トップページ » 2011年04月
2011年04月

小沢昭一的こころ

0dee6da4.jpg



536e3fac.jpg97a36eb3.jpg










戦中、戦後を生きてきた人の「こころ」だけに納得できるなあ,,,,,,

この記事を読んだ翌朝..25日
NHK第1の「ラジオ深夜便」を薄らぼんやり聞いていたら
午前4時から「天野祐吉の隠居大学」が始まり、ゲストは小沢昭一だった。

あの頃(戦争中)は「若桜」とか言ったが、それは「早く散れ」ということだ・・ とか
あの頃は「迷うことなく軍人になる」ことだった・・ とか
軍歌を歌っても「反戦の歌」だった・・ とか

俳優とはいい加減なものである。
自分は俳優一筋でなく好きなことをやってきた。
お客を喜ばすだけではつまらない。
自分のためにちょっとしたことをしたい。
食っていけないから俳優稼業をしてきた。

みたいな話を小沢節で。

収録はいつだったのだろう・・・
小沢昭一 82歳 ますます好きになった。

tmrt_ryutmrt_ryu  at 14:52 この記事をクリップ! 

「フクシマ」でオイラも考えた

ノンキに寝てるわけじゃあアリマセンゼ。いやけして・・・・

686acae2.jpg2f17b868.jpg



触ってもピクともしない肉球 
眠っているとしか思えないが・・・


 
今日の朝刊に

フクシマ 世界が見つめる

チェルノブイリ原発事故から25年。
チェルノブイリから「フクシマ」が学びとれるものは─────。

という記事があり

そうか、福島 フクシマ になったのか・・ と思ったのだった。


オキナワ  ヒロシマ  ナガサキ ミナマタ トーキョー

地名がカタカナに変わるということ・・・
それは、「悲劇(不幸・悲惨なできごと)の地」として世界が記憶する、ということなんだね。

(トーキョーも?


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■


日本語クラブにウクライナの人が来ています。
(ご主人は日本人。ウクライナの医療マッサージの免許を持っています。
国の話、チェルノブイリの話などしました。
大震災が起きる前のことです。

ウクライナはとても美しい国。
秋は本当に美しい。

チェルノブイリは?

何人かの人が住んでいます。

え?
住めるようになったの?

居住禁止だけれど住んでいます。


今日の記事によれば、そんな人々のことを

サマショール・・ 自発的な帰郷者 と呼ぶらしい。

土壌汚染を理由に半径約30前萋發竜鐔擦禁止され、立ち退きを求められた住人は約12万人。
しかし、移住先になじめず、精神的に追いつめられた住民らが、徐々に戻り始めた。
総計約2千人。多くは亡くなったり再び移住したりしたが、現在も約200人が原発周辺で暮らすという。
多くは故郷を懐かしむお年寄りだ。
政府や自治体は事実上黙認。一部に配電するなど、生活を支援せざるを得ない。
立ち入り制限区域管理庁は、「手厚くすれば、立ち退きさせられた人々に『避難しなくてもよかった』と思われ、難しい」と漏らす。
                 
                      (記事、一部抜粋)

最近は、首都キエフで失業した若者らが、無料の家を求めて区域内に住み着く例もあり
人数も公式に把握された数より多いと見られ、区域内の村の一つバザルでは現在の人口は500人を越えている・・ とか。


近所の留守宅に福島から避難してきた方がおられました。
車が「いわき」ナンバーだったので、福島からとわかったのです。
少し前、車がなくなっていました。
聞いたところによると、馴染めない、というよりも、することがない。
そんな理由から帰っていかれたそうです。

そうか・・ そうなのか・・ そういうことだよね・・ と
今ここにある(在る・有る)自分の幸せを、しみじみ思ったことでした。


チェルノブイリでは事故処理のため、今なお何千人もの人が働いているとも聞いた。
25年も経っているというのに。

稼動した期間の2倍、3倍、それ以上・・・
何年かかろうと、後始末は人間がするしかないんだね。
だって、人間が作り出したものなのだから。

tmrt_ryutmrt_ryu  at 15:39 この記事をクリップ! 

