2012年09月15日

渋谷公会堂に到着!

6e4f52a2.jpg

渋谷公会堂に到着しました。

今日はこれから藤田麻衣子さんの「LIVE TOUR 2012 〜ねぇ、君は今だれを想っているの〜?」に参加します。

今年のツアーは初日の名古屋に参加して以来なので、ちょっと久しぶり。

久しぶりですが、ペンライト振りとタオル回しは名古屋でなっちゃんの指導をしっかり受けて来たので大丈夫 だと思う。

それにしても、グッズ販売の列を見ると、、

今日はまた一段と女子比率が た か い (>_<)




ランディ at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月08日

日比谷野外大音楽堂に到着!

6f0b5cde.jpg
日比谷野外大音楽堂に到着しました。

今日はこれから大塚愛さんの

「LOVE IS BORN」に参加します。

野外なのでお天気が心配でしたが、

幸い今は晴れているのでホッとしました。


大塚愛さんのライブはじつに久しぶりで

すごく楽しみにしていましたので、

このままお天気がもつことを祈るばかりです。


ま、一応カッパ持参ですが。



ランディ at 15:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年09月05日

なんてったって30年

BBL

昨日はビルボードライブ東京でKYON2観てきました。

今年でなんとデビュー30周年だそうで素直に驚きましたが、

自分は30年目にして初の生キョンキョン。

特に大ファンというわけではなかったものの、

ビルボードで小泉今日子さん、というだけで楽しそうで

仕事が終わったら早速六本木に向かいました。

到着したら、お店の前は人でごった返していてもうゴチャゴチャ。

何でも1stステージが押したらしい。

でも、押したということは、演奏時間が長いということなので

内心にっこりしてゆっくり中に入りました。


入場が遅れた割には、定刻から7分程度の遅れで21時37分頃にスタート。

登場してきたキョンキョン、やっぱ顔ちっさ…笑


オープニングは「夜明けのMEW」からの2曲目は「木枯らしに抱かれて」。

これはライブと言うよりショウだから、やはり最初の掴みからして凄い。

一気に会場内は昭和時代にタイムスリップした感じでした。

「私も46歳になりましたが、この時間だけは青春時代に戻りましょう」

とのキョンキョン様のお言葉がありましたが、当のご本人はそんなお歳にも見えず

元気いっぱい。

特に後半のヒットメドレーは凄くて、

コアなファンでなくても知ってる曲ばっかり。

これはすごい財産だなと思いました。

この時点まででこれだけ歌っても、まだまだエース級は残っていて、

本編ラストは、「なんてったってアイドル」。

アンコールは、「あなたに会えてよかった」からの

「The Stardust Memory」からの「学園天国」と

締めまできっちり期待通りのセトリで終了。

時計を見ると、23時10分。

ビルボードとしては長い1時間半超のショウでした。


<セットリスト>

2012.09.04 @ Billboard Live TOKYO

01. 夜明けのMEW
02. 木枯しに抱かれて
03. My Sweet Home
04. あたしのロリポップ
05. 今年最後のシャーベット
06. 100%
07. 優しい雨
08. この涙の谷間
09. Fade Out
10. KOIZUMI’S MEDLEY
  a) CDJ
  b) ヤマトナデシコ七変化
  c) 素敵なラブリーボーイ
  d) 半分少女
  e) 私の16才
  f) 艶姿ナミダ娘
  g) 渚のはいから人魚
  h) なんてったってアイドル

En1. あなたに会えてよかった
En2. The Stardust Memory
En3. 学園天国


キョンキョンご本人も含めて、集まったお客さん全ての人に30年という

時の流れがあって、それぞれまったく違う30年間なのだけど、

この一瞬の時間、同じ空間で共有できたような感じがした。


みんながそれぞれ、「よく頑張ってきた」

そう思っていいような気もしました。


なんてったって、1年や2年じゃなくて30年ですからね…笑


ランディ at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月04日

最近買った洋楽CD


真夏のピークが去ったー♪って歌がありましたが、

そんな感じが漂う今日この頃。

結局サマソニで見たのが今年最後の花火となりました。

とうことで、夏の終わりの寂しさも感じながら、

また渋谷のタワレコに行ってCDを仕入れてきました。



◎ Michelle Branch 『The Video Anthology』
MBDVD

CDと言っておきながら、いきなりDVDですが、

前から欲しかったのを見つけたので即買いしました。

まず、ジャケットのミシェル・ブランチ綺麗ですよね。

いいジャケットだと思います。

そして、DVDを観てみると、10年前の「Everywhere」とかやっぱり若い!

