2019年07月27日

#13 日章学園高校×西京高校

インターハイ2回戦。
西原町民陸上競技場の第2試合は日章学園高校と西京高校。

日章学園は宮崎県代表。4年連続15回目の出場。プリンスリーグ九州所属で現在4位。1回戦はシードで2回戦からの出場。
西京は山口県代表。3年ぶり5回目の出場。山口県1部リーグ所属で現在5位。1回戦は香川西高校に3-1で勝利しての突破。


日章学園高校
GK 17 清原寛斗 2年 セレソン都城FC
DF 2 濱松凜 3年 日章学園中学
DF 3 後藤翔 3年 日章学園中学
DF 4 古賀照也 2年 サガン鳥栖U-15
DF 5 阿部稜汰 3年 日章学園中学
MF 9 齊藤元太 3年 太陽宮崎U-15
MF 6 中別府柊太 3年 日章学園中学
MF 7 葭岡遥来 1年 日章学園中学
MF 8 日吉悠真 2年 日章学園中学
FW 11 木脇蓮苑 1年 日章学園中学
FW 10 鈴木陽介 3年 日章学園中学

____10__11____
_8________9_
____7__6____
_5__4__3__2_
______17______

日章学園は4-4-2の布陣。
今シーズン初観戦。
キャプテンは阿部稜汰、率いるのは早稲田一男監督。


西京高校
GK 1 恒富優貴人 3年 大内中学
DF 5 西樹 3年 川西中学
DF 4 原田廉 3年 クレフィオ山口FC
DF 2 山下葵 2年 クレフィオ山口FC
DF 14 宮崎琳太朗 3年 灘中学
MF 15 前田唯翔 2年 グランザ下松FC
MF 7 石澤海人 3年 クレフィオ山口FC
MF 9 西谷嵩冴 3年 クレフィオ山口FC
MF 8 三竜之介 3年 周陽中学
FW 10 水津彰太 3年 FCグラバ
FW 3 井上潤 2年 鴻南中学

____3__10____
_8________15_
____9__7____
_14__2__4__5_
______1______

西京は4-4-2の布陣。
今シーズン初観戦。
キャプテンは石澤海人、率いるのは田邊宏司監督。


35分ハーフでキックオフ。

8分。日章学園は右CKのはね返りをPA奥から鈴木が右足ハーフボレー!勢いもあり決まったかに思えたが、これはGK恒富がビッグセーブ!

立ち上がりからオープンで打ち合いという印象のゲーム。お互いノーガードで殴りまくるイメージ。
共にシンプルに前へ預けて、そこに人数が絡んで縦へガンガンいく。またお互い切り替えはしっかり行う。失うと前プレ・プレスバック。囲んで奪ってショートカウンター。両チームとも徹底しているのは気持ちいい。
ここまでは好ゲーム。観ていて面白い。

35+2分。日章学園は木脇がPA右で受けるとターンからシュート!これはGK恒富がセーブ!

このまま前半終了。
展開としては五分五分。やや日章学園。
共に真正面からぶつかり合う好ゲーム。攻守の切り替えが共に早く、激しく攻守が入れ替わる。
ただ中央の守備が堅いため、PKもあるかなという印象。残り35分も激闘が予想される展開。

後半開始。
両チームともに交代はなし。

42分。日章学園は齊藤を使って濱松が右サイドを突破。そこから濱松はスピードのあるクロス。これがニアでDFに当たり、軌道が変わるもGK恒富がセーブ!

44分。日章学園は左CKを日吉が入れると中央に飛び込んだ中別府がフリーでヘッド!叩きつけすぎたかボールはバーに当たり外へ。

後半は日章学園ペース。
前半以上に強度を保ったプレーで激しくいく。また中央の狭いスペースの攻略にもチャレンジしていく。
畳み掛けるような前プレは迫力十分。

49分。日章学園は日吉が中央から裏に出すと、木脇が抜け出してGKと1対1。木脇のシュートはGK恒富が身体に当ててCKへと逃れる!

