長期投資で資産形成を目指すオヤジの独り言

人生90年時代!長~いリタイア後の生活を充実させていくために、長期の視点で資産形成を目指しつつ、趣味、旅行、日常生活、世の中の出来事、さまざま、独断と偏見も入りますが、つぶやいていきたいと思います。 読んで頂いた方からのフィードバックも楽しみです!

充実のHappy retirementを目指して長期投資で資産形成を目論む毎日!

1962年生まれ

新年になって3日目が終わろうとしている。
今頃になって、昨年の成績を振り返るのも少し間抜けな感じではあるけれど、やはりけじめなので振り返っておきたい。

結論から言うと、あれだけ株式市場が世界的に好調だったのだからもっと運用利益を大幅に伸ばせたはず、と言うことになるのだけれど、自分の昨年の投資方針は、『キャッシュポジションを厚めにして暴落に立ち向かえる用意をしておく』であったので、機会損失は致し方ない。

あまりに下落局面がなさ過ぎたので途中から投資方針を変更して、投資信託は、毎積立の本数と額を増やしていき、米国株式は、マネックス経由のWISDOM TREEとNISAを使って買付手数料無料のETF買いを少しづつ増やし何とか上昇トレンドのお零れに与ることが出来た。

投資経験が長くなるにつれて思うことは、所謂株の専門家(証券会社のストラティジストやアナリスト、その他独立系で株式市場の予想や分析をしている人達)の言うことほど当てにならないものはない、ということだ。この人たちは自分が言っていることが当たらなくてあたりまえ、ぐらいの気持ちで喋ったり書いたりしているのだろう。

結局、自分で情報を収集・分析して投資判断していくしかない。それで外れても納得感が得やすい。
そういう意味では、英国の経済紙 The Economist にはこれまで良い指針を与えてもらってきたと思う。
The Economistのお蔭で、チャイナショック前に中国市場に投資する投資信託を売り抜けることもできたし、上述したように昨年途中から投資方針を切り替える踏ん切りになるヒントも授けてもらった。

なかなか夢のアーリーリタイアメントが実現しそうなほど資産が大きく積み上がってくれないけれど当面安全運転を続けていこうと思う(暴落を待ちながら。。。。。)。


夢見るオヤジ Fund  投資成績

投資信託 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171229

¥10,032,196

13.1%

6.2%

2017121

¥9,973,694

12.4%

5.6%

20171027

¥9,888,677

11.5%

4.7%

2017929

¥9,757,595

10.0%

3.3%

201791

¥9,669,063

9.0%

2.4%

201784

¥9,658,880

8.9%

2.3%

201777

¥9,625,146

8.5%

1.9%

201762

¥9,620,935

8.5%

1.8%

2017428

¥9,499,305

7.1%

0.6%

2017331

¥9,472,971

6.8%

0.3%

201733

¥9,510,658

7.2%

0.7%

201716

¥9,488,887

7.0%

0.5%

20161230

¥9,446,186

6.5%

 

2016122

¥9,245,168

4.2%

 

2016930

¥8,780,235

-1.0%

 

2016729

¥8,862,500

-0.1%

 

201671

¥8,519,412

-4.0%

 

2016527

¥8,908,755

0.4%

 

20164月末

¥8,870,950

 

 

 

 

 

 

日本株式 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171229

¥3,205,489

121.8%

20.9%

2017121

¥3,034,700

110.0%

14.5%

20171027

¥3,088,661

113.7%

16.5%

2017106

¥2,943,880

103.7%

11.1%

2017929

¥2,926,840

102.5%

10.4%

201791

¥2,907,252

101.2%

9.7%

201784

¥2,932,993

103.0%

10.6%

201777

¥2,936,094

103.2%

10.8%

201762

¥2,911,012

101.4%

9.8%

2017428

¥2,722,100

88.4%

2.7%

2017331

¥2,610,656

80.7%

-1.5%

201733

¥2,719,274

88.2%

2.6%

201716

¥2,784,790

92.7%

5.1%

20161230

¥2,650,903

83.4%

 

2016122

¥2,303,802

59.4%

 

2016930

¥1,109,923

-23.2%

 

2016729

¥1,029,662

-28.7%

 

201671

¥669,869

-53.6%

 

2016527

¥1,356,780

-6.1%

 

20164月末

¥1,445,048

 

 

 

 

 

 