ある晴れた日のこと

e5d18ab9.jpg
779f9b9e.jpg






f2cd9720.jpg







空を見上げ
大きく息を吸い込んで背筋を伸ばし
苔をフカフカ踏んで
ふと足元を見ると・・ スミレ

気持ちいいなあ。


春も本番の今時期は大忙し。

冬物を片付けたり
草取りをしたり

あれも・・ これも・・ と、大車輪で大働き〜


2d44e58e.jpg


伸びすぎたモッコウバラの枝切りをしていたら
枯れ草の塊が・・・・


8adaf2bc.jpg

中に何もいないのを確認後
絡まった枝から取り外してみたところ
既に空き家になった鳥の巣でした。



よくよく見ると、非常によく出来ているのです。

c5837a39.jpg

土台は太目の枯れ草で出来ており
外壁は細くて柔らかそうな枯れ草で囲われ
居室は枯れ葉の絨毯が敷きつめられています。



この家の主、何処の空へ飛び立っていったのかしら?


 .。o○.。o○.。o○.。o○ (*'▽')('▽'*) .。o○.。o○.。o○.。o○   


そしてまた、ある晴れた日のこと。

二階の窓を開け放して掃除をし

といっても、杉・檜花粉対策のため掃除が終わったら窓は閉めざるを得ない。
春の残念なことの一つです。

さて、お次は一階の掃除だ。

窓を閉めた二階でバタバタバタバタ、音がするのです。

bb02eb03.jpgf4b3c110.jpgf5799a99.jpg







ヤマガラでしょうか?
窓を開けてやると、パーッと晴れた空へ飛んでいきました。


掃除も終わり
ふと、芽吹き始めたモミジの木を見ると・・・

b999d703.jpg


さっきの鳥が枝にチョコンと留まり
こっちを見ていました。


tmrt_ryutmrt_ryu  at 12:51 この記事をクリップ! 

春の行事

昨日、10日。

羽村の堰
  へお花見に行きました。

羽村の堰(正式名称・東京都水道局羽村取水堰)は、玉川上水の取水口です。

5eaf6c2b.jpg



c2d643d3.jpg







ac9dc822.jpg




玉川上水の開削を請負った玉川兄弟の銅像

後ろに多摩川が見えます。
(遠足やクラス会で行った大昔)は、
もっともっと水量があった(はずだ)けどなあ・・・


38ca3e7e.jpg34b914c6.jpg

花曇の空の下
ひと時
鬱屈を忘れ
ゆっくりゆっくり・・・

10698a66.jpg



新しい生命の芽生え





そして今日。

あの日から一ヶ月・・・
その時間、雷鳴が轟きました。

春雷です。

tmrt_ryutmrt_ryu  at 15:57 この記事をクリップ! 

小さな一歩

4月。

新しいスタートのときですね。

ふるさとで、避難場所で、または全くの見知らぬ地で
子供たちが小さな一歩を踏み出した、というニュースが聞こえてきます。

不安がいっぱいに違いない子供たち・・
精一杯の笑顔と希望あふれる言葉が嬉しいです。

この小さいけれど力強い一歩一歩が集まって、大きな大きな歩みになってゆくことでしょう。


246eb916.jpg






雲ひとつない空

今日は
日本全国  晴れマーク





fd72c6bd.jpg

オイラの縄張り

 日差したっぷり




((p(*>ω<*)q)) ((p(*>ω<*)q)) ((p(*>ω<*)q)) ((p(*>ω<*)q))

  
 どーも、穂高です。

b642b94d.jpg



9歳半になりまして・・・

以前の顔 と比べると
どうも最近
顔全体が白くなっちゃって・・・
寄る年波を思う今日この頃であります。



ところで。

これからしばらくの間、オイラにとって受難が始まる。
というのも、換毛・・・

アンダーコートがたっぷりのオイラ
ピンブラシで
ブラッシング ブラッシング ブラッシング ブラッシング ブラッシング

ブラッシングしてもらうのは気持ちいいんだけど
このピンブラシは苦手なんだ。

4cb3c817.jpg


← 
一度のブラシで、こんなにゴッソリ・・・



だがしかし。

444c2b90.jpg

← 
まだまだこんなに浮いた毛が・・・
(換毛したところ、そうでないところが歴然




換毛が終わった暁のスマートなオイラ・・ 乞う、ご期待!

tmrt_ryutmrt_ryu  at 14:30 この記事をクリップ!