FSSとか製作記

ファクトリーアライアンスがまったく開催されないので、ここ数年はC3がメインでガレキ製作してます!

キャバルリー あと少し

風邪を引いてました ( >д<)、;'.・

3週間も経つのに、イマイチ治りきらんのです。

扁桃腺が真赤に腫れているのに、
熱が36.0しかない!!

とても変な風邪でした。



そんな中、ちょっとずつ作業はしていたり。

2018-11-26 07.41.05


















塗装はほとんど終わったので、
細かいところを筆塗りしながら、
組んでいってます。


まだ、武器類の塗装が終わってません。
全体の色味を見ながら決めようと思っていたので。


今月中に完成したかった。。。

144プロジェクト行ってきました

2年ぶりに「144プロジェクト」に行ってきました。

このイベント、
サイズ的にもメカがメイン、いわゆるフィギュアがなく、
おかげで混雑することもないので、
ゆっくり観ることができて好きです。

版権モノは扱ってないので、
キャラ物は観るためのイベントですね。


2018-11-11 11.14.53











個人的、今年の目玉はRecklessさん。

2016年も出展していて、C3と違ってじっくり観られたので、
今回も期待して。

今回は写真のνガンダムとZプラスを展示。

こんな近くでゆっくり観れました♪


もちろんお買い物も!

2018-11-11 16.29.13












下の2つがReckless製。
マニピュレータと新作のスラスター

マニピュレータは以前も購入しているものをおかわりで!
500円値引いていた気が。

スラスターは単品発売は今回初のようでした。


写真上は、帰りにアキバに寄って。

ペイルライダーの改造パーツに使おうかと、
ゲルググの腕、武器を。

マンガ版のラストの仕様で使いたいなと。

キャバルリー 塗装に入ってます

アスタコのまとめやってる間に、
キャバルリーの進捗も貯まったので、
ここらでまとめます。


cav018











サフの続きから。

サフ吹いては、チャックして
ダメならパテ盛って削っての繰り返し〜。


cav019










削ったところアップ。


グレーサフOKのパーツは

cav020


















ガイアノーツ「サーフェイサーエヴォ ホワイト」
吹いていきます。


cav021












こんな感じです。

キレイな下地出てそうですが、
グレーでは気づかなかったキズとか
発見していくのですよ。これが。。


cav022












また1週間、下地処理して、
大丈夫そうなパーツを。


cav023












やり直しなパーツはグレー。
OKなパーツはホワイト。


cav024













今回から光沢パーツ部分は先に塗装して、
マスキングしてしまおうと。

アポジモーター、バーニア類ですね。

ガイアノーツ「ブラック」を下地に
シルバーを吹きます。


cav025












またまた1週間、下地作業後。


cav026











忘れていたパーツ出てきた!

これ、シェキナーから腰のスカートに
接続するパーツらしいですが、
バランス的にどんなホース選んでも
角度的に付かないんですよね。

とりあえず、シェキナーの方に取り付けで。


cav027












ぼちぼち塗装にも入ります。

赤いパーツは
フィニッシャーズ「ブライトレッド」

額のアンテナは
GSIクレオス メカニカルカラーセット「ネイブルシャイン」

本体の白は2パターンにしようと思ってます。
増加装甲はサフホワイトを活かして、
もともとの本体用として
ガイアノーツ「マーズ ライトグレー」


本体の紺色は
ガイアノーツ「マーズ ダークブルー」

今回はじめてバーチャロンカラーを使ってみます。


cav028












白とライトグレーの違い。

微妙な差ですが、
組み上げるとどんな効果になるか楽しみ^^


cav029












シルバーも吹きました。
いつもの
ガイアノーツ「スターブライトシルバー」

これ定番です。


この後はマスキング塗装入ります。

このキット、マスキング多めなんです。
でも、マスキングはそんな嫌いじゃないので
地道にいきます!

