2005年12月

2005年12月13日

最終回 新しき国へ

「我らの新しき国が叶うときは、必ずや呼び寄せる。その時まで息災に、と・・・」
京に帰るうつぼに託す静への伝言。覚悟を決めたのに、残る静に絶望を与えない最後の言葉が温かい。それを伝えなければならないうつぼの心中を思うと・・・涙。

夜明け「さて一同、此度の戦が最後と思い、存分に戦おうぞ。皆には今までよう私に付き従うてくれた。礼を言うぞ。三度生まれ変っても、我らは変わらず主従ぞ!」
夜明けの光を受けて輝く6人の主従の魂は一つ。あああ・・・殿、殿。でも、いやです、死なないで!生まれ変わるなんて言わないで!

「清盛様も夢半ばでございましたな。なれど新しき国、夢の都はわが胸にしかとございますぞ」
幻の金屏風を見た義経様の表情は穏やかで、先に逝った郎党と共に新しい国へ行くことに迷いはない。その口元は微笑みさえ浮かんで・・・涙・涙・涙。。。

「最後の頼みじゃ。防ぎ矢頼む。そなたには長きに渡り苦労をかけた。」
弁慶との別れは切なすぎる。最後の頼みと言う義経様の目は美しく温かい。弁慶は幸せだっただろうな。この言葉が滝沢義経様の最後の言葉・号泣!

<番外編>
「殿を・・・」
喜三太・・・・貴方はカッコいいよ。

「義経さま〜〜!」
次郎、次郎・・・・ありがとう!

「殿!」
そんな笑顔で・・・三郎、最後まで・・・涙

「殿ーーーー」
弁慶、私達の義経様を最後まで守ってくれて本当にありがとう。

2005年12月06日

第48話 北の王者の死

平泉「吉次は気遣うて生まれたのは姫と言うたが・・・おそらくは・・・もはや鎌倉殿の手にかかってこの世には居まい」
うんもうっ!そんなひどいことされてるのに「鎌倉殿」なんて言わないでっ!察しが良すぎる殿(涙)。姫は静様と京に居る、と信じさせたかったのに、吉次さん、それじゃバレバレです。冥福を祈る義経様の涙が辛すぎる。それにしても義経様似のお子、一目見たかった(不謹慎?)。

「私は恩ある御当家のため、一命を落として戦う覚悟にござる」
第二の父と仰いだ藤原秀衡の急逝を機に奥州を攻める頼朝。こっちは何もしてないのに、ひどいわ!温かく迎えてくれた藤原氏を将として守ろうとする義経様ステキ。

「戦うということは兄と軍(いくさ)するということじゃ。そのことにもはや躊躇いはない。私の腹はとうに決まっている」
兄・頼朝とは求める理想が違いすぎる。すでに肉親の情を捨て、主従の情を取る覚悟に満ちた義経様に迷いは無い・・・気のせいか微笑みさえ浮かんで・・・

<番外編>
「九郎殿は我が子と思う。奥州藤原の全てを掛けて戦う!」
平泉に来たことが鎌倉方の奥州侵略の口実になったのでは?と謝罪する義経様。しかし秀衡様は男前!義経様を守り、戦うと宣言・・・でも、その直後に・・涙。。。。