ふくしま復興支援フォーラム

 2011年11月末、ふくしま復興支援フォーラムを、有志7名の呼びかけで、立ち上げました。月2回のペースで会合を開き、各界の方々の協力を得て、各分野の問題点を共有しながら、ふくしまの復興への議論を展開しています。  会合の場だけでは、十分に皆さんのご意見をいただけないので、このブログを通じて、一層の議論を展開したいと思っています。  積極的なご意見・ご提案をお願いします。⇒ホームページ

2017年06月

 以下のように、第113回ふくしま復興支援フォーラムを開催します。

  日時)2017年7月6日(木)  18時30分~20時30分

  テーマ) 「農村における再生可能エネルギーの可能性と全国フォーラムの意義」

  報告者) 佐々木 健洋 氏 (福島健農民連事務局長)

  会場) 福島市アクティブシニアセンター「AOZ(アオウゼ)」
       大活動室1 Maxふくしま4F (福島市曾根田町1-18)

    *入場無料、予約不要

       (問合せ  tkonno67@gmail.com  今野)


 2017616日、福島市・AOZで、第112 回ふくしま復興支援フォーラムを開催しました。

 
高橋真一氏(NPO花見山を守る会代表)から、「花見山を守る活動と避難者救援」と、題して報告をしていただきました。市民20名が参加し、熱心な質疑討議がなされましたが、会場で文章で提出いただいたご意見・ご感想は、以下の通りでした。参考にしてください。

   ~~~~~~~~~~~~~~

★ 花見山を守る会として、復興支援活動を多岐に渡ってされていることに感服しました。(S.S

★ 阿部一郎さんの花見山公園は、大変有名ですが、花見山は、全体がとても美しいと感じていました。今日の話で、その理由がわかりました。今後に期待。(Y.A

★ 花見山の成り立ちや運営の状況が、これまで思っていたものと違っていて興味深かった。高橋代表の強い思い、継続的な活動に頭が下がる。これからも頑張ってください。(S.Y

★ 花見山がきれいな花が一面となり、広がっている。それを支えている内容・努力がわかりました。継続したボランティア活動の力の蓄積は大きいものですね。(M.S

★ 民間で避難者支援をされた活動の素晴らしいのにおどろきました。「なかなか真実は聞けない」という言葉が印象深かったです。(I.O

★ 本当は行政がならねばならないことを、個人でサポートしている姿に心打たれました。(A.K

★ ずっとお会いしたかった高橋さんのお話を聞けて、その活動について知ることができました。ありがとうございます。全て、今目の前にある問題に対して、自分のできることを全力で行っている姿勢はとてもマネのできるものではありません。(H.S

★ ①#112回フォーラム開催して頂き有難うございます。②3.11震災前夜から各種ボランティアされており、素晴らしいと思います。③個人or単独での要望発信をなるべく多勢の意思がまとまり、「声」を発信出来たら素晴らしい。④ホタルが生存しているとの事―名所に出来たらいいですね。(T.S

★ お話を伺い、共感することばかりでした。そのあたたかなお気持ち、行動力、続けていく努力、ひとつひとつに心から敬意を表します。本当に素敵です。福島の誇りを、これから一緒に守っていけたらと思います。ありがとうございました。(M.M

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_20170616_183606IMG_20170616_192604IMG_20170616_192629

↑このページのトップヘ