米国株式 (gross)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171229

$12,129.67

131.2%

72.7%

2017121

$11,722.47

123.4%

66.9%

20171027

$10,179.46

94.0%

44.9%

2017106

$8,614.15

64.2%

22.6%

201791

$8,034.48

53.1%

14.4%

201784

$8,580.40

63.5%

22.2%

201777

$7,862.77

49.9%

11.9%

201762

$9,138.34

74.2%

30.1%

2017428

$8,308.76

58.4%

18.3%

2017331

$8,001.61

52.5%

13.9%

201733

$8,370.08

59.5%

19.2%

201716

$7,492.07

42.8%

6.7%

20161230

$7,024.32

33.9%

 

2016122

$6,158.23

17.4%

 

2016930

$6,858.74

30.7%

 

2016729

$7,285.55

38.9%

 

201671

$9,164.78

74.7%

 

2016527

$6,835.47

30.3%

 

20164月末

$5,246.90

 

 

 

トランプ氏が大統領選挙に勝って一年近くが経つ。
北朝鮮との緊張を高めて地政学リスクを拡大させただけで、大した成果もなく、支持率も低迷したまま。

それでも米国の株価は押し目らしい押し目もなくどんどん上昇を続けて最高値を更新してきた。

こんな大統領でも株価が最高値を更新するのだからよっぽと株価上昇の条件が整っているのだろう。

暴落がいつ来てもいいように高めのCPを維持しつつ、8月頃から
マネックス証券でNISAやウイズダムツリーETFを利用して手数料をかけずに少しづつ米国株の持ち株数を増やすという慎重な投資を行ってきてたので、わずかながらも資産が増えてきた。

AIやロボット、IoT、自動運転、ドローン、ビックデータ、シェルエネルギー、G5 
(第5世代モバイル通信システム)、再生医療、バイオ、フィンテック、、、、

物価も金利も上がらなくなって久しいけれど、世の中が一変するくらいの大きなイノベーションが実現する一歩手前位まで来ているとすると、もしかすると今がターニングポイントなのかもしれない。
50年に1度の大きなイノベーションが起きる前にはデフレの状況が起きるらしい。

そうだとすると、暴落待ちの姿勢から、相場にくっ付いて行くこともありかもしれない。時間と資産を分散させながら。




夢見るオヤジ Fund  投資成績

投資信託 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171027

¥9,888,677

11.5%

4.7%

20171020

¥9,839,716

10.9%

4.2%

20171013

¥9,817,058

10.7%

3.9%

2017106

¥9,778,172

10.2%

3.5%

2017929

¥9,757,595

10.0%

3.3%

201791

¥9,669,063

9.0%

2.4%

201784

¥9,658,880

8.9%

2.3%

201777

¥9,625,146

8.5%

1.9%

2017623

¥9,631,048

8.6%

2.0%

201762

¥9,620,935

8.5%

1.8%

2017526

¥9,586,237

8.1%

1.5%

2017428

¥9,499,305

7.1%

0.6%

2017331

¥9,472,971

6.8%

0.3%

201733

¥9,510,658

7.2%

0.7%

201716

¥9,488,887

7.0%

0.5%

20161230

¥9,446,186

6.5%

 

2016122

¥9,245,168

4.2%

 

2016930

¥8,780,235

-1.0%

 

2016729

¥8,862,500

-0.1%

 

201671

¥8,519,412

-4.0%

 

2016527

¥8,908,755

0.4%

 

20164月末

¥8,870,950

 

 

 

 

 

 

日本株式 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171027

¥3,088,661

113.7%

16.5%

20171020

¥2,964,844

105.2%

11.8%

20171013

¥2,970,938

105.6%

12.1%

2017106

¥2,943,880

103.7%

11.1%

2017929

¥2,926,840

102.5%

10.4%

201791

¥2,907,252

101.2%

9.7%

201784

¥2,932,993

103.0%

10.6%

201777

¥2,936,094

103.2%

10.8%

2017623

¥2,980,609

106.3%

12.4%

201762

¥2,911,012

101.4%

9.8%

2017526

¥2,862,081

98.1%

8.0%

2017428

¥2,722,100

88.4%

2.7%

2017331

¥2,610,656

80.7%

-1.5%

201733

¥2,719,274

88.2%

2.6%

201716

¥2,784,790

92.7%

5.1%

20161230

¥2,650,903

83.4%

 

2016122

¥2,303,802

59.4%

 

2016930

¥1,109,923

-23.2%

 

