2011年06月27日

TMAXケーキの味は・・・・

長女が父の日のプレゼントに、ケーキを作ってくれました。

デザインはなんと、愛車のTMAX

いつものケーキか・・・・・・と思ったら!

ホワイトチョコのプレートの上に、ブルーのTMAXが!!

食べずに永久保存にしようかな・・・・・

父親の言う事を何一つ聞かず、

    世話が焼ける生意気のガキなのですが、

      こう言うのを貰うと大変嬉しいです(*^^)v


 「いつもありがとう」と言うのは、毎朝作る弁当のことかな?

  毎日お結びでごめんなさい。。。。m(_ _)m

DSC02491



下の写真は、6月に実施された洋菓子協会のコンテストで銅賞をもらった写真!


アリエールのようです・・・・・
     次女がTDL勤務なのでこのデザインにしたようです。。。。

BlogPaint



TMAXの駆動系チューニングに関係無い話題でごめんなさい m(_ _)m

とても嬉しかったのでUPしました(*^^)v


PS
ノリパパT魔さんへ
娘が、今のケーキ屋を首になったらノリパパさんの所で使ってやって下さい。
 m(_ _)m



  

Posted by tmax5004b5 at 22:41Comments(8)TrackBack(0)

2011年02月06日

エクストリーム・ローズ3点セットを試してみる!

巷で噂のエクストリーム・ローズ・・・・

確かにMHRよりもエキサイティングな走りを官能できる!

しかし、馴れとは怖いもの「さらなる走りが欲しくなりました。


星野設計さんでは、ハーフプーリーや高精度ランププレート
なども用意されている・・・・

それをまとめてセッティングしたらどうなるか?

興味シンシンで試してみました。


今回試した組み合わせは!!

  
エクストリーム・ローズプーリー
        

  ハーフプーリー(星野設計)
        

  高精度ランププレート
        
 センタースプリング「赤」(マロッシ)



 まずは結果から!

      
0-100km--------5.7秒台!!
      
      ジレラGP800に迫る走りに変貌しました!



 施工までの過程は以下の通りです。
 興味があったら見てやって下さい。 m(_ _)m


ハーフプーリーの比較
DSC02117























左側はノーマル、右側が星野設計ハーフプーリー

回転速度によりベルトがこの面を上下に稼働する訳ですが、
もっともベストな状態は。。。。

スタート時は、一番下(中心側)までベルトが落ちていること!
最高速時は、一番上(外側)までベルトがセリ出してくること!

このハーフプーリーとローズの組み合わせでどうなるか楽しみです。

DSC02084























セッティング後のベルトの位置は・・・・

ベルトの背中がかなり外に飛び出します(上の写真)

セカンダリープーリーの外周から3.86mmベルトが飛び出します。

ベルトの内側を見ると、プーリーのベルト押さえにベルトが完全に当たっ
て擦れている(下の写真)ので、この状態がベルトが一番下まで落ちて
いている状態なのだと思います。

つまりプライマリー側で、ベルトが一番下まで落ちた状態は、セカンダリー
側ではプーリーの外周から3mm以上ベルトがはみ出すと言うことなの
かも知れません。。。。

BlogPaint























無題


















エンジン始動!!


ドライブケースに蓋をする前にエンジンを始動し稼働確認!!
快調です。。。。(*^^)v



ドライブケースに蓋をしてからエンジン始動!

しかし・・・・

エンジンの掛かりが・・・・なんか悪い・・・・・・(>_<)

まるで、バッテリー上がりの時のような感じに・・・・

回転を上げて無理して走れば走れるが・・・・


ドライブケースとベルトが干渉している?


ケースを外してみると、下の写真の箇所にベルトが当たっていました。

DSC02070






















DSC02068
























 無理もありません。

 ベルトがかなりセリ出しているので・・・・

 駆動系をチューニングするのは自己責任の世界です。。。。
 
 自分の好みのマシンに仕上げる・・・・

 自己責任の世界だから面白いのです。(*^^)v
 
 
 と言うことで、ドライブケース内側をサンダーで研磨します。

 工具はホームセンターでレンタルしました。(1泊2日360円)
 研磨するための歯は購入。(各750円)

DSC02101






















DSC02164
























素人の工作なので、研磨後はこんな感じに。。。。
BlogPaint






















DSC02139






















DSC02147

























場所によって削る深さが違いますが、深いところで2~3mm、浅いところで1mm程度です。
意外と簡単に削れるので、削り過ぎに注意。
加工は素人の自分でも1時間程度で完了。

