ノンポリブラザーアンドシスター

2015年06月28日

下半期の終わりに

正月のメモがあったので、そのまま載せる

1/1、実家で久しぶりにテレビを見ていると、「深夜特急」に「コラテラル」がやっていた。
1年の計は元旦にあり、ということでの番組なわけか。
CATVは地上波じゃないからか、そうした芯のようなものを感じる。

深夜特急からは、やってると必ず見てしまう。
非日常から旅先の日常を見つめる沢木青年の迷いは、
人生の旅への迷いでもあるようで、日本に住まう現代人の迷いのようでもある。

一方のコラテラルは、器用なようで不器用な殺し屋ヴィンセントと、
善良だが夢への思いが軽いタクシードライバーのマックスの会話が中心となる。
夢を語るマックスに対して、12年は仮じゃないと人生の説教をしながらも、
マックスを巻き込みながら獲物を殺ろうとするヴィンセント。

割とどっちの番組も自分のなかでは衝撃を受けたものの2つなのだが、
元旦に両方というのも、これは何かの天祐かなにかだろうかと思ったりする

で、初詣。結構ダメ出しばかり書いてあったおみくじは中吉でした。
端的な内容は、目先をかえろ、目標を定めろと。
心境との解離はそれほどでもなく、すっと受け止められる内容だな。

ふと家にかえってダンボールを眺めると、「歴史の話」というウェブサイトのコピーがあった。
「歴史の話」というのは、詳しい趣旨はわからないが、三国志の論文が載っているサイトだ。
今は閉鎖したようで、確か閉鎖寸前の時にコピーした。

内容的には、袁紹賛美の論文で、
知識の濃さと考証力の高さが今まで見た三国志系の考証では一番凄いと思った。
ところどころ「??」というところはあるが、
この視点に立てば誰からも賛美されている荀が歴史を壊してしまった張本人のように思えてくる。
こういうの好きだなと思って、コピーしたんだったかな。


tm1974522 at 19:16│Comments(0)TrackBack(0) 洞察 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ノンポリブラザーアンドシスター