おやじサバゲーマーの日々

中年サバゲーマーのエアガンカスタム録など

カスタム備忘録 M4ショートカスタム

IMG_1347

できました。
カスタムっていっても、元が無く、
部品を一個一個かき集めて形にしました。
こだわったポイントは、フロントRAS。
RAS部分が86mm、サプレッサー部分が80mmと
フロント部17cm弱の短さです。

サプレッサーはダミーで、消音材は入っていません。
どっちにしろ先までインナーバレルを通して
いますけどね。インナーは182mmにカット。
MP5用に買ってあったPDIの05ステンレスバレルを
切っちゃいました。

さて、この長さだと、バレル長がMP7と同じくらいで、
マルイ製で初速が70m/s後半くらいでしょうか。
インドアならまだしも野戦だと物足りない感じですなぁ。
というわけで内部セッティングにより初速90台を狙います。

説明していくと長くなるのでレシピを載せときます。

メカボックス:AF製強化メカボ 8mmベアリング
                      マイクロスイッチはオムロン製に交換
スプリング:SHS M120
シリンダー:Laylax ステンレスシリンダー(M4用)
シリンダーヘッド:マルイ純正
ピストン:SHSフルメタル 14歯
ピストンヘッド:VFCの416に付いてたアルミ製の
チャンバー:ProWin アルミCNC
ホップパッキン:BATON ソフト面パッキンセット
ギア:SHS13:1(ベベルのみマルイHC用に交換)
        セクカ4枚(前4)
逆転防止ラッチ:WII TECH次世代用スチール
モーター:ICS TURBO3000
SBD:自作
バッテリー:Lipo11.1v

こんな感じです。組み上げた結果は、
初速91m/s〜97.5m/s(max) サイクル29/秒
IMG_1356

サイクルテストムービー
モーターがトルク型ではありますが、11vにしてはサイクルそこそこ。
配線を敷き直せば30/秒超えるかな?ま、何かのメンテ時でいいや。
初速は良い感じです。

バレルが短い分、初速を維持するため本来はシリンダー容量を減らすのですが、
逆に容量をやや増やし、強めのスプリングでエアーを一気に
押し出す感じにしてみました。コレを極端にするのが流速カスタムですね。
セクカも、120クラスのバネなら5〜6枚くらい入れると良いのですが
バレル長とシリンダーのバランスで生じる初速低下を見越して
4枚に留めました。

最後に、一応完成形の写真を。
マグウェルグリップでデコってみました。
あと、フルサイズより似合うかな?と思ってショートマグに。
IMG_1348

短くて取り回しが良さそう。重量もそこそこ。
お年寄りに優しいM4のできあがりです。

最後に、ストックは見た目に凝って色々やるのもアリなんですが、
バッテリーをポイっと入れたいので
ヤフオクで入手したマルイM4PMCのものを使っています。
G&P製のはいちいちネジをはずさないとならないっぽいので、
使いやすさ重視ならマルイ製か、JG製の416固定ストックがオススメ。

ではこのへんで。
ご質問あればコメントをご利用ください。


カスタム備忘録 M4ショートカスタム予告編

超久々の更新。
昔の記事を見ると、技術不足で恥ずかしくなりますね……
ま、いいや……誰にでも初めてはあるってもんで。

ほいで一丁仕上げるとまた一丁作りたくなるのがカスタム患者の性。
趣味と病気は紙一重なんじゃないかと思います(笑)
完成した得物で実戦に一回出ると満足しちゃうっていうか……
カスタムの方向性や、パーツの組み合わせとか、色々考えている時が
一番楽しくないですか?

というわけで、最近ちょこちょこ弄ってたM4ショートカスタムが完成したので、
久々にブログネタにでもしようと思ったわけですが……

――その前に……これまでに集めた武器と一部カスタムレシピを紹介。
(写真はだいぶ前に撮ったやつ)
IMG_0908

ハンドガンは省略、ライフル・SMGを上から内部カスタム中心に紹介します。

‥豕マルイL96AWS ショートバレル化カスタム
  ショートに見えないのは、アウターバレルと同径のサプレッサーをつけてるからです。
  KM企画のだったかな?
  集弾性は今一歩です。いつかガツっとカスタムしたい銃です。

東京マルイH&K MP5A5HC
  誕プレにと嫁に買ってもらった品なんですヽ(´ー`)ノ でも私病気なので即カスタム(笑)
  スプリング:アングス0.9J ハイサイクルシリーズ専用(S)
  シリンダー:LayLax ステンレスハードシリンダー TYPE E
  モーター:G&P M120 元々マルイのEG-30000が入ってますが
       ピニオン破損のため交換したまま。サイクルは上々。
  配線:FET化
  バッテリー:Life9.9v運用
 ※カスタム当初は初速出たんですが(0.2gで96m/s)、このバネ、ヘタリまくります(泣)
  今や80m/s行くかどうか。
  ま、もう一個同じバネ買ってあるんだけどね(笑)

  余談ですが、ベアリングスプリングガイドと、PDI(内径6.05mm)ステンレスインナーバレルと
  併用したら、カスタム当時規定オーバーしたので、その2点はノーマルに戻しました。
  今のバネのヘタり具合なら上記に換装して85m/sくらいにはなりそう。
  それを見越して取ってあったんだけど、インナーバレルは他のカスタムに使っちゃった!\(^o^)/