今はもう結婚されてお母さんにもなっておられますが、

活動も再開されているので、またライブで日本に来てくれることを

切に願っております。



◎ Carrie Underwood 『Blown Away』
CARRIE UNDERWOOD

キャリー・アンダーウッドの意外にもこれが日本デビューアルバム。

こちらの国内盤のジャケット、すごい美女ですよね。

いいジャケットだと思います。

中身の方は、前半はかなりパワフルで、

後半はカントリーも含めて少しゆるい感じでまとめています。

来年あたり日本に来てくれると嬉しいですね。




◎ Florrie 『Late』
florrie_late_400

フローリーさんはUKのシンガーソングライターだそうですが、

全然知りませんでした。

ただジャケットが目に付いてしまって。。

可愛いと言うか、綺麗ですよね。

いいジャケットだと思います。

はっきり言ってジャケ買いしました。

でも、不思議とジャケ買いで外れることは少ないです。

このFlorrieさんも当りでした。



ランディ at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月02日

9月のライブ参戦計画


9月に入ったこの土日は、雨がどーっと降ったり、突然晴れたりと

不思議な天気ですが、夜はだいぶ涼しくなってきました。

そんな今月のライブ参戦計画です。



◎ 9月8日 大塚愛 @ 日比谷野外音楽堂


大塚愛さんのライブとてもお久しぶりなので楽しみ。

ただ、会場が野外なので雨が降らないことを

祈るばかりです。



◎ 9月15日 藤田麻衣子 @ 渋谷公会堂


今年のライブツアーのファイナル公演です。

2年前のC.C.Lemmon初挑戦から今年で3回目の渋公。

ついに悲願のソールドアウトを達成しました。


初日の名古屋に参加しましたが、だれでも楽しめるような

構成になっていました。

特に、ペンライト降りとタオル回しの曲の時は、

麻衣子さんよりむしろバイオリンのなっちゃんに注目です(笑)



◎ 9月22日 森恵 @ 新横浜SUNPHONIX HALL


森恵さんのワンマンライブは、今年赤坂BLITZと

SHIBUYA PLEASURE PLEASUREに参加しましたが、

その度に会場で次のライブのチケットを買っています(笑)

それくらい、生で聴くとまたすぐに聴きたくなるような素敵な歌声です。



◎ 9月30日 moumoon @ 日比谷野外音楽堂


恒例の中秋の名月ライブです。

moumoonは公式ファンクラブ「月面基地」を発足させたので、

早速月面着陸してきました。

ライブ当日はこれまた野外なので、晴れてお月様が見れる

ことを切に祈っています。



今月は大きなライブ会場で参戦するのはこんなところですが、

BBLやブルーノートなら平日でも仕事が終わってからの遅い時間でも

大丈夫なので、合間を縫って行きたいと思っています。

特にブルーノートでは、リッキー・リー・ジョーンズが楽しみ ^ ^






























ランディ at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月29日

8月のライブ参戦振り返り


日が暮れるのがずいぶんと早くなって

夏ももう終わりだなと思うと少し寂しい気もします。

まだ残暑が厳しいですが…^ ^;