2016729

¥1,029,662

-28.7%

 

201671

¥669,869

-53.6%

 

2016527

¥1,356,780

-6.1%

 

20164月末

¥1,445,048

 

 

 

 

 

 

米国株式 (gross)

 

累積運用利益額

20164月末比

昨年末比

20171027

$10,179.46

94.0%

44.9%

20171020

$8,996.17

71.5%

28.1%

20171013

$8,963.74

70.8%

27.6%

2017106

$8,614.15

64.2%

22.6%

2017929

$8,594.67

63.8%

22.4%

201791

$8,034.48

53.1%

14.4%

201784

$8,580.40

63.5%

22.2%

201777

$7,862.77

49.9%

11.9%

2017623

$9,039.45

72.3%

28.7%

201762

$9,138.34

74.2%

30.1%

2017526

$8,502.12

62.0%

21.0%

2017428

$8,308.76

58.4%

18.3%

2017331

$8,001.61

52.5%

13.9%

201733

$8,370.08

59.5%

19.2%

201716

$7,492.07

42.8%

6.7%

20161230

$7,024.32

33.9%

 

2016122

$6,158.23

17.4%

 

2016930

$6,858.74

30.7%

 

2016729

$7,285.55

38.9%

 

201671

$9,164.78

74.7%

 

2016527

$6,835.47

30.3%

 

20164月末

$5,246.90

 

 

 
(ご注意)
当ブログに掲載されているコメントは、投資を推奨するものでも、助言を意図するものでもありません。また当ブログに書かれている事は全て正確であるとは限りません。投資は自己責任でお願い致します。


世界的に株式相場が好調なようだ。
この波に乗って2年前位まで抱えていたポジションをそのまま維持していたら今頃かなり累積の運用利益額は増えていただろう。
特に昨年一年間で大幅にキャッシュ化してしまったので、今年は利益の蓄積額が悲しいほどに少ない。

でも、今は、かなり保守的に、時間と資産の分散を心がけているので、大損ぶっこくことはないだろうという安心感はある(英国の銀行に置いてあるポンド預金だけは、物凄く気になるのだが、途中解約できない定期預金に預けてしまっているので来年2月まではノーコン状態だ。。。)。

従って、今年のMyPFの運用状況は変動がとても少ない(よく言えば安定しているのだけれど、儲け損ねているとも言える)。

儲け損なった、という思いが強くなると、ついつい、自分自身の本来の投資目的を忘れがちになってしまっていることに気付いた。

私は、旅行が好きで、引退したら、のんびりといろんなところに旅したいと思っている。行きたいところリストは盛り沢山だ!

将来定年退職して、旅行していない時は、家庭菜園をしたりスポーツをしたり、また、これまでの経験や能力を生かして社会貢献できるような仕事も少しはしたい。

私にとって投資は、そんな引退後の生活を実現するための手段であって投資自体が目的ではない。

人によっては、死ぬまで働きたいという人もいる。それはそれでその人の価値観、人生観だろう。

私は、南の島派だ。

 

 

夢見るオヤジ Fund  投資成績

投資信託 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

2017106

¥9,778,172

10.23%

2017929

¥9,757,595

9.99%

201791

¥9,669,063

9.00%

2017811

¥9,646,115

8.74%

201784

¥9,658,880

8.88%

201777

¥9,625,146

8.50%

2017623

¥9,631,048

8.57%

201762

¥9,620,935

8.45%

2017526

¥9,586,237

8.06%

2017428

¥9,499,305

7.08%

2017331

¥9,472,971

6.79%

201733

¥9,510,658

7.21%

201716

¥9,488,887

7.0%

20161230

¥9,446,186

6.5%

2016122

¥9,245,168

4.2%

2016930

¥8,780,235

-1.0%

2016729

¥8,862,500

-0.1%

201671

¥8,519,412

-4.0%

2016527

¥8,908,755

0.4%

20164月末

¥8,870,950

 

 

 

 

日本株式 (net)

 

累積運用利益額

20164月末比

2017106

¥2,943,880

103.7%

2017929

¥2,926,840

102.5%

201791

¥2,907,252

101.2%

2017811

¥2,856,759

97.7%

201784

¥2,932,993

103.0%

201777

¥2,936,094

103.2%

2017623

¥2,980,609

106.3%

201762

¥2,911,012

101.4%

2017526

¥2,862,081

98.1%

2017428

¥2,722,100

88.4%

2017331

¥2,610,656

80.7%

201733

¥2,719,274

88.2%

201716

¥2,784,790

92.7%

20161230

¥2,650,903

83.4%

2016122

¥2,303,802

59.4%

2016930

¥1,109,923

-23.2%

2016729

¥1,029,662

-28.7%

201671

¥669,869

-53.6%

2016527

¥1,356,780

-6.1%

20164月末

¥1,445,048

 