アスタコ 作業まとめ2

早くも今回でまとめ終わりです。


1/2、正月から作業しているよ。

ast49













年末からの続き。

左のデカイ、アームはサフまで磨いたので、
ベースホワイトを。

右の小さめアームはデカールまで終わったので、
クリアを吹きます。


1/3、休みをいいことに連日作業。

ast50












手前のホワイトを吹いたものにシルバーを。
乾いたら、シルバーまで終わっている
奥のパーツと合わせてブルーを吹きます。


ast51













これで基本塗装は終わり!


1/7

ast52












デカール終わったパーツを
クリア上掛け。


エアブラシ作業はすべて終了。

あとは光沢パーツを磨いて、
細かいパーツを筆塗りしていきます。


1/21、組み上げ。

ast53













やっと出来ましたよ♪

どうでしょう?
存在しなさそうなカラーリング。

リアリティはないけど、
こういうのも有りかな。
ヤン車っぽいけど。


ast54














後ろから見たとこ。

クリア後、磨いたので
デカールの段差は目立たないですよ。


ast55













アームには結構な数のホースがうねってます。
これがけっこう大変だった。。

これもゴムのような軟質パーツです。
接続部分も合わせて造形されているので、
シルバーを筆塗り。


ast56













アームがデカイですよね。
実物で考えると、よく支えられるものだと関心します。


本撮影は、半年以上開けて(サボって)8月ですが(*ノω・*)テヘ

2015年末に購入したので、
今回もたくさん寄り道して長い旅になりました。

たまには普段作らないものを作るのは大切だなと、
改めて実感しました。

そして、ガレキに帰るってことで、
ネモに行くわけです。


アスタコ作業まとめでした!

アスタコ 作業まとめ 1

やっと写真の整理がついてきたので、
主に自分の記録のためにまとめます。

この頃、すぐ忘れちゃうから(汗)


去年10月21日までアップしていたので、
その続きで昨年末まで。

基本的には平日にパテ埋めとかヤスリがけとかしてます。
塗装は主に週末に。


10/29の作業

ast31











このあたりから、
外装の塗装に入りました。

左の赤いのはエンジンパーツの塗り分けです。
エンジンはマスキングしまくりですよ。

足回りの塗装にも入りましたね。
フィニッシャーズ「セミグロスブラック」
右側はまだサフ吹いて下地処理中。

ast32









手前の黒いのは、
エッチングパーツをつけたとこです。
やっぱりエッチングは角がシャキッと立っていいですね。


11/4分。

ast33











ボディカラーのテスト用に
左のパーツで白、グレー、黒の三色。
この後、ブルーを上掛けします。


続いて11/5。

ast34









上掛けしたブルーは
ガイアノーツ・プレミアムカラー「ウルトラ・マリン・ブルー」

下地の色でだいぶ変わるのはわかっていたので、
白、グレー、黒を下地でテストです。

黒だとほとんどブルーはわかりませんね。

実はこれと別に、シルバー下地でも試して、
けっきょくシルバー下地に落ち着きました。


ast35









ボディの下地も進めつつ、
ダンパー類はいつもの
ガイアノーツ「スターブライトシルバー」


11/11

ast36










下地処理の終わったボディパーツ。

今回は光沢仕上げなので、
下地から磨き込みを。
サフのあと、ホワイトも吹いてます。


ast37














そしてシルバー。(奥のパーツ)

手前はシルバー前のホワイト。



11/12

ast38












キャタピラもいきます。
ゴム?柔軟樹脂??
変なクセがついてるので、伸ばしながら処理を。

GSIクレオス「ダークアース」
を軽く吹いてます。


そして奥のパーツをブルー塗ります。

ast39












ギラッとしていて、
なかなかいい感じ(´∀`)


