまう可能性がありますね。体験版のあたりではそこそこ面白いですが、これといったものがあまりないのでどうでしょうかね。

グラフィックはいいのでシナリオを。特に体験版以降がどうなるかですね。

追記 : よくある〜とか書いてたらいろいろなところでパクリ疑惑があがってたのね。 
さてはて発売されるのかな。


その他

Configは、最小限。

画面モードは、ウィンドウ、フルスクリーンの他にスケーリングというのが
あります。
これは、解像度(画面一杯に伸ばす?)ものかな。

64bitOS用のファイルもありますので Vista / 7 の64bitOSの方も大丈夫かと。

リンク







クリックお願いします-->にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
| tkngw at 08:05|個別コメ(0)TB(0) 体験版レビュー 

2010年03月29日

色に出でにけりわが恋は [ういんどみる]



ういんどみる から4月29日に発売予定の「色に出でにけりわが恋は」の
体験版が公開されました。

「天城桔梗」役が、佐本二厘->かわしまりの に変更になったみたいですね。

体験版のサイズは、208MBと小さいです。

原画は、こ〜ちゃ、鳴海ゆう
シナリオは、平内太兵衛

体験版の感想

 主人公の神社が先祖代々もつ役割 「天城家」の跡取りを決める 「決闘の儀」を見届ける役目が、ある日主人公に舞い込む。

その「決闘の儀」でハプニングが起き、なぜか主人公とヒロインの一人「天城梨桜」が一緒に住むことに。

 - このあたりまでが体験版のストーリー。

メインヒロインは次の5人。

「天城梨桜」 - 跡取り候補の一人。 主人公と一緒に住むことに。

「天城桔梗」 - 跡取り候補の一人。 先輩。、品行方正で才色兼備。

「鈴枝小町」 - 幼馴染。 気心が知れた間柄。

「御園美苑」 - 天城家のメイド長。

「楓柚菜」  - 後輩。 ペンギン愛好家。

とりあえず、主人公キスされまくりすぎだろw
体験版の中で、「梨桜」と「桔梗」と「小町」としていて「美苑」とも未遂w
キャラの中では「梨桜」か「美苑」がいいかな。
「美苑」のキス未遂シーンとかw

体験版やった限りでは、いつもの「ういんどみる」らしい作品だと思います。 
キャラ萌えゲーですね。 

絵は好きなので、後はシナリオがしっかりしてくれれば良作といっていいのですが。

体験版の最後に、「桔梗」のHシーンがあります。

その他

SYSTEM Config について。

- ゲーム内のConfigから設定できる項目は最小限です。
  ただし、ウィンドウの設定->ゲーム環境設定のほうはいろいろそろっています。


リンク





クリックお願いします-->にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
| tkngw at 04:18|個別コメ(0)TB(0) 体験版レビュー 

2010年03月24日

あまつみそらに! [ クロシェット ]

【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

クロシェットから、5月28日に発売予定の「あまつみそらに!」 の体験版が公開されました。
同時に、延期も。 4月30日 -> 5月28日

体験版のサイズは、321MBと小さめ。

http://clochette-soft.jp/amamiso/download.html

原画は、しんたろー
シナリオは、秋史恭 / 姫ノ木あく / 瀬尾順 


感想

体験版のシナリオ自体は、プロローグにあたる部分で主人公やヒロイン達の紹介とかなどですがいくつか複線みたいなものもありますね。
立ち絵の差分や、表現などがあっていいですね。 立ち絵がまったくかわらない作品が時々あるけどこの作品はそういうところはちゃんとしてます。

神様と一緒に生活している主人公とその周りにいるヒロイン達、そして
島の外からやってきた巫女をしている先輩との物語。

一ツ橋神奈 - 主人公と一緒に生活している神様

観崎美唯 - 主人公の妹。 アイドル

清澄芹夏 - 主人公の後輩。 神奈を崇拝している。

帷千紗 - 主人公の幼馴染。 

葉月深景 - 島の外からやってきた巫女。

この5人がメインヒロインとなってます。

私的には、先生がいいキャラしてるんですがw
攻略できないのかなー。

その他

設定項目は、それほどないが必要最小限のものはそろっているかな。
ドラマティックモードという、音声再生時にメッセージウィンドウを自動で
非表示にする(オートのとき)があるが、これって前作のときもあったっけ・・・。

ワイドモニタで、フルスクリーン化すると横枠がでます。変更は無理っぽい。

リンク





クリックお願いします-->にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
| tkngw at 06:46|個別コメ(0)TB(0) 体験版レビュー