 

 

 

米国株式 (gross)

 

累積運用利益額

20164月末比

2017106

$8,614.15

64.2%

2017929

$8,594.67

63.8%

201791

$8,034.48

53.1%

2017811

$8,809.47

67.9%

201784

$8,580.40

63.5%

201777

$7,862.77

49.9%

2017623

$9,039.45

72.3%

201762

$9,138.34

74.2%

2017526

$8,502.12

62.0%

2017428

$8,308.76

58.4%

2017331

$8,001.61

52.5%

201733

$8,370.08

59.5%

201716

$7,492.07

42.8%

20161230

$7,024.32

33.9%

2016122

$6,158.23

17.4%

2016930

$6,858.74

30.7%

2016729

$7,285.55

38.9%

201671

$9,164.78

74.7%

2016527

$6,835.47

30.3%

20164月末

$5,246.90

 


 (ご注意)
当ブログに掲載されているコメントは、投資を推奨するものでも、助言を意図するものでもありません。また当ブログに書かれている事は全て正確であるとは限りません。投資は自己責任でお願い致します。

国連の2017年版人口予測によれば、米国は、これからも人口が増え続けて2050年には現在よりも20%増加する見込み。日本は、2050年には現在よりも15%弱の減少が見込まれている。

両国の国民の平均年齢の違いも大きい。WHOの2013年の発表によると、日本国民の平均年齢は、世界で最も高くて45.9才、米国は40位で中国と並んで37.4才だそうだ。

因みにインドは、2050年には今よりも人口が25%近く増加する見込みで、2013年現在の平均年齢は26.4才。
世界人口は、2050年には今(75.5億人)よりも29%以上増える見込みで、平均年齢は28.2才。

見通しの暗い日本から世界に視点を移せば、絶好の投資機会が待っているように思える。
超長期的な視点に立った投資手法ではあるけれど。。。。


(ご注意)
当ブログに掲載されているコメントは、投資を推奨するものでも、助言を意図するものでもありません。また当ブログに書かれている事は全て正確であるとは限りません。投資は自己責任でお願い致します。

日本株は、9月8日時点で日経平均株価が¥19,274と、昨年末終値(¥19,114)から殆ど変わっていない。これまでのところ1000円程度の狭いレンジに張り付いてきた感じだ。
一方で米国株は、9月8日時点でダウ平均株価が$21,797で、昨年末終値($19,762)から10%以上上昇している。
日米ともに企業業績は好調でどちらも今期は10%以上の増益が見込まれているようだ。であるならば、、、、この差は何なのか?

やはり、地政学リスク、平たく言えば北朝鮮問題の影響が大きいのだろう。
昨日(9月9日)の北朝鮮建国記念日は、結局は何も起こらなかったけれど、メディアでよく報道されているように、11日(日本時間12日)の国連安全保障理事会による追加制裁決議案の採決内容を見極めるまで北朝鮮としても動きづらいだろうと思う。

米国の主張通りに採決されなくても、これまでの制裁決議よりは厳しいものになるのは確実だ。
だからと言って、北朝鮮が交渉の席に着くとは思えない。金正恩委員長が、核開発や軍備増強を進める以外の方法で、今の北朝鮮の体制を維持するのは困難と思えるからだ。
金正恩委員長は、核放棄を迫られる6か国交渉のテーブルに着くことは出来ないし、核兵器の開発をやめるわけにもいかない。そうなれば結局国際社会からの制裁はどんどん厳しくなって体制崩壊が現実味を帯びてくる。そこまで追い込まれると、本当に何をしでかすかわからない危険な状況になりそうだ。そうなる前にアメリカが先制攻撃を仕掛けるかもしれない。

こうした状況で、個人的には、今は、積極的に投資しようという気にはなれない。


(ご注意)
当ブログに掲載されているコメントは、投資を推奨するものでも、助言を意図するものでもありません。また当ブログに書かれている事は全て正確であるとは限りません。投資は自己責任でお願い致します。

↑このページのトップヘ