index
ラティオス@メガネ
ハッサム@メガ石
ゲッコウガ@白いハーブ
ファイアロー@ゴツメ
ブラッキー@タラプ
ライコウ@たべのこし

【はじめに】
この年(27さい)になって初めてオフに出てきました。
第3回JPNOPENで使った構築です。
今回は水統一でも何でもないです。
のろいバトンからの白いハーブアクロバットがやりたかった構築。
試運転でも本番でもかなりのポテンシャルを感じたので、もうちょっとブラッシュアップすれば結構いい感じにまとまると思います。
ポケモンうまいみんなにあとは任せた。


【コンセプトをざっくり解説】
ファイアローかラティオスで場を荒らしてから相手の特殊技に対してブラッキーに引くことでタラプ発動。
ブラッキーでのろいを積んでバトンでメガハッサムかゲッコウガ(ファイアロー)に繋いで勝つスタイル。


【個体解説】
○ブラッキー
特性:シンクロ
性格:おだやか
持ち物:タラプのみ(特殊技を受けるとD1段階アップ)
実数値:202-65-162-**-166-85
努力値:252-0-252-0-4-0
技構成:のろい バトンタッチ つきのひかり イカサマ

この構築の肝。そして今大会で一番働いた子。おつかれさま。
先発のアローでいろいろとけん制しつつ、ブラッキーで特殊技を受けてタラプ発動させる。
そこからのろい積んでバトンタッチすることで攻撃も耐久も上がったエースが登場する。
のろいは欲張らないのが吉だと思う。
意表をついた1回もしくは2回くらいにしとかないと、なんやかんやバトンできなくて死ぬ。

のろいバトンは加速バトンと違って後攻バトンができるので、無傷でつなげる点が特徴。
しかも耐久も上がるので違った運用ができるのも楽しい。

イカサマはのろいとアンチシナジーに見えるけど最低限の仕事をするために採用。
ある試合では体力満タンのメガクチートにも勝てたし大きかった。

調整は特になしでぶっぱ


○ファイアロー
特性:はやてのつばさ
性格:ようき
持ち物:ゴツゴツメット
実数値:175-102-123-**-91-170
努力値:172-4-252-0-12-68
技構成:おにび ちょうはつ はねやすめ ブレイブバード

先発で場を荒らすマン。
物理相手に鬼火を撒いたり、補助技主体のやつに挑発撒いたりすることで起点を作る係り。
鬼火さえ入ってしまえばブラッキーで安心して積む隙ができるのでとにかく無駄でもよいから鬼火うつ。

たまらず出てきた特殊からの攻撃を読んでブラッキーに交代してDを上げてからバトンで戻してみたいな動きもできる。
このときHDアローっぽい動きもできて楽しいというのは収穫だった。
ブラッキーが無理な格闘とかフェアリーに対して強めなのもGood

実はブラッキーのバトン先としても優秀(ブレバが先制技+鬼火が効かない+はねやすめで先制回復)なので、
一人で起点作成+抜きエースみたいなことできてかなりつよい。
このシナジーはもっと使われてもよいと思う。
ブラッキーの苦手なフェアリーと格闘をタイプ的に抑える役割も持ってるすごいヤツ

今大会では鬼火外さないしエッジよけるしで一番活躍したかも。

調整
S:ガブ抜き
B:ぶっぱ
残り適当に


○ハッサム
性格:いじっぱり
特性:テクニシャン⇒テクニシャン
持ち物:メガストーン
実数値:177-199-121-**-101-86
   ⇒177-221-161-**-121-95
努力値:252-244-4-0-4-0
技構成:バレットパンチ どろぼう つるぎのまい はねやすめ

バトン先の第一候補。
剣の舞と泥棒のおかげでクレセリアなんかにも臆することなく選出できたのがいいところ。(ゲッコウガではこうはいかない)
はねやすめで回復できるのもよい。
のろいブラッキーに対してフェアリーが出てきて、
そこにのろい→バトンでハッサム降臨して起点として抜いていくのが一番きれいな流れ

炎タイプが相手にいる場合にどうするかが悩ましいところ。
正直まだ立ち回りに慣れていないのもその部分。

調整:特になし


○ゲッコウガ
特性:変幻自在
性格:陽気
持ち物:白いハーブ
実数値:148-147-87-**-91-191
努力値:4-252-0-0-0-252
技構成:アクロバット けたぐり かげうち いわなだれ

