天皇賞・春
◎リンカーン
○ハーツクライ
▲ヒシミラクル
注シルクフェイマス
△サンライズペガサス

banar
リンカーン
去年の天皇賞・秋のときパドックでみたリンカーンはすごくこじんまり映り、全く出来上がっていない状態でした。無理せず休みを挟んだ前走阪神大賞典は明らかに余裕残しの造りで、上積みを狙っているのが分かりました。そして今回、陣営の思惑通りグッと良くなってきました。全体の張りが今までで1番いいんじゃないかと思います。長距離適正も高く、文句は無いと思います。

ハーツクライ
前走の大阪杯のときフォトパドックで◎を打ちました。それだけ状態が戻ってきていたし、他と比べても全く遜色ありませんでした。結果2着は位置取りの差とも思いますが、きちんと古馬に通用するくらい成長したんだと思います。今回もさらにデキは上向き、状態としてはダービー時かあるいはそれ以上だと思います。

ヒシミラクル
どうやらいまのところ1番人気っぽいですね。実績上はG毅馨,任垢ら不思議ではないんですが、なんか変な感じ(笑)。去年の復帰したばかりのころはまだまだ絞りきれていなくて、太めの状態でした。それから有馬記念のときはだいぶ絞れてきましたがまだお腹が丸く映る、もともとそういう体型の馬ですがそれでも太い状態。京都記念時は写真が無いんですが、今回はお腹周りもだいぶスッキリし、張りも良い状態です。この馬は調子がいいときは調教でも坂路をまっすぐ駆け上がりますし、銭型もくっきりと浮き出てきます。今度こそ復活を期待です。

シルクフェイマス
去年の天皇賞・秋のときは見るからに細い状態でした。有馬記念のときはモニターで見たんですが、まだ細めに映るものの体重は+14圈8た目ではなく、中身をきっちり作ってきたということでしょう。そんな昨年末と比べると細さも無く、状態は出来ていると思います。ただ、個人的には昨年の宝塚記念時が1番良かったように思います。当時は本当に張り抜群でしたから。それと比べるとちょっと劣るんですが許容範囲です。

サンライズペガサス
状態面ではかなり良く、絶好調と言ってもいいくらいだと思います。ただ、やっぱり重厚感のある馬体なので、距離が心配です。3年前もかなり良い脚を使うも5着まで。脚の使いどころが難しいと思います。

アイポッパー
デキはこちらも絶好調と思わせます。ただ、やっぱり脚が短め。3200mはちょっと長いと思います。万葉Sは前半39.9秒の超スロー。決め手を生かす展開になればその短い脚が功を奏するかもしれませんが、このレースでは厳しと思います。

アドマイヤグルーヴ
前走は明らかに太かったです。この馬はかなりほっそり映るときが好走するときだと思います。見た目では前回とそんなに変わったようには見えません。当日の馬体重で判断できると思います。それでも、距離は微妙ですが。

マカイビーディーヴァ
馬体的には長距離は合ってそうではあるんですが、サンライズペガサス同様やや筋肉量が多めな感じ。スタミナと共に軽いスピードを求められる日本の長距離戦では割り引いて見たいです。

ザッツザプレンティ
薄くほっそりした造りで、これぞ日本的ステイヤーという感じです。ただ、あんまり成長していないというか、見た感じ3歳時とあまり変わって無いようにも見えてしまいます。思ったほど一叩きの効果が感じられません。

マイソールサウンド
相変わらず調子は良さそうです。ただ、どっからみてもステイヤーではありません。2000m前後がベストっぽい感じです。さすがに2度目は無いと思います。

トウショウナイト
今年の上がり馬だと思うんですが、他のメンバーと見比べるとちょっと・・・。去年のシルクフェイマスほどの印象はありません。

ユキノサンロイヤル
いかにもサンデーと言った感じの馬。このタフさは母父ガルチの影響だと思います。やはり3200mはちょっと長いと思いますし、横の比較でも見劣ります。

以下、写真は無いけど過去に見たことある馬。
スズカマンボ
この馬は菊花賞のときも指摘したんですが距離が長い。

チャクラ
小柄な馬なんですが、なんともモッサリ映る馬。調子がいいときはちゃんと張り具合に出るので当日見れば分かると思います。

ハイアーゲーム
3400mのダイヤモンドSでも終いあまり伸びませんでしたし、ダービーのときも最後は一杯一杯のように見えました。馬体的には脚がそんなに長いほうでもなく、思ったよりストライドが伸びないのかなという印象。というか、そもそもスタミナに疑問を抱いています。