ハイチエイジェント|代表のお気楽日記

ハイチエイジェント代表 鷹野公弘の自由気ままなブログです。 ハイチエイジェントでの日々の出来事や、趣味や日常感じたことなどをお気楽につづるブログです。

寒い日が続きますね・・・。


先週は、ついに札幌でも初雪が観測され、積雪も記録しましたね。

これは、平年より8日、昨年より5日早いそうで、2000年以来16年ぶりに早い記録のようです。


そして、初雪が降ると道民の話題は必ず「いつタイヤ交換をするのか」という話題になります。


あまり早くタイヤ交換をするのも、スタッドレスタイヤが消耗するし、だからといってギリギリまで待ちタイヤ交換のピークになると、スタンドや量販店などでは1時間待ちなんていうのはザラ。

ピーク時には、半日~丸一日かかるなんてことも。



そんな私はというと、すべて友人のディーラーにおまかせ。

ほとんど車に乗らないため、友人から指定された日に交換します。
少々交換時期が早くても、雪が降ってからでは遅いし、安全はお金じゃ買えないので、早めの交換しています。

まっ、雪の降らない地域の方には、まったく関係ない話でした(笑)
IMG_1332

先週の暖かさがウソのように、今週は寒いですね・・・。

標高の高い山や峠では初雪も降ったみたいで、従業員との何気ない会話の中で、今シーズン初めてストーブをつけたなどと聞くと、冬の足音が少しずつ近づいているんだなと思ってしまいます。


昨年の秋は、登山に出掛けたりもしましたが、今年は今のところアウトドアの予定はありません(泣)


誰か、登山に誘ってくれないかなー・・・。

そんなことを思い、先日登山をしている友人に初心者におすすめの山を聞いてみたら、札幌市内だと手稲山へ登る平和の滝コースがおすすめだとか・・・。

このルート、平和の滝までは車で行き、駐車場から川つたいに歩き、途中、発寒川の源流や通称ガレ場と言われる難所もあり、楽しいとのこと。

また、片道3時間弱で登れ、登山道もしっかり整備されているため、初心者でも行きやすいみたいです。 

手稲山と言えば、冬はスキー、夏は自転車のトレーニングで登ったことはありましたが、登山はまだありませんでした。

よし、教えてくれた友人にお願いして、雪が降る前紅葉の時期にでも登ってみようかな・・・。 

リオパラリンピックが閉幕しましたね。

参加を開始した1964年の東京大会以降、初めて金メダルゼロに終わったそうですが、メダルよりも障がいをもつ方々の戦いに感動しました。

そんな中、自転車競技で金メダルを獲得した「アレッサンドロ・ザナルディ」をご存じでしょうか?

「ザナルディ」なんとなく聞いたことがあるような・・・。
と、思っていたら元F1ドライバーとのこと。納得。

私も、中学生でしたがたまに深夜に中継を見ていましたので、記憶にありました。

ザナルディ氏は、元F1ドライバーで、その後アメリカのCARTで2度チャンピオンに輝いたドライバーです。

遡ること1991年、マクラーレン・ホンダが圧倒的な強さで黄金期を迎え、日本がF1ブーム真っ只中にデビューしました。

1991年と言えば、アイルトン・セナが生涯最後のF1チャンピオンになった年ですね。

さて、そんな年にデビューしたザナルディ氏ですが、アグレッシブなドライビングから「壊し屋」とも言われていたそうで、なかなかF1では結果を残せず、デビューがら5年後の1996年にはアメリカのCARTシリーズに活躍の場を移したそうです。

CARTでは、初年度からトップ争いに絡み、翌年にはチャンピオンを獲得。
圧倒的な強さでその翌年もチャンピオンを獲得し、2年連続の王者に・・・。
レーサーとしては、最高潮の時期だったのでしょう。

そんなCARTでの強さが評価され、翌年1999年には名門ウィリアムズと2年契約を結びましたが、チームの低迷期とハイテク化の波にうまくのれず、契約終了後CARTに復帰することに。

