今日はいろいろといまいちでしたなぁ
*TOEFL
無理ゲーだった。しかし本質を問われているような試験だったのでなんとかしないとなぁ。

*jubeat
ちょっとやったけど大して更新せず

*HOJ
今日はcontest

1124 llssrsslsrss とかくもfirst acceptionならず。
その後
a:lsrslssa
a
で満足する
1125
よくわからないので四倍関数使ってたどる
a(X):XXXX
b:a(sr)srsl
a(a(bbbr)r)
しかしこれ以上思いつかず。関数の工夫が未だに苦手
1126
a(X):srsla(X-1)
d:a(3)rra(3)ra(3)ra(3)ra(1)ra(2)ra(2)a(1)ra(3)ra(2)ra(1)ra(3)ra(3)rd
d
とか書いといて規則認識をしようと思ったもののよくわからない。皆30B付近なのでテキトーにやった
a:srs
b:ala
e(X):albXalb
d:e(r)e()abe()bae()d
d
こういうのしっかり詰めたいよなぁ
1127
a(X):Xrra(sX) a()
と同じ発想で
b(X):ssrXl
a(X):Xa(b(b(s)b(s))X)
a(rr)
とするも直接各という発想に至らず。無念
1128
これは過去問での慣れもあってかすぐに経路がわかった
a(X,Y):YYYYa(sX,srXlYllXXrYXrsl)
a(,r)
縮めるのは向きをrrにして代入をしない方針だったかー。
1129
これは最初V4つと牢として騙されたがmasさんなどのバイト数をみて経路を変更した。
b(X):XXXX
a(X):b(b(XrrXr)rX)sa(srslX)
a()
ちゃんと向き調整も考えれば縮んだと思いますが至らず。悔しいですなぁ
1130
これは一部たどってから無理矢理なぞった
c:rs
e:ca(r,5)
a(X,Y):Xla(Xs,Y-1)
d:a(sc,4)ereccd
d
eとした部分をa(**,2)としたかったがなかなかうまく行かず。むう。
1131
この問題は今回のコンテストで一番苦労した。
なんというか実装がすぐにできなかったのが敗因でしょう。規則は大体見えていたのに。
a(X,Y,Z):YZa(XX,XZZXr,XYYXl)
a(s,l,r)
どうもrとlを入れ替えることばかり考えていました。
1132
d:rsl
a(X):XXXdXa(ddsXdss)
a(ddr)
こちらはあまり知らない短縮をbest解がしていたために敗北。

以上。