削る場合、
ある程度削ったらドライブケースをセットしエンジンを始動、
またドライブケースを外し、当たる場所を確認し再度研磨を2~3回
繰り返しました。


【研磨する場合の注意点とコツ】
 
自分は初めて行ったので最悪・・・・ケースに穴が開いてしましました。
 注意点とコツは・・・・

①余計な部分を削り過ぎないようにするために、削る部分を
  マジックなどできちんとマーキングする。
  
②サンダーは上下左右に動かすと、自分の様に汚い加工になります。
  上から下への一方通行で行う。
  
③削り過ぎケースに穴が開いた場合はパテで塞ぐ。
  エポキシのパテで補修すれば15分程で実用強度に・・・・

④鉄粉が飛び散るので、ゴーグルと汚れても良い服装で!
  自分はゴーグルが無かったので、不要になったシールドを付け
  ヘルメットをかぶり作業しました。


【テストの結果】

 冒頭に記載した通り、0-100kmで5.74秒

 3点セットの組み合わせ・・・・0-130kmまでの加速は最高でした!

テスト結果(20110206)






















【結論】
  
  スタートから130kmくらいまでの加速は素晴らしいです。
  高速域での加速の伸びは、いま少しかな・・・・と感じます。
  従って、峠を攻める走り方、ミニサーキットでのレースなどは、
  かなり期待できる走りになると思います。
    
  今回は、単に部品交換だけではなく、ドライブケースの研磨が
  必要になるため施工にあたっては自己責任で行って下さい。

  自分のTMAXはマロッシ着装時から高速域の伸びがイマイチで
  した。
  走りの特性には個体差があるのだと思っています。
  3点セットの組み合わせで、高速域が伸びない原因は、個体差
  によるもにかも知れません。
  星野設計さんによると、3型にローズをセッティングし190km
  オーバーの車両もあるのに、なぜ高速が伸びないのだろう・・・・
  と言われました。やはり車両の個体差は意外と大きいのか!  
  
  次回はセンスプを「赤」から「白」に戻してみたいと思います。
 
  ※計測は、ロングスクリーン+トップケース+ナックルバイザー付、
   またカウルも外したままの状態でした。
   空気抵抗が大きかったのと、自分の体重も80kgあり、燃料も
   満タンだったため、条件としてはかなり悪い状態でした。




【エクストリームローズ+ハーフプーリー+専用ランプレ】

 高精度ランププレートではなく、ローズ専用のランプレに戻して
 テストをしてみました。
 結果は以下の表のとおりです。

 スタート時の加速は、高精度ランプレより若干劣ります。
 しかし、高速域は専用ランプレの方が伸び良く、特に110-140km
 間の追い越し加速は面白いようでした。


テスト結果表














上記の数値から3車の比較をしてみると!
「MHR」 vs 「ローズ」 vs 「ローズ+ハーフプーリー」

※100kmに達した時、3車にどれだけの差が出るか、 計測タイムを基に
  単純計算したものです。


比較


















※概算ですが、ノーマルTMAXが時速100kmのとき「ローズ+ハーフプーリー」の車両は
  ノーマルTMAXの約100m先を走っていることになります。






 いずれにしても今回のテスト結果から、エクストリーム・ローズと
 ハーフプーリーの組み合わせは最強であることが分かりました。
 
 
 機会があればシャシダイでパワー計測をしたいと思います。



 今日もブログをご覧頂き、ありがとうございました。 m(_ _)m



  

Posted by tmax5004b5 at 01:29Comments(36)TrackBack(0)

2010年11月16日

第2回プチオフ・ツー in 静岡県日本平

【第2回プチオフ・ツー in 静岡県日本平】は、
おかげさまで無事に終了いたしました。

 参加頂きました方々、また、当日お見送りに来て下さった方々、
そして、都合により参加出来なかった皆様に厚く御礼申し上げます。

当日の様子は次のとおりです。

<参加者>
【関東組】
・ノリパパT魔さん     ガンメタ2型 
・KOMPRESSORさん ホワイトMAX3型
・TMAX&D700     ブルー3型

【東海組】
・TomyMaxさん     レッド2型
・bin31さん        ブルー2型
・ココ・ケンさん      リード110

【見送り隊】・・・・お見送りありがとうございました!
・T魔さん          ブルー1型
・NMAXさん        ブラック3型
・さくらさん         ホワイトMAX3型 

ノリパパT魔さんとTMAX&D700は前日に集合しローズのテストと、愛車の清掃をしました。
ノリパパT魔さんのローズを取り付けた車両の驚くべき計測値は最後に記載いたします。
お楽しみに・・・・


14日  7時30分に港北SA下りに集合
DSC01922


















お見送りにきて下さったT魔さん、NMAXさん、さくらさん!
本当にありがとうございました!
次回の参加を楽しみにしています!(^^)!



