2014年06月20日

ギリシャ戦(ワールドカップ第2戦)1

ヤッピー\(^o^)/

本日ワールドカップグループC予選2戦目日本×ギリシャ戦が先ほど終わりました。
世界の壁は厚いというのが良い言い方の感想でしょうか。

今回の試合は、前回のポイントも抑えつつ1点差又はどちらが1点を取るかのゲーム展開になることは予想付いていました。
ギリシャは知っての通りヨーロッパ予選では失点数が一番少ないチームだからです。
またヨーロッパのチームということで、勝負はラストの15〜20分でした。この疲れている時間でのチャンスが多く発生すると思われるのでそこでいかに決めるかと思っていました。

戦略的に問題があったのかなと思います。
このワールドカップに入って大迫を先発していますが、その前までは柿谷が多かったはずです。なぜワールドカップ近くになって大迫に変えたのか。
それから本日スピードが必要な試合で、香川に変えて大久保を先発したのはなぜか?香川を前回の試合の結果から外したとしても、斎藤を使うという選択肢もあったのかなと思います。香川を後半12分から出ましたが、出すのであれば後半最初から出すべきだったのかなと思います。

ポイントとしては、前半早い段階でギリシャが10人に減ったにも関わらず1人優位な状態をうまく利用できず攻められなかったのは、次のコロンビア戦にはかなりマイナスな面だと思います。ギリシャが、早い段階で運良く点取れなかったとしても引き分けでも良いという形に切り替えれたという言い方もありますが、それは違ってそのチャンスをモノにできないということを直視するべきである。やはりチャンスをモノにできないチームは決勝トーナメントに出ることはできないのがワールドカップなのです。
そのことで言うと、大久保2〜3回、内田1回などと決定的チャンスがあったにも決めきれないというのはダメですね。試合後大久保のコメントで、もっともっと中にボールが入れてれば決めれたという発言がありましたがそうではなくて2回もチャンスがあったら最低1回は決めなければダメということで、でなければ代表なんかでプレーしちゃダメです。去年得点王になったのだとしてもそれはまぐれということになります。
大久保はスーパーサブですから、途中出場のカードとして使うべきだったと思います。

次コロンビア戦は、コロンビアが決勝Tに出場決めているので幾人かメインの選手は休むと思うので勝つチャンスが出てくると思いますが、どう崩すかですがパスで崩すのは南米のチームには難しいと思うので、スルーパスに岡崎や柿崎などを走らせ1,2タッチでシュートするといったオランダのような試合をすることができれば勝てると思います。
コロンビアやスペインに勝ったチリも含めアルゼンチン、ブラジルと南米のチームはパスサッカーの長所、短所を知り尽くしていますからそれだけで行くのは難しいと思います。
ただしコロンビアに勝って、コートジボワール×ギリシャの試合結果で2位が決まるという厳し過ぎる状況です。

私はオランダとドイツの決勝戦を楽しみにしながら、ワールドカップを楽しみたいと思います。

ではでは(^_^)/

tmnetfactory at 10:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字