スポーツ観戦紀〜サンフレッチェ広島編〜

サンフレッチェ広島をメインにプロ野球や大学ラグビー、F1等スポーツに関する観戦紀。広島の話題やMAZDAの話題が入る事も!

寿人が千葉、工藤と会食

IMG_7817

寿人のブログに
千葉、工藤と会食をした事が
アップされていました。

悩めるスリーショットに
少し複雑な想いが有りましたが
結局、このメンツが広島を名古屋を救うんでしょうね。

机の上に財布が置いてある事をみると
会計前のタイミングですかね?

ブログ本文には少し気になる寿人からの依頼事項が。

「アウェイでもスタジアムを真っ赤に染めようと
素晴らしい雰囲気を作ってくれているグランパスを応援する人達に
配慮して頂けたらと思います」

サンフレッチェのユニフォームや
紫色のゲーフラ等で寿人を応援しないで…。

という事でしょうか。

この文章を見て少し気になりネットサーフィンしてみると
名古屋の一部サポからは寿人に対して
「広島を大事にし過ぎている」的な意見が出てきているようです。

寿人を困らせない為に
私達も節度を持った応援を実施しましょう。

がんばれ、寿人!
がんばれ、千葉!
がんばれ、工藤!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

金鳥スタジアムはターニングポイント

絶望を味わった金鳥スタジアム。

山梨中銀スタジアムでの勝ち点3で
私達は再び未来への希望を抱く事が出来ました。

いつの日か、このような事が有りましたね。

2013年。
逆転優勝を狙い、絶対に負けられないと
乗り込んだ金鳥スタジアム。

シンプリシオのゴールにより0-1の敗戦。
残り2節の状況で首位、横浜と勝ち点5。

私達はまだ微かな望みを残しながらも
絶望の思いで大阪を後にしました。

ただし、次節ホーム湘南ベルマーレ戦で勝利を収め
首位横浜Fマリノスと勝ち点差2とし青山のあの名言を
生み出しました。

「まだ終わって無いですよ。皆で鹿島に行きましょう。
優勝しましょう!」

金鳥スタジアムで絶望を味わった次節で
勝利を収め、大きな勇気をもらう。

私達にとって金鳥スタジアムでの
敗戦は輝かしい未来へ向かうための
大事な大事な出来事なのかもしれません。

このまま上昇気流に乗りましょう!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

工藤壮人の起用法、大きな決心。

中国新聞によると
森保監督は工藤が生きるポジションは
トップ下と判断しているようです。

今まで何回も記載してきましたように
私も工藤は1トップは適任では無いと考えています。

そこで工藤をシャドーの選手と考えた場合
1トップ候補は皆川かロペスか宮吉か…。

昨日の活躍で皆川を推す声が
今日は高いような気がします。

皆川を当分1トップで起用する判断なのであれば
工藤は森保監督が言うようにシャドーの
ポジションでチャレンジを考えた方が良いと思います。

そうなるとシャドーは激戦です。

柴崎、ロペス、フェリペ、森島、茶島、工藤。

2つのポジションに6人が挑む事になります。

セレッソ大阪戦を2017年の大きな節目にし
大脱皮しましょう!

がんばれ、サンフレッチェ広島!
がんばれ、工藤壮人!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

たかが一勝に涙、涙のスタンド

IMG_7763

たかが一勝に涙、涙のスタンド。

山梨中銀スタジアムは勝利の歓喜に包まれました。

1つ勝つって、こんなに嬉しいんですね。

試合の内容、云々はどうでも良いです。

「勝ち点3」

それだけが今の私達を強くしてくれる要素。

積み重ねていきましょう。勝ち点3を。
取り戻していきましょう、失いかけていた自信を。

さぁ、行こうぜ、どこまでも!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

広島、J2降格なるか…。

11節終了時点で17位。

降格圏内のサンフレッチェ広島。

過去2回の降格を振り返ると
2002年、監督人事のゴタゴタがあり
16チーム中15位で降格。
30試合8勝19敗3分、勝ち点26点。

2007年
2006年開幕から10戦未勝利。小野監督更迭等が有りながらも
望月監督の割り切ったサッカーやペトロビッチ監督の
ポゼッションサッカーがハマリなんとか残留が出来たものの
翌2007年は守備が崩壊し18チーム中16位で降格。
34試合8勝18敗8分、勝ち点32点。

個人的な話をすれば
2002年降格決定の札幌ドームゴール裏で
意味の無い延長戦を見ていました。
この日が林のJ1デビュー。

2007年は広島に行く事は出来なかったので
京都・西京極のゴール裏で平繁のアウェーゴールが
大きな意味を持つものと信じて夜行バスで
東京へ戻りました。

2回の降格を経験した私からすれば
降格はとても悲しい出来事ですが
それもまたクラブの歴史。
私とサンフレッチェの絆を深めてくれた出来事。
ただし、もう二度と経験したく有りません。

最近の強いサンフレッチェしか知らない
ライトなサポーターに私から伝えられる事は
浮き足立たない事。不安にならない事。
選手たちを、監督を、チームを信じて応援し続ける事。

私達が浮き足立ち、不安になり、騒ぐことは
全くチームの為になりません。

今の状況は2007年シーズンに本当によく似ていると思います。

守備に綻びが見え始めていた2016年シーズン。
優勝争いに絡むことが出来ず、消化不良のシーズンでした。
ウタカの得点力が有ったから、表面化していませんでしたが
セットプレーでの失点は既に昨年から増えていた気がします。
昨年は何とか乗り切れたものの今年は…。

まさに2007年の降格に似ています。
ただし2007年は中盤戦から後半戦の成績が酷かったです。

2007年は11節終了時点で
4勝3分4敗、勝ち点15点。
17得点21失点。

今年は11節終了時点で
1勝3分7敗、勝ち点6点。
9得点18失点。

2007年12節以降の成績は
4勝5分14敗、勝ち点17点。
27得点50失点。

この数字を皆様に見せて何が言いたいかと申しますと
私達にはまだまだ23試合も有るのです。

最高69点の勝ち点を獲得出来る可能性が有るのです。

セレッソ大阪戦を見ていて思った事は
選手がメンタル的に追い詰められ過ぎているという事。

まだまだ23試合も有るんです!
まだまだ23試合も有るんです!

