2010年02月

2010年02月27日

Doomの類い。

ここ数日、非常に調子が悪かった。一つはブログのリンク機能。

この曲いいなぁ、と思ったのを貼付けようと思っても、うまく表示されなかった。
理由は不明だが、治ったらしい。

あと、昨日の夜、突然風邪引きましたよ。
睡眠時間が少なくても、何ともなかったわけで、
睡眠時間というより、うたた寝しながら聴いた音楽がまずかったらしい。
AC/DCという武骨なロックンロールバンドのCDを聴いていたかららしい。

体調悪いとき、聴ける音楽と聴けない音楽があるらしいが、Popは聴ける。
ロックでも、Black Sabbathは聴けた。エレカシはムリだろうなぁ。

さすがBlack Sabbath、単なる「重い・遅い・邪悪」ではなく、
心地よいサウンドなんでしょうね。

Black Sabbath/Electric Funeral↓




こんなもの体調悪いときに聴ける俺っておかしいのかと思ったが、
いやいや、先入観をなくせばね、その気持ちがわかると思うんですよ。

tm1974522 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 趣味、娯楽

2010年02月22日

Achilles Last Stand

Led Zeppelinは俺らの世代にとって難解だ。
あまりに有名すぎて、曲は古典として現代音楽の材料にされていて、
彼らの曲を引用し、さらにチューンナップされて来たところがある。
彼らの曲がたいしたことない感じに聴こえていたり、
あれ、このリフ、どっかで聴いた事が…と思う事がある
(ジミー・ペイジが先達をパクリ、後続のバンドがさらにパクったという事が考えられる)

そのため、オールドファンからめちゃくちゃ評価されるのに、違和感を覚える。
それなりに、良い曲もあるわけだが、そこまで評価されるものなのか?と。
同時代であれば、Black Sabbathの方が圧倒的に俺は好きだ。
ともあれ、有名バンドは名声に尾ひれがつきすぎるところがあるため、
借りたときには、入念に聞き込むようにしている。

で、オリジナルを全部聞いたが、アルバムに2曲ぐらいは気に入った曲があった。
つまり、過大評価というか、尾ひれが気持ち悪いが、なるほど、現代でも聞けるとは恐るべし。
それも曲が良いというよりかは、演奏のこなれた感じがすごい。
特にドラムのボンゾ、この人天才かもしれない。
『The Lemon Song』といい、『The Song Remains The Same』といい、
とんでもないリズム感。超ミクロのタメ(溜め)を利かせる事ができるらしい。

そして、多分、最高曲であろう『Achilles Last Stand』でもボンゾはやってくれる↓




この曲は限りなく★★★★★に近い★★★★。
曲がいいとか、リフがいいとか、そういうのじゃなく、演奏から醸し出される雰囲気がすごい。
勿論ドラムも最高だし、タイトルも曲のかっこういい雰囲気をさらに引き出している。
それと行間というか、理屈では説明できないが、感覚的に訴えかけられるものがある。

必要以上に事などする必要はないが、Legendと言われるのは、ダテではないな。



tm1974522 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 趣味、娯楽

2010年02月03日

斜陽

最寄り駅からの帰り、突然『斜陽』がリフレインしてきた。
耳からか、脳の記憶からか、自然に口ずさんだからかわからないが、
こういう時は、その曲を聴きたくてしょうがなくなる。

この『斜陽』はブランキージェットシティのヤツです。
文学作品とかじゃないんで。

元はと言えば、ベンジーの声が苦手だったわけだが、
聞き込んだら、あまり気にならなくなった。
もともと、いい音だしているので、ベンジーの苦手意識がなくなったため、
俺の中では、好評価のバンドに位置する。

そのバンドに『SKUNK』という名盤がある。
その中の一曲が『斜陽』




↑前半5分弱が斜陽。どうもちょうどよいのがなかったもので、これで我慢する。

まぁ、これで気に入るとは思えないけど。
やっぱり、ロック系統の音楽はCDか何かで聞き込まないと、
凄みがわかりづらいと思うんだよね。



tm1974522 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 趣味、娯楽