日本ダービー
◎ディープインパクト
○インティライミ
▲マイネルレコルト
注アドマイヤジャパン
△ダンツキッチョウ

banarクリックお願いします。
◎ディープインパクト
写真や実際のパドックで馬を見て、素質が抜けていると感じさせてくれる馬にはなかなかめぐり合えないものです。せいぜい「この馬としては絶好調」というくらい。しかし、ディープインパクトを初めて見た弥生賞。当時の記事にも書きましたが、「モノが違う」と感じました。
馬体面でも、ケチの付けようが無く、まさしく不動の本命です。

○インティライミ
2歳時に見た印象は良かったものの、まだ、馬が出来上がっていない状態でした。約9ヶ月ぶりに見た印象は当時とはガラッと変わって逞しくなりました。距離適性、デキ、共にこちらも文句無しです。

▲マイネルレコルト
この馬は血統的なものもあると思いますが、まだ、成長は止まってないと思います。デキの面でも、朝日杯FS、弥生賞、皐月賞と見てきて、徐々に上向いてきていました。今がピークではないかと思わせるような張り。距離に若干の不安はありますが、ギリギリなんとかなる範囲だと思います。

注アドマイヤジャパン
正直、皐月賞より良くなったという印象は受けません。それでも、相変わらずの好馬体を維持しています。距離の面ではマイネルレコルトよりも間違いなく適性は高いです。馬の方は良いんですが、横山典弘騎手が騎乗停止で幸騎手に乗り変わりというのはさすがにマイナスと取らざるを得ません。その分マイネルレコルトより下にしました。

△ダンツキッチョウ
この馬は今回も写真がありません。過去にもレースしか見たことがありません。本来ならフォトパドックとしての予想には入れられない馬なんですが、青葉賞2着のニシノドコマデモ、3着のブレーヴハートも悪くない、あと一押しが欲しいという感じなので、それに勝ったダンツキッチョウにその「あと一押し」を期待して印を回しました。

ローゼンクロイツ
張りも今までよりだいぶマシになりました。胴はやや長めですが、脚は普通くらい。2400mはギリギリの距離。脚を溜められれば着ぐらいはあっても不思議ではないです。

ブレーヴハート
やや締まりがきつそうな印象があるので、瞬発力勝負は向かないと思います。持続型の馬だと思いますが、ディープの存在を考えると、どこまで粘れるか?というところ。デキは悪くはないです。

アドマイヤフジ
前走ではっきりしたジリ脚。東京に変わっても良いとはあまり思えません。それに、ややまだ余裕があるようにも見えます。距離は十分こなせる範囲だと思います。

ペールギュント
2400mはどうあがいたって長い距離です。デキとしてはかなり緩やかに落ちていっている印象。

シャドウゲイト
デキはいいです。普通のオープンレースだったら間違いなく好走できる状態にはあります。しかし横の比較で見劣ってしまうのはしょうがないでしょう。距離が伸びて良いというタイプではなさそうです。

ダンスインザモア
全体的に張りが物足りないです。一度不調に陥ったダンスインザダーク産駒は短期間での復調は難しいです。

ニシノドコマデモ
張りはもうちょっと良くなれると思います。距離面では1800m以上なら問題無いでしょう。繋がやや立ち気味なので、キレでは1枚劣りそうです。

エイシンニーザン
馬体的には2000mでもギリギリなくらい。2400mではいらないと思います。

〜過去に見た馬〜
コンゴウリキシオー
幅があるほうなのでちょっと距離は長い。ソエも相変わらずの様子。

シックスセンス
馬体的にはグレイトジャーニーに似ていますが、脚質は追い込み型。サンデー産駒に良くみられる、トモが流れ気味の馬で、それを補うにはベストの脚質。距離の面ではギリギリ。さほど長く脚は使えないタイプだと思います。直線だけでどこまで差をつめられるかでしょう。

シルクトゥルーパー
短距離馬です。

シルクネクサス
距離はやや長いくらい。Hペースでは持たないし、Sではキレで負けるしで狙いは立たないですね。

banarクリックお願いします。