50分。日章学園はこれで得たCKからこぼれを右サイドからクロス。PAニアで木脇が触るも外へ外れる。

54分。日章学園は左CKを入れると、これがPA中央で弾かれ戻される。このボールをPA奥から鈴木が身体を保ちながらハーフボレー!豪快な一撃はゴール左上に突き刺さり、日章学園が先制!
☆日章学園 1-1 西京

日章学園が勢いのままに先制。
後半はより強度が高まった印象があり、奪われてからの前プレを徹底。相手陣地で押し込む展開が続いた。

60分 日章学園 葭岡遥来→前田聖七
60分 日章学園 日吉悠真→藤本優希
60分 日章学園 齊藤元太→小野大斗
前田はそのままボランチ、藤本もそのまま左サイドハーフ。小野はFWに入り、木脇が右サイドハーフに降りる。
前田と藤本は日章学園中学出身の1年生。

63分 西京 水津彰太→原田聖音
原田はそのままFW。

64分。日章学園は前田と小野で中央にてパス交換。そこから前田がDF間を通すパス。飛び出した藤本が倒れながらもシュートを放つが、これは左ポストに嫌われる。

68分。日章学園は左CKのこぼれから拾った木脇がクロス。左サイドからのボールにファーで鈴木がヘッド!完璧かに思えたが、GK恒富が片手で弾き出すビッグセーブ!

70分 西京 西谷嵩冴→小縣信斗
小縣はそのままボランチ。

70+1分 西京 井上潤→東原諒
東原は右サイドバック。西が右サイドハーフに上がり、前田がFWとなる。

70+3分 日章学園 木脇蓮苑→吉田剛之介
吉田はそのまま右サイドハーフ。

終盤は西京が押し込む展開。
プレースキック、ロングスローとシンプルにボールを放り込む。
日章学園も集中してしっかり跳ね返すアツイ展開。

70+4分。西京は右サイドから前田がロングスロー。ニアではね返されるも、中央右で石澤が拾って大外の前田へ。前田は右サイドから低く速いクロス。DFとGKの間という絶妙のコースに蹴られたボールは大外まで流れて、走り込んだ原田が滑りながら触る!これがゴールネットを揺らして、西京が土壇場に同点弾!
☆日章学園 1-1 西京

このまま前後半終了。
試合は大会の規定により即PK戦となる。

PK戦は先攻が日章学園、後攻が西京。
両チーム成功して迎えた3人目。日章学園のシュートは右上バーを叩き枠外。
このままPK戦は進み、西京は5人全員が成功。
劇的弾で追いついた西京がPK戦も制して、ベスト16入り!

日章学園はグッドチーム。
最後まで集中を切らさずに強度をもって闘ったが後半アディショナルに失点。PK戦で散った。
サイドバック2人は能力が高く面白い。
濱松凜は右サイドをアップダウンするSB。豊富な運動量で右サイドの攻撃を活性化させる。
阿部稜汰はオーバーラップしてというタイプではなく、後方からのビルドアップで貢献するタイプ。また守備のバランスも取れる選手でカバーリング能力も高い。
中別府柊太は個人的に面白かった選手。179cmの長身ボランチは、両足を丁寧に使えて長短のパスでゲームを組み立てる。広く動いてフィニッシュにも関われる選手。
日吉悠真はドリブルで縦に仕掛ける推進力のあるアタッカー。キック精度も高い。
前田聖七は中盤で変化をつける技巧派MF。ボールを受けるまでの動きも面白く好印象。全中優勝世代である1年生。
木脇蓮苑は前線で盛んに動くFW。あとはフィニッシュのみ。こちらもまだ1年生。
鈴木陽介は173/69とガッシリとした体躯があり、前で収めて闘える力を持つストライカー。重戦車のような迫力ある仕掛けも出来るので、もう少し前を向くシーンがあれば。

西京は前半こそ互角の展開も、後半は防戦一方。
その中で少ないチャンスを逃さず勝ち切った。闘えるチームで、連戦が続くインハイでは頼もしいチームだ。
恒富優貴人は168cmとGKにしては小柄だが、本日はビッグセーブを連発し存在感はとても大きかった。鋭い反応からのシュートストップだけでなく、前に出る判断力とアグレッシブさ。そして長短のキックも兼ねる。MOMに異論はない。
山下葵は2年生だが守備の中心となる選手。173cmとCBにしては小柄だが、足を動かして初速の速さからボールを掻っ攫う。
石澤海人は中盤のリンクマン。奪ってからの切り替えも早く、中盤で要となる。
前田唯翔は2年生だが攻撃の中心を担う。プレースキックを任されるだけのキック精度と、豊富な運動量でピッチを駆け回る。クレバーな選手っぽく、状況に応じて自由に動いて貢献する。
水津彰太は前で突貫型に突っ走るストライカー。


日章学園高校 1(4PK5)1 西京高校
7/27 12:00
全国高校総合体育大会 2回戦
西原町民陸上競技場
54分 鈴木陽介 1-0
70+4分 原田廉 1-1
私的MOM:恒富優貴人

IMG_0700

IMG_0711

IMG_0716

IMG_0727

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール

tmge_56_z_z