2012年05月

2012年05月28日

今月のライブ参戦振り返り


まだ数日残ってますが、最後の参戦予定のラナ・デル・レイに

ドタキャンされたので、ちょっと早いですが5月のライブ参戦の振り返りです。

今月は珍しく参戦記をチョコチョコと書いてきましたので、

振り返りのピックアップは、ツイッターでしか触れなかったこのライブ。


『八神純子 コンサート ツアー 2012 @ 立川市市民会館 (2012.5.27)』


八神純子さん、懐かしいですね。何十年ぶりかで聴きました。

会場の立川市市民会館はキャパ1500人弱くらいですが、

サンキュー・ソールドアウトでした。

皆さん憶えているんですね。

綺麗で伸びやかなあの歌声を。


それだけにライブが始まる前は、昔のような歌声が聴けるのかどうか

少しドキドキしていましたが、オープニングの「サマーインサマー」で

ライブが始まった途端にその不安は完全に払拭されました。


すごーい! 昔のまんま。

続いての「みずいろの雨」でも高音の伸び、声量ともに文句なし。

ロングトーンも全く息切れしないし、本当に「凄い!」の一言でした。


そして、3曲目に早くも一番聴きたかった曲 「思い出は美しすぎて」がきました。

これ好きなんですよ。サンバホイッスルの炸裂も聴けて幸せでした。


八神さんがアメリカに移り住んで20年以上経つと思いますが、

これは知りませんでしたが、去年3月の震災後はちょくちょく日本に来て

被災地を回り、避難所とかで歌っていたんですね。

衣装チェンジの間にその様子がスライド上映されてました。


その後ライブは、ヤマハのポプコンの思い出話や、

中島みゆきさんの「時代」のカバーを披露したり、

「Mr.ブルー」や「ポーラースター」などのヒット曲を並べて本編が終了。


アンコールでは、「パープルタウン」「想いでのスクリーン」を歌った後、

観客の拍手があまりに凄いので、はけていたバンドメンバーを呼び戻して

「みずいろの雨」をもう1回。

凄いのは、ここまで2時間半近く歌っているのに、

声が嗄れることもなく、伸びのある高音はそのまま。

どんだけ喉が強いんだと思いました。

最後の最後は、チャップリンの「スマイル」を日本語の歌詞を付けて

アカペラで歌って終了。

期待以上で大満足のライブでした。



八神純子さんの今年のライブツアーはまだまだ続きます。

今回は昔のヒット曲は、あえてオリジナル音源のアレンジに忠実に

演奏するとのことですので、昔を知っている方はもちろん、

まだ生まれてなかったよーって方も、美声好き、伸びのある高音好き、

パワフルなボーカル好きなら文句なしにお勧めです。



ランディ at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月22日

藤田麻衣子ライブ@下北沢GARDEN

fujita

下北沢GARDENで行われた藤田麻衣子さんの

Live DVD発売記念ワンマンライブに行ってきました。

会場となったライブハウスはロックな箱で、

先月も英国の老舗ロックバンドのシルバー・ヘッドが

公演を行ったところ。

藤田麻衣子さんには少し似つかわしくない場所でしたが、

音響が意外に良くて、歌声が綺麗に響いていました。

編成は、麻衣子さんのピアノにギターとドラムのサポート付き。

オープニングは「写真」。

これ生では久しぶりに聴きました。

たしか、一昨年の当時C.C.Lemon以来です。

麻衣子さんご自身は好きな曲なので、ライブで歌いたいと

セットリストの候補に挙げる度に却下されていたそうですが、

久しぶりに聴けて良かったです。

昨日の麻衣子さんはよく喋っていましたが、大半は天然トーク炸裂でした。

真面目なトークで印象に残ったのは、下北沢での想い出話し。

名古屋から上京して間もないころ、昼間は歯科衛生士のお仕事をされてて、

仕事が終わった後で、下北沢のライブハウスを回って、

「ここで歌いたいんですけど…」と飛び込み営業をされていたそうです。

そして、その中のひとつ「LOFT」で1年くらい歌っていたとか。

あそこはキャパ50人くらいですよね。

今思えばとても贅沢なライブ。一度聴いてみたかった(笑)