復帰後、シリーズ16戦目、久々の優勝が目前に迫っていた中、接触により320キロでコースアウト。
乗っていたマシンは大きく大破し、ザナルディ氏自身一命はとりとめたものの、両足のひざ下を切断する大けがを負うことに・・・。

しかし、サナルディ氏はここからが違う。
両足切断の大けがから20か月後に、超人的な回復力と精神力でなんとレースに復帰。
ペダル操作が不要なハンドドライブ仕様のマシンに乗り込み、事故を起こしたコースで残りの周回数を走ったそうです。

その後、2003年から特別仕様のマシンでレース界に本格復帰、2005年には3位入賞するほどの復活を遂げたそうです。

そして、2009年にレース界より引退。
引退後は、トレーニングのため並行して取り組んでいたハンドサイクリングに転向し、2012年のロンドンパラリンピック、今回のリオパラリンピックと2大会連続の金メダルを獲得。
しかも、御年49歳(来月には50歳)。まさに超人。

レーシングドライバーはレース中、心拍数が180を超え、カーブでは強烈なGを受けているそうです。
心拍数180は、マラソン選手の心拍数をも上回るといわれています。

そんなザナルディ氏だからこそ、自転車でもトップアスリートになれたのかもしれませんが、両足切断の大事故から復活するという精神力があるからこそ、アスリートとしても通用するのでしょうね。 

北海道の秋の祭典として定着した「さっぽろオータムフェスト2016」が、今年も始まりました。
当社から見える大通公園は、すでに多くの人でにぎわってます。

ただ、今年は先日の台風による大雨被害の影響で、南富良野町や帯広市、清水町の団体が出店を断念したそうです。
カルビーや湖池屋などのポテトチップ工場も被災し、原料となるジャガイモも出荷できない状態で、新商品の発売延期などの話も聞きますので、被害を受けた地域の1日も早い復興のため、私にできることを行い応援していきたいと思います。


年々認知度、開催規模も大きくなってきているオータムフェスト、今年で8年目を迎え、いつの間にか秋の一大イベントになりましたね。
なんだかんだ言っても、私も開催期間中一度は行ってしまうオータムフェスト。

なんといっても、北海道各地の市町村が一堂に集結し、普段あまり食べることのできない特産品や、食材を味わえるのが魅力ですね。
商品によっては、ちょっと金額が高いな・・・などと思いつつ、1品2品と味わってしまいます(笑)


そんな今年のオータムフェスト。
今年は、札幌マラソンと開催時期が重ならないよう10月1日までの開催ということです。
ぜひ、皆さまも食欲の秋を満喫しに行ってみてはどうでしょう・・・。 

台風が過ぎて、数日が経ちましたが、まだまだ被害が出ているようです。
一昨日、友人が仕事で道東にいったそうですが、川はまだまだ濁り、河川敷は水浸しといっていました。

1週間に3個の台風が北海道に上陸し、札幌でも携帯の避難情報が鳴り響く状況でしたからムリもないかもしれません。
でも、1週間(1年間)に3個の台風が北海道に上陸したのは、観測史上初とのことで、今年は沖縄よりも台風が上陸しているとのこと。最近の気候どうなっているんでしょうね・・・。

で、台風と言えば北海高校が夏の甲子園の台風の目として大活躍してくれました。
私も決勝戦を観戦しましたが、惜しくも準優勝。

でも、10年ぶりの準優勝。本当にすごいことですね。
大阪のあの暑さの中、大西投手をはじめ選手の皆さんは本当にお疲れさまでした。

もう一つの台風の目といえば、ファイターズでしょうか。
今年もソフトバンクの独走かと思っていたら、連勝からいまやゲーム差一厘差の2位。
あとは、1つでも多く勝った方が優勝という、面白い展開になってきました。

最後の台風の目は、リオオリンピックかな。
先日、終わってしまいましたが、毎日テレビで観戦し、世界最高レベルの接戦に一喜一憂しておりました。

・・・で、私も今週末「北海道マラソン」
当日、雨のち曇りの予報ですが、台風の目となれるよう、自己ベスト更新を目標にがんばります。


 