目の前の勝ち点3を冷静に確実に。

サッカーを純粋に楽しみましょう。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

ロペスに一点だけお願いしたい事!

ロペスに一点だけお願いしたい事があります。

相手コーナーキックでニアに入って来たボールは
全部ヘディングでクリアをして欲しい。

先日のセレッソ大阪戦でも
ニアに入ったボールを近くにいるのに
クリアせずに失点してしまったシーンが有りました。

ドウグラスのように攻撃しろとは言わないので
コーナーキックのヘディングクリアだけはしてくれないかなぁ。

今まで余りヘディングの攻守共に
ヘディングの印象が薄いという事は
ヘディングが苦手なのかもしれませんが…。

攻撃面を一気にレベルを上げるのは難しいかもしれませんが
コーナーキックのニアでのヘディングクリアだけは
任せられないかなぁ。

ロペス、頼む〜!

ドウグラスが抜けて一番痛いのは
ニアに上がったコーナーキックを
ヘディングでクリア出来る人がいなくなってしまった事。

昨年から継続しての課題ですね。
ウタカはクリアは出来なかったけど得点が出来た。
11節の時点で9得点。
対するロペスは2得点、工藤は3得点…。

ロペス、ヘディングクリアだけは頼む〜。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

ヴァンフォーレ甲府戦、妄想スタメン

GK 中林
DF 水本、野上、塩谷
MF ミキッチ、柏、カズ、青山、ロペス、柴崎
FW 宮吉

SUB 林、千葉、高橋、丸谷、茶島、フェリペ、工藤

今のサンフレッチェでは
カウンターで相手が抜けて来た際に
フリー気味でシュートを打たれる事が多いので
動物的な反応の中林をGK。

前回の試合を見ていると千葉が悩んでしまっている
感じがするので、野上をリベロ。

本当はスプリントと裏への抜け出しが期待出来る
茶島をロペスの代わりに起用したいものの
宮吉との前線では余りに高さが足りない為にロペスを選択。

ボールロストも多いですがゴールも決めてますしね。

トップは工藤では無く宮吉。
彼の天才的な才能を今こそ開花してほしい。

選手交代は宮吉→工藤、カズ→丸谷、ミキッチ→高橋。

工藤をシャドーに入れて動きを見てみたいのですが
森保監督は、そんな事はしないでしょうね。

あっ、稲垣がメンバーに入っていなかった…。

しっかり準備して武田信玄を毛利元就が
倒すところを見たいものです。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

残留を懸けて、やっていかないといけない by カズ

セレッソ大阪戦終了後のミックスゾーン。
カズのインタビューが大変的を得ていると思います。

「今の自分たちの力が分かった事が収穫。
残留を懸けて、やっていかないといけない」。

残留を懸けた現実的な戦いに変えていきましょう。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

広島、やばいな by セレッソ大阪の誰か

試合終了後ロッカールームに引き上げる
セレッソ大阪の選手が、こんな一言を発したようです。

「広島、やばいな」

正解!広島、やばいかも…。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

広島、同じ負け方の繰り返し…。

惨敗に終わったセレッソ大阪戦。

今年のサンフレッチェを
見事に表現してしまった試合。

得点するとすぐに失点。

5失点中、3失点がカウンター
2失点がセットプレー。

前線がボールを落ち着かせられず
インターセプトされた上、カウンターを受け失点。

セットプレーで身体を寄せる事も出来ず
フリーに近い形でシュートを打たれ失点。

いつからこんなに危機管理が苦手な
チームになってしまったんでしょうか?

攻撃をやりきれないで
中途半端に終わってしまう事が多いので
全く相手チームにプレッシャーを
与えられていなく逆に攻撃が始まると
味方チームにプレッシャーが掛かってしまっているのでは無いでしょうか。

今日、思った事があります。

いっそのこと、望月監督時代のサッカーに
戻ってみませんか。

フィールドプレーヤー10名中7名が常に自陣深くで守り
攻撃はロングボールのみ。

4試合で2勝1分1敗の勝ち点7点を獲得しました。

守れない攻められない
今のチームには、この位の荒療治が必要かもしれませんね。

2006年のあの時は小野監督辞任の後
望月監督が何とか勝ち点を積み重ね
2ヶ月後にミシャが就任し、今日のサンフレッチェサッカーが
スタートしました。

11試合1勝3分7敗、勝ち点6で17位。

小野監督の辞任は4月18日。
8試合0勝3分5敗、勝ち点3で18位。

就任から5年間で3回優勝したという名監督では有りますが
似通った成績ですね。

森保一、大好きですが…。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
閲覧者 ? 人
訪問者数

    Recent Comments
    Archives
    安心食材
    語学を学ぶなら
    ブロガーにお勧め
    安心な水の宅配
    お勧めサイト
    全国地図

    ジオターゲティング
    • ライブドアブログ