2007年06月10日

最後の手紙

拝啓

新垣里沙様

突然ですが、僕はあなたから旅立たなくてはなりません。

あなたが嫌いになったわけでも、応援できなくなったわけでもありません。

ただ、僕は自分のこれまでの人生すべてを投げ捨ててでも守りたいもの、そしてこれから進むべき道を見つけることができた、とだけ言っておきます。

あなたにはたくさんの勇気と元気をもらいました。

その天真爛漫なキャラクターと屈託のない笑顔にいつも励まされ、多くの困難も乗り越えることができました。

本当に感謝しています。

コンサートでは誰よりも楽しそうに歌い、踊り、そして緑のTシャツを着てタペをかざしながらがっついてる僕にいつもあたたかいレスをくれましたね。
千葉県文化会館でのあのアイコンタクトは一生忘れません。

あなたに恋をしていた日々は本当に楽しいことばかりで、毎日あなたのことを考えてドキドキしたり、仕事や勉強の大きなモチベーションとなっていました。

ただ一つ、あなたと握手できなかったことが唯一の心残りですね。

それでも、僕はあなたを応援できたことをとても誇りに思っています。

言葉では言い尽くせないほど感謝しています。



あなたに会えて本当によかった。



これからは直接会いに行くことは無くなると思いますが、それでも陰ながら新垣里沙、並びにモーニング娘。を応援していくつもりです。

グループが不安定な中、サブリーダーを任され本当に大変だとは思いますが、ガキさんなら絶対に乗り越えられると信じています。

これからますますご活躍されることを、心から願っています。

今まで本当にありがとうございました。

                                        敬具

tko107 at 01:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