マスメディアについてバスク地方を旅して思ったこと

2015年06月28日

ビルバオの治安など

ろくに準備もせずにいったら、ビルバオのあぶない地区など知らんかった。
が、あとでググってみたら、やっぱりな、という地域だった。
そう、the 旧市街通りのあるあの地域。サンフランシスコ地区。

そういえば、金曜の朝、暴動じみた騒音が聞こえたが、多分ここだったんだろうな。
警官の巡回が恐ろしく多いのもビルバオの特徴。
やたら警官が徘徊している練馬よりも多い印象だ。

俺の泊まっていたサバルブル地区からRENFE(国鉄)にかかった橋をわたってすぐのエリアだ。
サバルブル地区の線路沿いもサンフランシスコ地区に近いからか、
よくわからん黒人の兄ちゃんがたくさんたむろしていて、
パブロピカソ通りというすごい名称の通りに我が宿、ビシトアレグレがある。

華喬協会みたいのがあって、東アジア系が多く、店も華喬系が多い。
俺がよくトルティーヤを食べにいったカフェに、
写真を売り付けるなぞのブラックアフリカな少年がきたり、
かたや2ブロック奥にいくと中級クラスの住宅もあり、これはどういうことなのかと。

この宿のカシージャス似のフロントにいろいろ教えてもらった。
教会もあったし、基本的にはビルバオ基準で見るとあまり治安のいい地域じゃないんだろうな。

まぁ、この国の東アジア系はそんなに問題じゃないが、
東アジア、アラブ、ブラックアフリカと、いかにも外国人なエリアを
異邦人として訪れると恐怖感を覚える。

そういや、サンフランシスコエリアを歩いていると、窓から洗濯物か何か落としてきたやつがいたな。
あれ、頭に落ちたら気を失っただろうな。
普通にものを受け渡そうとしたんだろうけど、
エリアがエリアだけに、俺、狙われてたんじゃないかと思う。

基本的にバスクは治安がいいので、こういう目にはこのときしかあってない。
このサイトによると、やや危ないエリアらしい(笑)
http://unfilmparle.jugem.jp/?eid=30&pagenum=6

tm1974522 at 18:35│Comments(0)TrackBack(0) スペイン関連 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
マスメディアについてバスク地方を旅して思ったこと