あと、ニューアルバム発売の発表がありました。


5th アルバム 「1%」  (7月18日発売)


なんでも、タオル回し用の曲も作ったとかで、

ますます8月からのツアーが楽しみになりました。


<セットリスト> 2012.5.21 @ 下北沢GARDEN

1. 写真
2. あなたを好きになって
3. 運命の人
4. 夜明け前、君と
5. 私らしく
6. さよならがあるから
7. ねぇ
8. 好きになるとどうして
9. 卒業
10. SUPERMOON
(encore)
EN1. Girls Shopping
EN2. 未来へ


ランディ at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月21日

最近買った洋楽CD


garbage 『Not Your Kind of People』
garbage

ガービッチ約7年ぶりとなる新作。

聴いてみたけど結構よかった。

エヴァネッセンスもそうだけど、紅一点ボーカルのバンドが好きなので

かなりハマります。

そして、サマソニに来るんですよね。

俄然観たくなりましたが、東京の出演は2日目。

ステージかっこよさそうで期待大です。
garbage

しかし、この日は観たいのがたくさんあるのでタイムテーブルが心配。

garbageはマウンテンの2番目にラインナップされてますが、

このままの順番で行くと、完全にマリンと被ります。

メッセと野球場はホントにすぐ隣なのに、

サマソニの時は遠〜回りで歩かされての移動になるので、

行ったり来たりして果たして間に合うのか…??

これに限らず、今年のサマソニは個人的に観たいアーティストが

2日目に集中しちゃってて困ってます^ ^;



Carly Rae Jepsen 『Curiosity』
carly rae jepsen

現在『Call Me Maybe』がヒット中の

カーリー・レイ・ジェプセンのミニアルバム。

もちろんCaill Me〜も収録されています。

なんでも、ジャスティン・ビーバーが作ったレーベルの

第1弾アーティストらしいですが詳しいことは知りません。

基本シンガーソングライターですが、カバー曲も収録。

それが、ジョニ・ミッチェルの「Both Sides Now」。

渋いところを持ってきましたが、アレンジは今風です。

あと、個人的にこの子の好感度がアップしたのは

ツイッターでフォローしてくれたこと。

「ㇾ」マークの付いた認証アカウントの人からフォローされたの初めてで、

何の意味もないけどそこはかとなく嬉しい…(笑)


ランディ at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月17日

国フォに到着!

194b9f36.jpg
東京国際フォーラムに到着しました。

今日はこれからEARTH WIND&FIREの『JAPAN TOUR 2012』に参戦します。

なんとデビュー40周年記念公演とのことで凄いですね。

それにしても、遅刻すると思って仕事終わってからダッシュで来たのに、開演思い切っり遅れそうな気配。

でも、とにかく間に合ってよかった。
ゆっくり楽しんできます!


ランディ at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月14日

Perfumeライブ@日本武道館

perfume

先日、PerfumeのJPNツアー追加公演の武道館最終日に行って来ました。

当日はお昼に某麻衣友さんと恵比寿で待ち合わせて九十九ラーメンへ。

実は初めてお店の中に入りました。九十九デビューです(笑)

この日の九十九は担担麺を注文する若い女性客でいっぱい。

理由を書くと長くなるので省略しますが、同行の麻衣友さんもそれがお目当て(笑)

その後、麻衣友さんは東京ドームへ、私は武道館へと向かいました。


武道館へ到着すると、もうグッズ販売は始まっていて、

買う気はなかったのですが何となく覗いてみると…

これがなかなかの良心価格。

なのでつい、パンフとタオルを買ってしまいました。


会場に集まった人たちを見ると、「二等辺三角形ツアー」の時と比べると

やはりファンのコア化(ヲタ化?笑)が進んで来てはいるものの、

まだまだファン層は幅広く、老若男女が集まってた感じでした。


会場内に入ると、座席の方は2階スタンドのずーっと上の方。

もう、宇宙席には慣れましたので、全然違和感なし(笑)