ついに開幕しました。


初の南米開催という栄誉の裏で、治安問題や施設の建設遅れ、水質汚染問題やジカ熱などの影響も問題となっていましたが、無事開幕しました。

今回、夏季オリンピックなのに、真冬に開催されると話題になっていますが、オリンピックが開催されるリオデジャネイロは、赤道に近いため真冬と言ってもそこは南国、寒くないそうです。

平均気温が22度前後と、ちょうど札幌の初夏位の気候でしょうか。とても過ごしやすい気温ですね。

そのため、競技種目によっては、暑さ対策をほとんどしなくても良さそうなので、後半に始まる陸上競技などは、記録更新ラッシュかも・・・と思ってしまします。


また、日本の裏側にあるブラジルは、日本との時差が12時間あるそうで、競技が日本時間の深夜~朝にかけて行われます。
なので、毎日寝不足&仕事にいく時間に競技が行われるため、仕事をとるかオリンピック観戦か悩ましい毎日です(笑)

毎日熱戦が続いておりますが、先日のカヌーで銅メダルとなった羽根田選手は本当にすごいですね。
この競技で、日本人がメダルを取るなんて、レベルアップはもちろん歴史が変わったと実感しました。
羽根田選手、本当におめでとうございます。

このメダルをきっかけに、マイナー競技から注目競技となり、さらに強くなってほしいものです。

今日は、卓球。福原選手、水谷選手に期待。 

夏と言えば、やっぱり「海」。

せっかく、休日に出かけるなら「おいしいものも食べたい」。

ってことで、幼馴染数人で積丹半島に向かい、今が旬の「うに」を堪能してきました。


6月~8月が漁期の積丹の「うに」は、積丹半島の自然豊かな森から清流となって流れる豊富なミネラルが日本海に流れ込むことで、エサとなる昆布が豊富に育まれています。

そんな環境で育った「うに」は、独特のクセが弱くクリーミーで甘みがあるのが特徴。
いままで「うに」が苦手だった人が、好きになるほどなんだとか・・・。

そんな積丹の「うに」ですが、日本全体の消費量に占める漁獲量は0.05%弱という少なさのため、生産量のほとんどが地元で消費されるため、地元以外にはほとんど出回らないそうです。


約2か月しか味わうことのできない積丹の「うに」ですが、一般的なムラサキウニと貴重なバフンウニの2種類があり、それぞれに特徴があるそうです。

積丹で「白うに」と言われるキタムラサキウニは、黄色っぽくクセのない甘みが特徴。
そのため、ウニ丼にしても飽きることなく食べれるそうです。

また、通称「赤ウニ」と言われるエゾバフンウニは、積丹で獲れる「うに」の3割弱という貴重な「うに」で、オレンジ色で甘みが強いのが特徴。
ただ、漁獲量が少なく貴重なため、今回もお昼前にすでに品切れ。今回いったお店も1日限定15食とのことでした。

わたしは、「うに」だけは飽きるので、今回3色丼にしてみました。


お腹いっぱいになった後は、シャコタンブルーと言われる海が一望できる神威岬までいってきました。
北海道で唯一、海中公園に指定されている積丹の海は、透明度が高く鮮やかなブルーの海が絶景でした。


ひさびさに、幼馴染と休日を満喫した1日でした。image1 (6)
image2 (2)
image3 (1)
image4 (1)


 

先日、ひさびさに東京に行ってきました。

やっぱり、東京は暑いですね・・・。
都市部特有のアスファルトやビルからの輻射熱と、札幌とは違う湿度の高さでなにもしなくてもじんわり汗が・・・。
よくあの中で暮らし、自転車やっていたなー(笑)


せっかく東京にいったということで、仕事終わりの週末にそのまま友人たちに数人に会ってきました。

学生時代の友人とは、学生時代の思い出話や近況など学生時代のノリで盛り上がりました。
整骨をやっている友人がいるのですが、関節炎や身体のメンテナンスなどマラソンに大切な話も聞くことができ、まだまだタイムが伸びパワーアップできる予感が・・・。