11/23

ast40










ボディにデカール貼ったパーツを削ぎ出ししていくので、
フィニッシャーズ「オートクリア」
を吹いてきます。


キャタピラは伸びてきたので、
ドライブラシを。

たしか、シルバーでやったような。。。
いまいち覚えてない。。


11/26
ast41










パーツが多いので、
全部いっぺんに下地処理しないで進めたので、
下地塗装だったり、メインカラーだったり。


12/3
12月に突入。
とにかくパーツが多い!

ast42











デカイ方のアームはやっとサフ吹き。
パイピング類のパーツが細かい。。。

マスキングしているパーツ、実は

ast43










こんなところ、見えないと思ってたけど、
組んでみると思いっきり見えちゃうので、
下地塗装から本塗装、クリアまでいきます。


12/10
ast44












変わり映えなく、塗装は続く。。。


12/30 年末!
12月は仕事がつまり過ぎていて、
あんまりできなかったので、年末年始の休みで一気に進めるゾと。

ast45









指示通り重りを詰めます。

重りは近くの釣具屋で買ってきました。

収まりがよくわからなかったので、
何種類か買って、この細長いタイプを。

エポパテで固定しときました。


ast46







やっとボディが組めた!!

でも手前のアームパーツはまだ仮組み状態。。


12/31
ast47










大掃除とかやりつつ、隙間で塗装。

やっと大物アームを進めてます。
持ち手を作るの、けっこう悩んだ。


ast48











年末最終の塗装と下地サフ。
ゴールまであとちょっと!

今年へ続く。
(変な言葉だな)

ミッシングリンクのMSが揃ってく〜

またしても届いてしまった!
(注文したんだから当たり前だけど)

20181013

















プレバンで注文した

MS-08TX イフリート
RX-78-XX ガンダムピクシー
RX-79[G] 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)


実は、どれも単品だとどうかな。。
って思っていたものがまとめて注文できる
(送料が抑えられる)
タイミングだったので注文してしまったのです。

ゲームはしないので、
クロス・ディメンションはよくわかってないんですが、
大好きなマンガのミッシングリンクに出てくるので。

陸戦型ガンダムも1巻で出てくる、
あの仕様で作りたいと思ってます。

イフリートには、デカイ鎌を持たせたいですね♪


しかしプレバンもの、溜まってくな。。

キャバルリー サフと磨き

台風ですね。
週末天気悪いと、ベランダ塗装派には辛いです。


今日はすでに何度かやっている
サフして磨くの繰り返しを少し。


cav012












最初はある程度パーツごとに吹きます。

部位ごとに塊にすると
パーツ数はこんなものです。


cav013













1回目のサフは
ガイアノーツ「サーフェイサーエヴォ」

薄めのグレーです。

サフ吹くと、いきなり下地の現状がわかって、
たいていは愕然とすると。。

今回は、1回目で数個はOKになったのでよかったけど。


cav014














1週間かけて、
左半分と真ん中胴体パーツが磨けたので、
2回目サフへ。

だいぶ1回目のサフ、剥がされてます。
いつものことだけど。

前回より、パーツ分けてます。


cav015













2回目のサフは色変えました。
作業工程わかりやすくと思い。
ガイアノーツ「NAZCA メカサフLGHT」

なんかイケてそうだけど、
もちろん、また剥がすパーツは大量!

2回目で終わったパーツも少しはありましたが。


cav016













また1週間磨いて。
手前が1回目の磨いたもの。
奥が2回目を磨いたもの。


cav017












3回目のサフは同じ色です。
グレーサフはメカサフで何度も。

今回はグレーサフOKになったら、
ベースホワイトを吹こうと思ってます。

本体の白をホワイトと
薄いグレーにしようと思っているので、
白はベースホワイトをそのまま使いたいのと、

赤やイエローの下地は、
白で行くためです。


下地作業、まだまだ続くさ!

Marillion 先週のライヴ早くもリリース!

模型ネタじゃなく失礼。

9/13、15、16と
「Marillion Weekends」として
来日していたMarillion、

1週間も立たずに全公演の音源がリリースされました!