VFC HK416 NSW ハイサイカスタム
  東京マルイだとDEVGRUカスタムとして出ていますね。
  マルイ製には無い悩みだと思うんですが、
  こいつは箱出しだとギアノイズがひどくて即バラし。ていうかね、
  アキバの某ショップで購入したんですが、商品受け渡し前にすべからく動作チェック
  してくれるんですよ。まぁ、動きますわな。不具合ナシです。
  だがしかし……音聞いた時点で「帰ったらバラそう」って思うって……結構むなしいもんです。
  海外製のを買うならバラしてなんぼですけどね〜

  メカボ:APS強化メカボ 8mmベアリング
  スプリング:BATON110
  シリンダー:SHS加速シリンダー
  ギア:SHS 16:1 セクカ4枚(前3 後1)
  ピストン・ピストンヘッド・シリンダーヘッドも交換(略)
  配線:テフロンコード
  SBD:自作
  バッテリー:LiPo11.1v運用
  
  これ、11.1v運用するとセミがバースト(2発給弾)するんですよ。
  カットオフしきれていないんですね。
  その辺の経験から、ハイサイカスタムでのバースト対策を今後のブログネタにしたいと思います。

M4A1 プチハイサイカスタム
  最初は、マルイの旧M4A1だったのですが、今は「ダミーボルトキャッチ」以外当時の部品が
  残っていないかも(笑)
  もはやマルイのでもなんでもねー(笑) フロント周り、フレームのメタル化(G&P製)
  ストックも全換え。
  そして、長年自前ハイサイカスタムでぶん回してたらあちこち故障したので、
  一度秋葉原のBATONさんへ持ち込んでみました。ショップカスタムってどんなんだろと。
  すると、初速90m/sピッタリで、安定した感じに。
  BATONさん、ギアは18:1にするみたいですね。
  店員さんも、ハイサイはギアはノーマル比でセクカで対応するって言ってました。
  まぁ、実用的なハイサイって感じです。
  が、また酷使したらギア音がうるさくなったので、メンテ(シムセッティング)して、今は落ち着いています。
  あと、こいつも少しセミがバーストします。

ヅ豕マルイG3SAS 流速カスタム
  サバゲーでちょくちょく見かける(聞こえる)流速カスタムとやらを試しに製作。
  メカボ:ノーマル(首割れ対策) 気休めかもしれませんが。流速なのでいつかバッキリいきそう……
  スプリング:SHS M130(不等ピッチ)
  シリンダー:SHS フルシリンダー
  ピストン:BATON フルメタルティースピストン
  ピストンヘッド:BATON 流速ヘビーウェイトピストンヘッド
  シリンダーヘッド:マルイ純正に、BATON 流速ノズルインナーパイプを挿入
           (エポキシ樹脂ボンドで固定)
  ギア:SHS ノイズレスヘリカルギア 100:200
  インナーバレル:純正(208mm)を185mmにカット
           チャンバーパッキン用の溝をボンドで塗りつぶし加工
  チャンバーパッキン:どこかのストレートパッキンに、BATONの面ホップテンショナー  
  モーター:ICSTurbo3000
  SBD:自作(上記でスルーしたけどスイッチ焼けを低減するショットキーバリアダイオードです)
  バッテリー:LiPo11.1v運用
  
  さすがにこのスプリングレートにフルストローク、ノズル絞りでサイクルはトロめです。
  が、ギア比をトルク極振りの100:300や32:1ではなく100:200に留めたからか、
  流速カスタムにしてはそこそこ回ってるような。ヒマがあったらサイクル測ってみます。
  なお初速は0.2g適正ホップで 90m/s、0.28g適正ホップで81m/sでした。
  ホップ最大にしてもそんなに変わらず法定内。
  音は、流速の特徴らしく空打ちだと静か、弾を込めると「パカンパカン」鳴ります。
  実戦ではサプレッサーはつけず、ノベスケのハイダーが良い音するんでそっち付けています。
  基本セミオートメインで、遠距離スナイプに使用。遠距離&単発だと、「当たらないだろう」と
  思って油断した人に当たってくれる、そんな銃になりました。
  
  とまぁこういうラインナップになりました。
  次回は新たなカスタムということで、「お年寄りにやさしいM4(笑)」を紹介していこうと思います。

M4ハイサイカスタム(作業編その5:さらなるハイサイ)

はい。ずばり規定オーバーになったM4を直します。
初速が規定を超えたので、これを90台前半くらいに
補正しなければなりません。
方法はと言うと。

1)スプリングをノーマルに戻す
一番ダイレクトな解決法。でも芸がないので却下!

2)セクターギアを削り、ピストンストロークを
短くして初速を落とす。せっかくだからこっちで。 

※なぜセクターギアを削ると初速が落ちるか?
今は、ギアの歯を一枚も削っていません。購入時の
状態です。つまり、16枚分の歯でピストンを最後まで
後退させているわけです。
スプリングは強くしていますから、簡単に言うと
ノーマルより強い力で引いて戻している状態。
この歯を減らし、短く引いて戻すようにすれば威力も下がります。
サイクル向上にも多少つながるかも。

さて、大体の方針は決まりました。
あとは何枚の歯を削り落とすかです。
1枚削りでおおよそ5m/sくらい落ちると予想。
2枚で10m/s低下を見込んだ場合、だいたい92〜93くらいになれば
良いだろうなといったところ。

そして作業。
m4_0047
 ↑削る前。16枚の歯があります。

BlogPaint
 ↑削った後。2枚削ったので14枚になっています。
 
このギア、ただでさえ硬いのに、カスタムパーツなので
余計硬いです。せめて金工ヤスリやリューターが無いと
泣けます。

今回の作業はこんだけ。また元に戻して試射。

サイクルは24発/sと、作業前より2発/s増えました。
初速は計測待ち。


今回はここまで!
管理人プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