2014年06月25日

コロンビアに負けて…

ヤッピー\(^o^)/

日本負けてしまいましたね(*_*)
やっぱりコロンビアは強かったですね?!
日本としては数少ないチャンスをモノにできないとやはり上位チームには勝てないですよね?!
やはり日本の得点に近かったのは岡崎でしたね?!この一年のブンデスリーガでの得点力は伊達ではなかったですね。岡崎をトップにして戦略を考えるべきだったと思いますが、不幸にも右サイドハーフ(MF)を岡崎の代わりになる選手がいなかったといっても過言ではないのも事実。斉藤を使うのもひとつの手だし、酒井選手を入れるてもいいかと思います。
とにかくギリシャがコートジボワールに勝ったわけですから、1戦目負けたのはやはりダメだったということでしょう。
調子のいい選手を優先するのであればやはり岡崎が点とれる状況を優先して戦略たてるべきだったでしょう。
大久保は今回のサプライズ選出ですから、スーパーサブとして途中出場のカードで使用すべきでそのカードを最初から使ってしまうと次にきるカードが切りづらくなるので、大久保先発は失敗だったと思います。
ま、とにかく予想が当たってしまったと自分で思っていますが、当たってしまって残念です。

現代サッカーの主な戦術は時代時代でちょっとづつ変わって来ているのは、強いチームに勝つために色々と戦略が出てくるので進化したり、昔あった戦略をマイナーチェンジさせたりという表れではないでしょうか。

前南アフリカ大会前後はスペインが強かったせいかパスサッカーが主流な感じではありました。
パスサッカーは今後も重要な戦略になると思いますが、あとはオプションをいかに多く持っているかがが重要なことになってくると思います。
わかりやすく言うと、南米タイプということですが状況に応じてスペインサッカーをしたり、オランダのようなサッカーができるかが重要になってくると思います。
南米スタイルというのは、南米チームはどこのチームもそうなのですが基本陣形があるのですが、それに問わず相手の戦略に応じて陣形や戦略を変更できるスタイルなのです。オフェンスよりもディフェンス面でこのスタイルをするのはかなり難しいです。かなりクリエイティブな選手が揃ってないと難しいのです。
ただこのスタイルをするには、ロッペンのように高速で走れて、ファンペルシーやミューラーのようなストライカーもいて、パサーもいなければいけませんが、パス回しもできる選手が揃わないといけないということですが、メキシコとオランダのサッカーを融合させたスタイルを確立し、それを日本のサッカーにするのがいいのではないかと思います。

ではでは(^_^)/

tmnetfactory at 10:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字