「レイザービーム」からライブがスタートして、4曲終わったところで長〜いMC。

「もう4回巻きが入ってます」と言いつつも喋り続けるあーちゃんは立派の一言に尽きる。


MCといえば、この日印象に残ったものが二つほど。


一つは、他の二人が水分補給&呼吸整え中のかしゆかちゃん一人でのMC。

「Perfumeにはたくさんの神がいて支えてくれています。

振付の神、照明の神、カメラの神、PAの神・・・

普通の人間は私(たち)だけです。」

mixiニュースとかでは、こう言って笑いを誘ったなんて書いてありましたが、

実際には冗談っぽく言ったわけではなくて、むしろしみじみとした感じの言葉でした。

だから、少なくとも自分の周りでは笑った人など一人もいなかった。

言葉だけではなく、彼女たちは本当にそう思っているのだと思います。



二つ目は、これもmixiニュースなどに書いてありましたが、

その日チケットが入手出来なかったため、せめて音漏れでも聴きたいと

会場の外に200人ほどが集まっていることを聞いた彼女たちが、外に聞こえるように

「外のみんなー! ありがとーー!」と大きな声で叫びました。

これも、彼女たちはポーズとかその場のノリでやったことではないと思います。

その前後のあーちゃんのMC。

「200人っていったら、O-Crestが埋まってしまう…」

さらに、無名のインディーズ時代に路上ライブをお巡りさんに止められてしまったことや、

亀戸のサンストリートで歌っていたことなどを話していました。

そういう経験があるから、単独ライブで200人集めることの大変さを知っている。

自分たちの歌を聴きに来てくれる人ひとりひとりの大切さを知っているし、

東京ドーム単独公演を実現した今でもそれを忘れていない。

それが、今も変わらない三人揃っての深く長いおじぎに表れているように思えます。

そして、ファンにもそれが形だけではないことが伝わるので、

ますますPerfumeが好きになり、応援したくなる。

これがPerfumeの魅力の秘密だと思います。


私は自称「隠れファン」なので、追っかけまでは出来ませんが、

これからもツアーがあれば出来るだけ参加したいと思っています。



ランディ at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月13日

豆つぶ

今日のガガ様ライブは素晴らしかった。

あそこまで生歌が上手い人だとは思わなかった。

数年前、同じ会場で聴いたビヨンセより声が通ってた。

ただ音量がデカかっただけかもしれないが・・・

印象的だったのは、全力で歌っているからなのか、

MCの時に「ハァ、ハァ、ゼィ、ゼィ・・・」と息切れが凄かったこと。

こんなに1公演に全力投球してワールドツアー最後まで持つのか

心配になったくらい。

それだけ頑張ってくれたということか。


しかし、遠かった。

ステージまでは果てしなく遠かった。

本当に豆つぶのガガ様だった。


どのくらい豆つぶだったかと言うと、


これくらい・・・

gaga03 023


(注)デジカメでの撮影はOKでしたので、盗撮ではありません(笑)




ランディ at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

さいたまスーパーアリーナに到着!

2d759015.jpg
さいたまスーパーアリーナに到着しました。
今日はこれからレディー・ガガの『LADY GAGA THE BORN THIS WAY BALL』に参戦します。

2年前の来日公演は観に行けなかったので、ようやく生ガガ様に会えると思うと嬉しいです。

会場周辺はコスプレパーティーの様相で、中にはホントに美しいお姉さまもいたりして、これまた嬉しい。

しかし、物凄い人の数です。

それもそのはず、今日はめったに見られない、さいたまスーパーアリーナ本領発揮のスタジアムモード3万5000人の会場レイアウトでの開催。

その分ガガ様も豆つぶということになるので、そこがちょっと辛いところです。

倍率10倍の双眼鏡とズームこれまた10倍のデジカメ持って来ましたが、たぶん追い付かないでしょうね…^ ^;