そんな夏真っ盛りだった8月のライブ参戦振り返りですが、

今月は何と言ってもサマソニが楽しかった。

楽しかったですが、これはもう書いたので

同じく夏休み中に行ったJUJUさんのジャズライブをピックアップ。


『JUJU JAZZ TOUR 2012 〜DELICIOUS〜』 (2012.8.16 Blue Note TOKYO)
juju


ブルーノートで聴けるJUJUさんのジャズライブということで

とても楽しみにしていたライブ。

ライブの方はもちろんジャスのスタンダードナンバーのオンパレードでしたが、

曲を歌う前のJUJUさんの曲紹介のMCが面白かった。

JUJUさんご自身が名づけた「妄想劇場」という一人芝居的な解説。

たとえば、こんな感じ。

ある日奥さんが久しぶりに街に出て、とあるお洒落なカフェに入ったら…

向こうのカウンター席に誰が見ても熱々のカップルがイチャイチャしているのが見えた。

ところがよく目を凝らして見ると、男の方は…

「まさか、ウチの旦那??」

まさかの浮気現場目撃に狼狽えた奥さんは、もの凄い勢いで店を出て家に帰る。

そして、怒りに震えながら旦那の帰りを待つ。

しかしデートしてるんだから当然旦那の帰りは遅い。

JUJUさんの解説によると、こういう場合女性は時間が経つと

表面上の怒りは静まり、だんだん残酷になっていくらしい。

そして、旦那が帰ってきた時の奥さんの一言は、

「ねえ、あなた、私が今日街で誰に会ったか当ててみて」


今からそういう歌を歌いますと言って歌った曲が、

『GUESS WHO I SAW TODAY』



また、『CRY ME A RIVER』の時は、

他に好きな人ができたからと、女性を捨てた元恋人が、

後になって、「やっぱり君しかいない」と彼女のもとにやって来た。

それに対して、彼女は言った。

「今さら遅い! 泣け、泣くがいい。

私のために泣いて、そこに川をつくればいい。」


そうか、そういう内容の歌だったのか…

もっとしんみりした感じかと思ってたww


と、、まぁこんな感じで、純粋なジャズファンという訳ではなくて

JUJUさん目当てで来たお客さんも楽しめるように工夫されていて。

気が利いているなと思いました。


そんなJUJUさんの次のライブは、10月10日ジュジュの日に開催される

「ジュジュ苑」。

かつてのジュジュ苑は、持ち歌は一切歌わないカバーライブがウリでしたが、

今年は、ライブツアーとして開催されるので普通のライブになるのかな。

よく分かりませんがとにかく楽しみに待ちたいと思います。



ランディ at 06:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年08月27日

MUSIC MONSTERSに行って来ました!


8月26日に渋谷で開催されたライブ・イベント

「MUSIC MONSTERS」に行って来ました。

このイベントは、渋谷のライブハウス密集地帯にある

O-EAST、O-WEST、duo MUSIC EXCHANGE、O-CREST、

O-NEST、7th floorの6つのライブハウスを自由に行き来できる

もので、いわゆる都市型フェスみたいなものです。

このイベントのいいところは、移動が近い、楽、これに尽きます。


観たアーティスト

小南泰葉
FLiP
オレスカバンド
キタオユカ
NIKIIE
ステレオポニー
まきちゃんぐ



小南泰葉


メジャーデビューした小南泰葉さんですから、

7th floorのキャパでは少々無理がありました。

ぎゅうぎゅうパンパンに詰め込んでも入りきらず、

入場規制がかかったくらいの人気ぶり。

当の小南泰葉さんは、そこを逆手に取るかのように

インディーズ時代の曲を連発。

やはり、この人はタダモノではない。



キタオユカ


ルックスは可愛い女の子だが、彼女のライブは意外と激しくて

ちょっとハスキーがかった声で絞り出すように歌う。

グランドピアノが置いてある会場だとマリオネットって曲をやれば

珍しいグランドピアノの立ち弾きも観ることが出来ます。

兵庫県出身で大阪ではパン工場にも出演したことがあるので

もしかしたら、あそこがマークしているのかもしれません(笑)



NIKIIE


CDで聴くよりライブの方が断然いいというアーティストがいますが、

自分にとってNIKIIEさんはそんなアーティストのひとり。

とにかくライブがいいんですよ。

声にパワーがあって迫力満点。

NIKIIEさんをO-EASTにしたディスクガレージさんは正解です。

満員にはならなかったけどいいライブでした。

10月から始まる全国ツアーがすっごく楽しみ。



まきちゃんぐ


彼女の歌声はとても綺麗で、歌い方も正統派って感じで

聴いていて気持ちがいいです。

MCがユルくて少し気が抜けますが、

彼女の優しい歌声には癒されます。



以上、女性シンガーソングライターだけ書きましたが、

ガールズロックバンドの方も良かったですよ。

特にサマソニでも観たFLiPは結構盛り上がる。

若いお客さんもノリノリで、規制がかかっていなかったのか、

モッシュやダイブを久しぶりに生で見た(笑)