KAWASAKI-1











僕はこの9/15のチッタ公演行ってきました。

まさか、こんなに早く音源が聴けるなんて、
感無量です。。


Marillionって、日本では地味な存在ですけど、
イギリスでは自国の英雄的存在なんですよね。

イギリスだけでなく、
ヨーロッパ、北米圏も凄い人気なのに、
日本では去年、久々の来日公演がなんと23年ぶりだったと!!

去年は来日公演、知らなかったんですよね。
もうよくても5年は来ないと思ったので、
行けなかったのが悔しいのなんのって。。


それが、たった1年で来日してしまった!!

しかも、アルバムのツアーとは別に、
世界各国で開催している「Marillion Weekends」として!!!


なんですか!?
今後は毎年来てくれちゃうんですか??

毎年はダメでも、
せめて2年に1度くらいはぜひ!


前回の公演、会場が埋まってなかったと聞きましたが、
今回の公演ではそんなこともなく、
立ち見まで出てましたね。


しかし、日本のプログレファンは
とにかく余計な音を出さないようにして、
しっかり聴き込みますね!

他の国では、客がずっと歌いぱなしらしいですけど。

自分は典型的な日本のファンなので、
心地よい空間でしたけど(^^)


音源ですが、
演奏された曲はすべて収録されているようです。
(僕が行った日しかわからないですが)

曲間の客とのやり取りや、
アンコールの間などはカットされているので、
全体的に10分くらい短縮されているようです。


(前回は軽く聴いてしまっていたので
気づいてなかったですが、
じっくり聴くと、
曲間はカットされていないようです。
全体時間もアンコールの間くらいなので、
数分ですね。
失礼しました!)


音源として聴く分には、この編集でありだと思います。


3公演分買っても、2000円しないので、
興味ある方はぜひ。

RACKET RECORDS

染みますよ。


そういえば、去年の公演は出ないのかな?

キャバルリー 仮組み

cav007


















仮組みました!


V字アンテナないと、キャバルリーっぽくないヽ(TдT)ノ

でも、雰囲気はつかめるかな。


やっぱりシェキナーのインパクトが凄いですね。
ビシッとエッジを出したいとこです。


cav008













プロペラントタンクとシェキナーによる、
前後バランスが取れた!

立ってよかった。。
とりあえず、課題の1つはクリアかな。

バーニア類とか、細かいパーツまだつけてません。



cav009











シェキナーはキャバルリー本体に。
シールドとビームライフルは増加装甲に、それぞれ付属してました。

せっかくなので武器は両手持ちで。
この方が、重装甲感高まるかなと。


アンクルガードの位置が、
右足はいいけど、左足が決まらない(´?д?;`)

どうも長さが寸詰まって見えるので、
足首で、少しかさ上げしましょう。


cav010














アンテナが細か過ぎて、先っちょが折れてしまった。。。

レジンから削りだしで作成。
(真ん中)

まだバランス悪いので、
このあと調整してきます。


cav011


















これも課題の、
ビシッと立たせるための補強。

組むとまったく見えなくなるので、
思い切って、真鍮線で上下左右から固定。

見えないけど、パーツは磨きこみます!


この後は微調整やら、
細かいパーツも仮組んで、
地味な下地処理〜〜。

ウーンドウォートとジムスナイパーカスタム

ウチにも届きました!

2018-09-20 21.36.58


















ウーンドウォートとジムスナイパーカスタム

もちろんプレミアムバンダイです。


まさかウーンドウォートがキット化されるとは!ですね。
ほぼ新規金型なんじゃないですか?

ただのバリエーション展開だけじゃない
ラインナップがありなら、
まるでB-CLUB時代のようですね(⌒-⌒)



ORIGIN MSDのジムのシリーズ展開、
評判いいですね。

僕的には胸元のパーツが縦長なのが気になりますが、
スナイパーカスタムがキット化されたのは嬉しいです。


さて、来月も届いてしまうんだよな〜

いつ作れる??
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