2005年09月25日

第38話 遠き鎌倉

「あの戦(いくさ)は出来るものなら避けたい戦でござった。故に・・・それ故に哀しく切ない戦でござった。あのような戦は二度としとうはござらぬ!」
叔父行家に対して怒りを込めて放つこの言葉の裏には、源氏同士戦った木曾義仲との戦い、平家を滅ぼしてもなお落ち着かない心があるのでしょう。「争いのない世」という義経の叶わぬ夢が涙を誘う。

「その様な己の卑しさに腹が立った、悔しかった」
兄・頼朝に対する思いが卑しさを生んだと自分を責める義経。その後ろ姿に語りかける静の言葉は癒しに満ちて優しい。その言葉に振り返って一言「あぁ」と答える殿にドキュ〜〜ンでございました。

墨と硯「ここは腰越か・・・ここを越せば鎌倉だが、我らは鎌倉には入れて貰えぬのじゃ・・・」
鎌倉を目前にして足止めを食らう主従の落胆振りが辛い。この時の捨てられたワンコのような表情がたまらない(=演技最高!!)こんな風に後白河法皇と頼朝の間で悩むなんて・・・一体どうすれば良かったのよっ!(怒)

<番外編>
「九郎の叔父上にお会いしたい・・・」
気鬱の大姫が義高惨殺後、久々に発した言葉がこれ。義高の月命日に花を供えよと命じた義経様の情に涙。。。そして私も「滝沢義経様にお会いしたい(爆)」

「九郎殿というお方は人を惹き付けもするが、心を癒す力もお持ちのようじゃ」
そうそう!そうなのよ、政子様!そして、まだ分からないかもしれないけど、おまけにかなりセクシ〜なのよ<^!^>☆
tkzwhdk at 21:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