次のMUSIC MONSTERSは来年2月。

それまでにブレイクしているアーティストはいるのでしょうか。



ランディ at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月20日

サマソニ行って来きました!

summer1

行って来ました。SUMMER SONIC 2012。

8月18日の朝、張り切って早起きして幕張メッセに到着。

しかし2日間通し券のリストバンド交換所がマリン・フィールド側1か所しかなくて、

そこまで歩いて行って、またメッセに戻ってくるだけで、もう汗だく。

涼しいメッセ内に避難して、まずは腹ごしらえと中トロ丼を食べましたが、

これがなかなか美味しかった。

あと注目すべきは、オフィシャル・バーのお姉さんたちが、

屋内で冷房も効いているのに水着!

しかも、胸に付けている名札が下の名前をひらがなで

「ひろみ」とか書いてあって、可愛い声でさかんに呼び込みしてる。

これでは素通りすることが難しく、高いペットボトルを何本か買ってしまった。

でも、そのおかげで脱水症状にはならずにすみました。


ということで、1日目に観たアーティスト。

,ゃりーぱみゅぱみゅ
▲哀薀ぅ爛
アレクサンドラ・スタン
ぅ札ぅ鵐函Ε凜ンセント
ゥ乾謄エ
Ε妊后Εャブ・フォー・キューティー
Д優蝓宗Ε侫 璽織


グライムス

在宅ヲタク系アーティストというイメージがありましたが、

実際の彼女はとても可愛らしい感じの女の子でした。

でも、奏でる音楽はやっぱりちょっと個性的(笑)

そのへんのギャップが魅力でしょうか。


セイント・ヴィンセント

初めて聴きましたが、これがなかなか良かったです。

しかも、女性でありながら観客席にダイブしたのは

あっぱれと言う他はありません。


ゴティエ

今年上半期に全米で最も売れたシングル「Somebody That I Used To Know」

これをこのタイミングで生で聴けたのは幸運でした。

それにしても、ゴティエさんの妙に上手い日本語MCが気になったのは

自分だけではないはずです 笑


デス・キャブ・フォー・キューティー

ゴティエと被っていなければフルで観たかったバンド。

少しだけしか聴けませんでしたが、とても良かったです。

ボーカルの声質がいい感じで、もっと聴きたかった。


ネリ―・ファータド

楽しみにしていたアーティストだったので、50分フルで観ました。

しかもかなり前の方で。

ネリ―も観客席まで降りてきたりと、かなり気合の入ったステージを見せてくれて、

個人的にはこの日一番のアクトでした。

だもんで、これですっかり満足してしまって、マリンまで歩いて行くのが

めんどくさくなり、グリーン・デイはまさかのパス 笑

summer3


続いて、第2日目。

前日早めに帰り、体力を温存していたので朝から元気いっぱい。

開場時間と同時に中に入り、またしても朝っぱらから中トロ丼を頂きました。

ということで、2日目は、しっかりオープニングアクトから参戦。

2日目に観たアーティスト。

FLiP
▲凜ぅ鵐董愁検Ε肇薀屮
Rihwa(リファ)
ぐど真央
Perfume
Ε供Εーディガンズ
Д侫スター・ザ・ピープル
┘ービッジ
リアーナ


Rihwa (リファ)

