IMG_3630
平山郁夫シルクロード美術館です。
今回は北杜高校ギター部のギャラリーコンサートを見にやってきました。
画像には写っていませんが、開場前からすでに駐車場は満杯、館内も入場待ちの長蛇の列。
ちょっと遅かったら席がなかったかも・・・

DSC08490
 宿泊した八ヶ岳ロイヤルホテルは、部屋も広いし朝食もおいしくて最高でした。
でも北杜が演奏するピークの時期は、格安とはいかないんでしょうね・・・

DSC08492
眺めも相変わらず最高です。春先の甲斐駒は本当に美しい!
このホテルは甲斐大泉にあり、シルクロード美術館は隣の甲斐小泉にあります。
クルマで15分ほどの移動。油断して駐車場がギリギリだった・・・


IMG_3633
通常は有料の美術館ですが、コンサート時だけは入場無料。
平山郁夫氏の大作に囲まれたギャラリーで演奏も聴けて、とてもお得な一日です。

指揮台ならぬ指揮じゅうたん?
残念ながら飛行はしないようです。

久しぶりの北杜ギター部の演奏でしたが、今年は音に締まりがあって力強いサウンドでした。
北杜と言えば美しい音とハーモニーですが、今年は男子が少し多いせいか、パワフルです。
特にバスやギタロンがよかったです。
バスは音にふくらみがあり正確無比ですし、ギタロンのぐいぐい音楽を作っていく姿勢が、演奏にとてもいいエネルギーを漲らせていました。ベースは音楽を作ると言います。
ホールの響きもギタロンのよさを引き出してましたね。
チェンバロもとても表情豊かでした。
北杜のコンサートはなぜかアルト側ばかり座っていたのですが、次はバス側に座ってみたい。

IMG_3638
エクエスという新曲の披露、勇ましくカッコいい、かつ鬼の編曲で色々震えました(笑)
コレは弾き甲斐があるし鍛えられますね・・・
先代の早弾きのテクニックは凄いものでしたが、今年もがんばって攻めてほしい。

・・・からの津軽海峡冬景色という、お客さんの年齢層をがっちり掴むプログラム。
これで笑いを取れるというのが、とても大人というか、オシャレです。
エクエスからド演歌、シルクロードのテーマ、花は咲く・・・
美術館の展示や、忘れもしない大震災の記憶にも触れつつ、心にきゅっと来る曲は、いいものですね。
アンコール2曲も合わせて13曲、一気にあっという間のコンサートでした。

全部通しても、割れた音は1個しかなかった(=いじわるな聴き方)
そのくらい丁寧に練習して演奏しているし、演奏に聞き入ることができます・・・。
だからお客さんも一緒にその熱を共有できるし、最後は大盛り上がりです。

心も体も温かくなる、素敵なコンサートでした。ありがとうございました。
たまたま居合わせたらしい観光客が「すごかった。素晴らしかった」と興奮していたのが印象的です。


IMG_3634
標高1,000mもある甲斐小泉は、まだまだ春が遠い感じのする寒さ。
朝は快晴だったのに、昼過ぎから風が強まり、どんより・・・
コンサートが熱気に包まれていただけに、外に出るとその落差に驚きます。

IMG_3635
三分一湧水館で、温かいなすそばを食べました。
ここのおそばは、すぐ隣で打ち立てのそばが出ます。本当においしいですね!

今回は前入りしてシャトレーゼの工場に行ったり、長坂カーブに行ったり、このあと帰りに塩川橋梁で撮りテツしたりと盛りだくさんでしたが、地味に高速料金が平日だと異様に高いということも判明。
平日の高速料金があんなに高いなんて・・・
そのぶん宿が格安だったので、一長一短ですけどね・・・