9:27 静岡インターにてTomyMaxさん、bin31さん、ココ・ケンさん
     と合流、自己紹介の後 日本平へ向け出陣!!
DSC01928



















10:00 日本平に到着!
      そこでお茶を飲みながら、1時間近くTMAX談義に
      花を咲かせ、互いにマシンを観察しました。
DSC01934


















全員の写真を載せたかったのですが、タイマーで撮影した分が・・・・(>_<)失敗!!


参加者全員での集合写真!<日本平駐車場にて>
あいにくの曇り空、本来バックに見える富士山は写りませんでした。
左から
D700&TMAX、KOMPRESSOR
さん、TomyMaxさん、bin31さん、ココ・ケンさん、ノリパパT魔さん
DSC01938



















KOMPRESSORさん、第一回目プチツーは完全ドノーマルで参加でしたが、今回は、
前後ともサスをオーリンズ、ブレーキマスター、ショートスクリーン、前後LED化etc
と大進化を遂げていました。中でもオーリンズのサスはインパクト大で日本平に集まった
バイク乗りから熱い視線を浴びていました。
DSC01930

















ヨーロッパから個人輸入をして、セッテイングは自分で行ったそうです。
日本で買う価格の半分くらいだとか・・・・円高の影響で今は安く買えるようです!

DSC01931



















bin31さん、ボディーと同色のブレンボのキャリパーがとっても いかしていました。
DSC01943



















同じく、bin31さんのマフラー・・・・楽器のように渦を巻いたエキパイ!カッコ良かったです。
DSC01946



















TomyMaxさん、ブルーに焼けたエキパイとトップケース、それと赤が大変お似合いでした。
自己紹介の時、TMAXの写真とプロフィールが書かれた名刺を頂きました。
私もマネをして作りたいです!

DSC01945



















ココ・ケンさんのリード号、ココ・ケンさんはTMAXに憧れ大型免許を取得したそうです!
早くTMAXが納車されないかと楽しみにしていました。
心待ちにしている「あの笑顔」が忘れられません!
次回はTMAXで一緒に走りましょう!(^^)!

DSC01947



















ノリパパT魔さん、顔が映るくらいガンメタボディーがピカピカでした。
前日に私のTMAXもポリマー加工をして頂きました。 ありがとうございました!

DSC01950



















前後ともウインカーは自作のLEDウインカーでした!
出来はバッチリです。いい仕事してますね~っ! 点灯した写真じゃなくて残念です。

DSC01951



















清水市内で給油を終え昼食に向かいます。
DSC01957



















昼食は、ココ・ケンさんの紹介で、清水市で有名なハンバーグ専門店「さわやか」へ!
確かに旨~い! 
帰宅後、口コミで調べたら評価ランキングNO.1でした。
ココ・ケンさん 美味しいお店を教えて頂き、ありがとうございました。

DSC01959



















TMAX談義で時間も忘れ、気がついたら14時を回っていました。
DSC01962


 
















14:20  「さわやか」の駐車場で次回の再開を約束し、関東組、東海組ともに
       帰路につきました。

TomyMaxさん、bin31さん、ココ・ケンさん、KOMPRESSORさん、ノリパパT魔さん
本当にお疲れさまでした。

第3回目のプチオフ・ツーは来春になりそうです。
多数の参加をお待ちしています!





つづいては・・・・

【ノリパパT魔さんエクストリーム・ローズのテスト結果】 

プチツー前日に、ノリパパT魔さんのローズを計測させてもらいました。
ノーマルの逆車で駆動系以外には手を入れていません!

ウエイトローラーは、14g×4個、18g×4個
センタースプリングが、マロッシの「赤」
この状態で計測し、結果は以下のとおりでした。

<結果>
0-100km  5.9秒
0-120km  8.0秒
0-140km 11.0秒
0-160km 16.1秒
0-180km 34.0秒

この数値は、次頁のYoutubeで紹介したイタリアのTMAXターボを
凌ぐタイムです。
ちなみに、74馬力のジレラGP800が0-100km5.7秒ですから
この加速タイムがどれだけ早いかが良く分かります。

「これならば750cc必要ないね!」これが二人の意見でした。

ただ、WRのセッテングですが、ローズにはWRの溝が低速・高速用
が1本づつあるためセッティングが無数に出来る形となります。

今回は、ノリパパT魔さんがあみ出した独自のセッティングで、この場
で私の方からお伝え出来ません。
「セッティングを変えたら走りが劇的に変わったようです。」
ノリパパT魔さんの了承が得られ次第、価格コムの板でお伝えしたい
と思います。


<余談>
エクストリーム・ローズをバイクツーの人に見せたら、「これってワンオフですか?」と
聞かれました。
確かに鋳造で大量生産している部品ではありません、1個1個旋盤で削り出して作ります。
従ってローズはワンオフのパーツなんですね!
改めて感激・・・・

  

Posted by tmax5004b5 at 03:57Comments(32)TrackBack(0)