メジャーデビューしてから観るのは2回目でしたが、

堂々たるステージで、歌声の力強さはハンパないです。

同性ファンを獲得することができれば大化けするかも。


Perfume

昨年のマウンテン・ステージから今年はマリン・ステージへ昇格。

観客動員ではピカイチでした。

ただ、パフォーマンスとしては去年の方が良かったかな。

Perfumeは野外スタジアムより屋内会場の方が合っているように思いました。


ガービッジ

生で観たくて観たくて、すっごく楽しみにしていたバンド。

シャーリー・マンソンはおツムのてっぺんにお団子作ったあの髪型で登場。

期待通りのカッコよさでした。

ただ、ニュー・アルバムから『Automatic Systematic Habit』もやってくれましたが、

CDで聴くとカッコイイですが、ライブで再現するのはちょっと難しいみたい。


リアーナ

開演が30分くらい遅れたみたいで、ガービッジ観てからでも間に合いました。

午前中マリンでヴィンテージ・トラブル観てた時に、

舞台裏に何かツタンカーメンみたいなのを

運び込んでいるのを見ましたが、リアーナのセットだったんですね。

単独ライブ並の凝りようでした。

パフォーマンスの方は初めて観たものですから、

良かったんだか普通だったんだか分かりませんが、

とにかく生で観れただけで満足 笑



そんなこんなで、この2日間で延べ十時間以上ライブを聴きまくりで

とても楽しかったです。

最後は花火も見ることができて満足。

また来年も幕張で。

summer2


ランディ at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月01日

8月のライブ参戦計画


先日のお台場では、初めてガンダム観ましたが、

想像していたよりもデカくて驚きました。

初めてのZepp DiverCityは新しいだけあってとても綺麗。

会場内に所々ある段差もZepp Tokyoより高さがあって、

後ろのエリアでもステージがはっきりと見えてよかったです。

でも、さすがに長時間のスタンディングは疲れましたが…笑


そんな夏フェスも真っ盛りの8月のライブ参戦計画は

今のところこんな感じになっています。



◎ 8月5日  藤田麻衣子 『LIVE TOUR 2012 〜ねぇ、君は今だれを想っているの?〜』
(ダイアモンドホール)


藤田麻衣子さんの今年のツアー初日、名古屋まで日帰り遠征してきます。

ニュー・アルバム『1%』を引っ提げてのツアーですが、

今回はペンライト振りだけでなく、タオル回しもあるとかで、

その予習も兼ねての初日参戦です。

タオル回し隊長のなっちゃん(バイオリン)の指導をしっかり受けて来て、

9月の渋公ファイナルでは完璧に出来るようにしたいと思います。



◎ 8月12日  古内東子 『The Acoustic Night 〜20th Annversary〜』
(Motion Blue YOKOHAMA)


古内東子さんは、4月の渋公行けなかったのでやっと聴けるという感じです。

弾き語りライブということで、ギターのサポートが付くだけの

シンプルなアコースティックライブ。

オトナな夜を楽しんで来ます。



◎ 8月16日  JUJU 『JAZZ TOUR 〜DELICIOUS〜』
(Blue Note TOKYO)


JUJUさんは、10月10日JUJUの日の「ジュジュ苑」も行きますが、

ブルーノートで聴くジャズナンバーも格別だと思います。

こちらもスペシャルなオトナな夜になりそうです。



◎ 8月18〜19日  『SUMMER SONIC 2012』

(幕張メッセ&QVCマリンフィールド)


はい、またサマソニの熱い夏がやってきます。

タイムテーブルが発表されたばかりなので、

まだ誰を観るかスケジュール立ててませんが、

両日それぞれで、気になるアーティストをいくつか。


・第1日目(18日)

<きゃりーぱみゅぱみゅ>

きゃりーちゃんがサマソニ初出場。

出演は、11:30からのソニック・ステージ。

午前中のスタートで、ステージのキャパも1万人ありますが、

入場規制がかかるのは必至とのもっぱらの予想です。

なので、朝一で会場入りしたらソニックに直行します。


<GRIMES>

13時台はこのグライムスとアレクサンドラ・スタンが被り。

どっち観ようか迷ってますが、たぶんハシゴすると思います。


<GOTYE>

17時台はもっとすごくて、このGOTYEとFRANZ FERDINANDと

DEATH CAB FOR CUTIEが被ってます。

でもここは、今年世界的にブレイクしたゴティエ様を観ておこうかと思います。


<GREEN DAY>


18日のトリですが、その前にソニックステージのネリー・ファータドも

観たいので途中参戦になるかもしれません。

でも、持ち時間は単独ライブと変わらん2時間なので

たっぷり楽しめると思います。


・第2日目(19日)