でも、まぁ観れるだけでもと思って楽しんできます。


ランディ at 15:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年05月12日

武道館に到着♪

df960d29.jpg
日本武道館に到着しました。

今日はこれから『Perfume 3rd Tour「JPN」』に参戦します。

追加公演の武道館4daysの最終日。
いやが上にも盛り上がりそうです。

例によって席運は悪く、2階スタンド席のずーっと上の方ですが、当たっだけでもアリガタヤと思って楽しんできます。




ランディ at 15:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年05月08日

熊木杏里ライブ@渋谷公会堂


5月6日に渋谷公会堂で開催された熊木杏里さんの

『熊木杏里 LIVE 2012 10th Anniversary Year Concert

光の通り道 〜one night road〜』に行って来ました。


デビュー10周年記念の一夜限りのコンサート。

熊木さんの晴れ舞台を楽しみにしていました。


当日は早めに会場に到着して

グッズの先行販売でパンフとTシャツをゲット。

その後、渋谷周辺でもゲリラ豪雨みたいなのに見舞われ、

さらに開場時間が遅れたりして、ちょっとバタバタした感じで入場。

開演を待っている間、会場内を見渡すと思ったより女性客が多いのに

気がつきました。ホントに今までで一番多かったと思います。


そんなこんなで定刻から10分ちょっとの遅れでライブはスタート。

オープニングは薄い緞帳の向こう側で熊木杏里さんが

「光の通り道 〜prologue〜」を歌い、それが終わると緞帳が落され、

「シグナル」へと、導入部はアルバムと同じ構成。

バンド編成は、ギター、ベース、ドラム、ピアノとオーソドックスなもの

でしたが、ピアノは武部聡志さんが自分で弾いてました。

あと、ギターは同じくHalftoneから遠山哲朗さん。

バックバンドは昨年末の国フォからはガラリと変わっていました。


去年の国フォとは違うといえば、熊木さんの調子の方も

今回の方が格段に良かったです。

2階席で聴いていたせいか、フルバンド演奏の時はあまり音が良くなかったですが、

ピアノ、アコギだけの時などは、熊木さんの本来の透明感のある

伸びやかな歌声を聴くことが出来ました。

セットリストもアルバム「光の通り道」からの楽曲を中心に

これまでの10年間を振り返るような構成で過去の曲も適度に

散りばめられて良かったと思います。

ただ、個人的に聴きたい曲は他にもあったので少し残念な部分もありましたが、

さすがに10年やっていると曲数も多いのでここは仕方のないところ。

それだけいい曲が多いということだと思います。

そして、何といってもピカ一はアンコールでピアノ弾き語りでやってくれた「窓絵」。

これを聴けたのでもう充分です。満足しました。


その後、ダブルアンコールもあって、武部さんのピアノで「お祝い」を。

ここでは力尽きたのか、サビの高音部分は声がかすれて・・・。

でも、ここまで2時間半近く、よく頑張ったと思います。

これからも素敵な歌声を聴かせてください。


<セットリスト>

00.光の通り道 〜prologue〜
01.シグナル
02.私をたどる物語
03.心の友〜WiLSON〜
04.一期一会
05.春の風
06.やっぱり
07.君の名前
08.今日になるから
09.「がんばります」
10.羽
11.ふるさと
12.こと
13.長い話
14.君まではあともう少し
15.A day in my life
16.モウイチド
17.ムーンスター
18.Love letter 〜桜〜
19.心のまま
En1.窓絵
En2.新しい私になって
WEn1.お祝い


ランディ at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月06日

渋公に到着!

1bb3719d.jpg
渋谷公会堂に到着しました。

が、C.C.Lemonのマークが無いと何だか…
ただの建物(笑)

そんな建物の中で、これから熊木杏里さんの『熊木杏里 LIVE 2012
10th Anniversary Year Concert

光の通り道〜one night road〜』

に参戦します。

タイトル長いですが、熊木杏里さんのデビュー10周年記念ライブです。

それを祝福するかのように、渋公上空では雷が鳴り響き、雨が降って来ました。

それでは連休の締めは嵐を呼ぶ女あんりこライブを静かに聴いて来ようと思います。

だって盛り上がる曲が1曲もないのだから仕方がna…(笑)


ランディ at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!