また、翌日には社会人になった年の同期4人と飲みに行きました。
当時、69人いた同期は半分以上が転職したそうですが、残っているやつらはみんな管理職として頑張っているそうです。
苦労話や現在の状況、東京の現状などいろいろな視点からの話を聞くことで、とてもいい刺激となり私自身もっともっと上を目指していこうと改めて認識しました。


・・・で、せっかく東京まで来て、昼に一人で観光するってことも???なので、ホテルから皇居までランニングし2周して帰ってきました。

初めて皇居を走りましたが、昼にもかかわらずランナーの多さにビックリ。
走っている人が多いとは聞いていましたが、あれほどの方が走っているとは・・・。東京マラソンの参加人数、エントリーの倍率が高いのも納得です。

気温30度を超える中、約1時間でしたが水をがぶ飲みしながら走り切りました。
まぁ、北海道マラソンに向けたいい練習にはなったかな。b5bf0386-26f8-452c-b365-9305c8412833





 

ここ1,2週間、なんだかんだで忙しい日々が続いております。


そのため、19日のおたる運河ロードレース以降、週末に走れていないため、先日仕事終わりに走りにいきました。

いつもの練習コース(約10キロちょっと)を、20時過ぎにひとりで走っていたら、前方に歩行者が・・・。
なにげなく後ろから追い抜こうとした瞬間、くるっと振り返られファイティングポーズをとられました。(汗)


まぁ、街灯もまばらな暗い夜道に後ろから近づくひとがいたら、女性はもちろんのこと男性でも嫌な感じかもしれませんね。
今回、男性でしたので私も一瞬殴られる?ってとっさによけてしまいました。

人間、とっさの行動は意外な動きをするもんですね・・・。
なので、歩行者を追い越すときは、車道から抜くようにしました。


これからの季節、昼は暑いし、朝は起きれる気がしないし、・・・ってなると、今までは夕方走ってまた仕事をしておりましたが、仕事を片付けてから走ったほうがそのままビール飲んで寝れるし・・・
そう思うと、やっぱりひとりではなく友人と話しながら走るのがいいのかな~。
ふたりのほうが、車にひかれるリスクも少ないし・・・。

でも、仕事終わりに練習して、その後のビールがまたうまいので、友人を誘って複数で走ることにしよう。


 

今日は休みでしたが、少しばかり集中して作成したい書類があったので、午前中より会社に向かったら、外からなにやら掛け声が・・・???

気になって、窓から外を見てみると、本日より「よさこい」だったのですね・・・。


ハイチエイジェント代表の鷹野公弘です。


思わず、事務所から見入ってしましましたが、なんだか仕事に集中できないなぁ~・・・。
などと思っていたところ、友人よりTELが。

「今年はキャンプに行くぞ!と、いうわけで今からテントを買いに行くぞ‼」


???


よくわからないまま、数分後には友人と当社顧問の先生に拉致(笑)?され、そのままお店に連れていかれました。

なんでも、友人と先生で「今年はキャンプに行く」と決め、勢い大切にまずはテントを買うとこから始めよう。と、言うことだったみたいです。

私も、キャンプなんてもう何十年も行っていないな~。

でも、テントをはじめとするキャンプ用品、最近はいろいろ充実してるんですね。

しかも、テントの他にもチェアやランタン、マットにグリルなど一から揃えるとなると、やっぱり結構なお金がかかりますね。

夫婦二人の友人は、テントにチェア、ランタンなどで10万円弱。当社顧問の先生家族は、10万円を超えていました・・・。

これだけ、最初にお金をかけると絶対行かないといけない気持ちになりますね。

そんな私はというと、ついていったはみたものの、キャンプ予定日に出張の予定が入っていて行けないんです(泣)
正直、自然の中でゆっくりはしたいのですが、寝るのは布団がいいな~。

でも、3回行くそうなので、2回目は強制参加の指令を受けました。でも、テントないし、どうしよう・・・。
image1 (1)
image1 (1)


 

↑このページのトップヘ