<Rihwa>

先日ついにメジャーデビューを果たしたRihwa(リファ)ちゃん。

早くもサマソニ出場です。

会場は暑い暑いビーチステージですが、これは応援に行きます。


<阿部真央>

あべまもとうとうマリン・ステージに登場ですよ。

凄いですね。この時間帯は他に観たいのもないので

ここからしばらくはマリンにいるつもりです。


<Perfume>

昨年のサマソニでは、ステージキャパ 1.5〜2万人といわれる

マウンテンステージを入場規制にまで持ち込んで

会場をパンパンにしたPerfume。

今年は堂々のキャパ約4万人のマリンステージに昇格です。

ま、でもマリンでは日陰のあるスタンド席からまったりと観る予定です。


<GARBAGE>

ある意味、今回いちばん楽しみにしてるバンドかもしれません。

とにかく7年ぶりのニューアルバムを今年リリースして

ヨーロッパツアーも勢力的に行っているようなので

その復活のステージ見届けたいです。


<RIHANNA>

サマソニ東京会場の大トリはリアーナ。

持ち時間も1時間半とたっぷりで、これもすごく楽しみ。

ただ、その前のガービッジをマウンテンで観てるので

移動のタイミングが難しい。

ただ、ガービッジが凄くよかったら、リアーナ遅刻もやむなしか。

同時間帯に、別のステージでももクロやっているので、

リアーナには入場規制かからないと踏んでます(笑)









ランディ at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年07月11日

最近買った邦楽CD


今日も暑くてあづくて汗だくです。

こんな日は、うなぎが食べたい。

吉○家のとかじゃくて、ちゃんとした鰻屋さんのやつ。

暑さのあまり、そんな妄想で頭がいっぱいの今日この頃。

最近仕入れた邦楽CDのご紹介です。



◎ Priscilla Ahn 『natural colors』
prisclla

と言いつつ、いきなり海外アーティストのプリシラ・アーンですが、

収録曲のほとんどが日本の楽曲のカバーなので、

邦楽扱いにしてみました。

彼女の歌声はピュアで、透明感があって、柔らかくて、とても優しい。

日本語の発音も驚くほど明瞭。

しかも無理やり歌わされた日本語ではなくて、ちゃんと意味を理解して歌ってる。

それが分かるほど想いが伝わってくる感じ。

特に日本語で歌っている『サヨナラCOLOR』が良いです。

他にも、日本語と英語ミックスの『デイ・ドリーム・ビリーバー』、

もちろん日本語の『やさしさに包まれたなら』などお馴染み曲もいっぱい。

彼女のやさしさに包まれたい方は是非どうぞ。



◎ 排郷メイコ 『BROOCh』
BROOCh

排郷メイコさんの6thアルバム。

昨年デビュー10周年を迎えた排郷さんですが、正直もっと売れてもいい

アーティストさんの一人だと思います。

今回の作品も基本はアコースティックをベーシックにしていますが、

ポップなテイストを含んだサウンドに仕上がっていて、

すっと入っていけてとても聴き易い。

先日、久しぶりに生歌を聴きましたが、張り切って歌っておられて、すこぶる健在。

これからも期待しています。


◎ Rihwa 『CHANGE』
rihwa

Rihwa(リファ)ちゃんは北海道出身のシンガーソングライター。

一言で言って元気印の女の子ですが、この度堂々のメジャーデビューです。

歌いっぷりもなかなかパワフルで大好きです。

Superflyほどのパンチはないですが、あべまの次くらいまでは行けるのでは

と期待しています。

レーベルの方も猛プッシュするみたいで、早速サマソニへの出場が決定。

それも「出れんの!?」の方じゃなくて、OAとはいえ本編の方ですから凄い!

8/19の出演は、オープニングアクトということでスタートは10時からと予想。

この時間から他の観たいアーティストと被ることもないと思いますので、

Rihwaちゃんの勇姿をぜひ観たい。



ランディ at 12:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!