バトン先第二候補。ハッサムとファイアローに仕事を奪われた人
相手に炎タイプがいるとハッサムよりこっちがバトン先になる。
のろいバトンで白いハーブを発動させてアクロバット連打すると強いはず。
ただパーティにファイアローがいるせいで相手も飛行技に薄い選出にはしてこないため、残念な結果に。
コンセプトの中心だったので無理矢理入れたけど案の定だせなかった。
こだわらなくてもよかったと反省。

調整:特になし

○ラティオス
特性:浮遊
性格:おくびょう
持ち物:こだわりメガネ
実数値:156-95-98-182-130-178  ※非理想
努力値:4-0-0-252-0-252
技構成:サイコキネシス 流星群 なみのり トリック

ややこしいやつをメガネトリックで機能停止させて起点作るやつ。
あとは特殊技(シャドボ、悪の波動、冷凍ビーム)を誘うのでブラッキーの起点にしやすいはず
ハッサムが苦手な炎に強め

こいつも動かし方が下手だった。
もっと活躍させてあげたかった。

一応ラティハッサムっぽくするというブラフの意味もあった

調整:特になし

○ライコウ
特性:プレッシャー
性格:おくびょう
持ち物:たべのこし
実数値:193-89-96-139-118-180  ※非理想
努力値:220-0-24-32-4-228
技構成:10万ボルト めざ氷 みがわり めいそう

ただのみがわり瞑想ライコウ
対零度スイクンのためだけに追加した枠。
あまり当たらなかったので選出もほぼなし。

調整
H:みがわりと食べ残しの調整
B:マリルリ意識
S:化身ボルト抜き
C:残り


【使用感と反省】

ファイアロー、ブラッキー、ハッサムと選出しているときはかなりかみ合っていい勝負ができていた。
この3匹に関しては文句なし。みんなもぜひつかってほしい。
特にファイアローが起点作りかつバトン先候補というとんでも性能だったので超楽しかった。
ブラッキーかわいい。

残りの3匹は大した活躍もなく機能不全だったのでもう少し練る必要がある。
ただしのろいバトンからの白いハーブに関しては対戦相手のウケもよかったのでアクロバットにこだわらず試したい。

ブラッキー自体はちょうはつなんかに弱いんだけど、そういう対策ポケモンはすぐ出てこなかった(読まれなかった)ので、
パーティの組み方としては良かったと思う。
のろいを一回積んで即バトンすること自体は完全に読まれない限り問題ない
→初手の鈍いを読まれない限りはバトンできるので。

あと、天候の砂は月の光の回復が間に合わなくなるのでつらかった。


【結果】
予選はなぜか5-2で抜けてしまった。
正直なところ完全に予想外でずっとフワフワしてた。
予選に関してはどの試合も熱戦というかギリギリの勝負だったので、この5-2は完全にうまくかみ合ったとしか言いようがない。
こういう変な構築だったから相手のプレミをもしかしたら誘えていたというのもあるかもしれない。

決勝トーナメントの1回戦は相手パーティにリザードン、スイクン、バンギラス(砂)そしてエルフーンがいた。
完全にやられたなーという感じで案の定負けた。
ただしプレイイングミスと選出ミスがなければもっといい勝負できてたので、その辺は実力不足かなーと。

まぁでもオフ初出場にしては上出来すぎる結果で僕満足。


【選出と戦績】
sennseki


ハッサム選出出来た試合全部勝ってるやん!!
そしてブラッキー氏堂々の全選出。

最後の試合は完全に刺さってないブラッキーを出してしまって負けたけど、これは仕方がない。
ゲッコウガやったぁ・・・


【オフレポのようなもの(感想)】
初めての対戦オフに出てきました!
まずは主催のJPNさん、スタッフのさちさん、えるるさん、ばっどさん、サントスさん、トスタポンテさん、スッタフの佐々木さん(陽介さん)本当にお疲れ様でした。
とても楽しいオフでした。ありがとうございました。

正直なところ、自分なんかが行っても大丈夫かとびくびくしながら参加したんですよね(年齢的にもね)
会場の雰囲気もなごやかで、同じ中国ブロックの人達とも和気あいあいできてとても楽しかった!
特にミスターSさんとてのりさんがお菓子だしてくれたりワイワイ話してくれたのがほんとよかった。
自分も次のオフは雰囲気和やかにできる係になりたいですね。
目標だったポケとも増やすのも達成できたし、ほんとよかったな~

同じブロックだった、バンリさん、てのりさん、シロさん、ミスターSさん、ハリーさん、えすぺんさん、こうりんさん本当にありがとうございました。
そして会場で絡んだすべての人、よければこれからも仲良くしてください。
ありがとうございました!