スポーツ観戦紀〜サンフレッチェ広島編〜

サンフレッチェ広島をメインにプロ野球や大学ラグビー、F1等スポーツに関する観戦紀。広島の話題やMAZDAの話題が入る事も!

2016年1試合平均観客数ランキングJ1

2016年1試合平均観客数ランキングは以下のようになっています。

1位 36,935 浦和レッズ
2位 25,342 ガンバ大阪
3位 24,037 FC東京
4位 24,004 横浜Fマリノス
5位 22,136 川崎フロンターレ
6位 21,182 アルビレックス新潟
7位 19,103 鹿島アントラーズ
8位 17,729 名古屋グランパス
9位 17,018 ヴィッセル神戸
10位 15,467 ベガルタ仙台
11位 15,464 サンフレッチェ広島
12位 14,611 ジュビロ磐田
13位 12,857 アビスパ福岡
14位 12,636 サガン鳥栖
15位 11,814 大宮アルディージャ
16位 11,530 湘南ベルマーレ
17位 10,833 ヴァンフォーレ甲府
18位 10,728 柏レイソル

広島より下の順位を見ますと
小さなスタジアムのチームばかり。

平日開催が多かった事や天候に恵まれなかった
という事もあるかもしれませんが
5年間で3回優勝しているチームとしては悲しい数字。

平日の夜開催でも通いやすいところに
スタジアムがあれば…。

雨が降った際にも屋根があり
濡れずに観戦出来るスタジアムがあれば…。

臨場感溢れるサッカー専用スタジアムがあれば…。

3万人越えを目指すとは言いません。
でも2万人越えの仲間入りをしたい…。

2万人越えを出来るポテンシャルは
絶対にサンフレッチェにはある。

松井市長、なんとかなりませんかねぇ?

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

ケンペスの奥さんが「セレッソおめでとう!」

IMG_5177

セレッソ大阪のJ1復帰に関し
Instagramでケンペスの奥さんが投稿されたとの事。

旦那さんを亡くし、それどころでは無い精神状態だと思いますが
旦那さんの古巣を気にかけ、旦那さんのユニフォーム画像をアップ。

サッカーファミリーの絆を感じた出来事です。

ケンペス選手のご冥福を心よりお祈り致します。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

塩谷、更に2年間契約延長!来年からまた5年契約!

塩谷が契約更改に臨み
5年契約3年目の来年から更に
契約を自ら2年間延長してくれたとの事。

「中心となって、もう一度強い広島を作りたい」

と嬉しい言葉も。

青山といい、塩谷といい
心から応援し続けます。

広島を愛する男達と共に
強い強い広島を作っていきましょう!

塩谷、ありがとう!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015Jリーグチャンピオンシップ決勝ドキュメンタリー

去年の今頃は楽しかったですよね。

またyoutubeで
【短編ムービー】2015Jリーグチャンピオンシップ決勝ドキュメンタリー
を見てしまいました。

やっぱり決勝の舞台は
傍観者として見るのでは無く
当事者として立ち会っていたいですよね。

天皇杯、絶対に決勝に進出し
吹田で初めての素敵なタイムアップを迎えましょう。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

FC東京の補強が半端無い!

FC東京の補強が半端ないですね。

大久保嘉人
林彰洋
永井謙佑

代表級の3名を一挙に補強するなんて…。

さすが首都東京のチーム。

まぁ、スポンサーに名を連ねている企業名も
半端無いですからね。

東京ガス
三菱商事
エネオス
三井物産
清水建設 などなど

他にも

住友商事
JFEホールディングス
商船三井
日本郵船
大林組
鹿島
銭高組
大成建設
森ビル などなど

2017年シーズンは本気で
タイトルを狙いにきそうです。

浦和と共にビッグクラブを目指すのは
実はFC東京かもしれませんね。
5万人級のスタジアムも使えてますしね。

負けずに我々は地方都市のプライドを見せつけましょう!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

野津田の本命は名古屋では無く札幌?

野津田はレンタルバックでは無く
札幌が相思相愛との事です。

名古屋が野津田に興味を抱いているというニュースにも
驚きましたが、今日のスポーツ報知には
札幌がレンタルでの獲得を狙っているとのニュースが
アップされました。

人気が有る事は嬉しい事ですが
やっぱり戻ってこないのかなぁ…。

結末はいかに。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

槙野に広州恒大が破格オファーか?

スポニチの記事ですが

槙野に対して広州恒大が
破格オファーの準備をしているとの事です。

年俸、言い値。
それもスコラーニ監督、直々の指名との事。

槙野、行っチャイナ!

そうしたらまた我々も応援してあげられるかも…。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2度とチャンピオンシップは経験したく無い!

2016年J1年間順位

1位 勝ち点59点 鹿島アントラーズ
2位 勝ち点74点 浦和レッズ
3位 勝ち点72点 川崎フロンターレ

なんだこりゃ…。

シーズン開始前から決まっている
レギュレーションである事は
当然わかっておりますが
一年を通じて積み重ねた勝ち点の
価値がここまで下がってしまうのは
残念で残念でなりません。

年間獲得勝ち点が15点も少ないチームが
チャンピオンになってしまったのだから。

2度とこんなレギュレーションを
Jリーグに復活させてはいけない!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

年間勝ち点59の鹿島がチャンピオン!

年間勝ち点59点、得失点差19点。
年間勝ち点55点、得失点差18点。

上が年間チャンピオンに輝いた鹿島アントラーズ。
下が6位という順位のサンフレッチェ広島。

年間勝ち点を、あと4点積み重ねていれば
鹿島アントラーズのような喜びに
私達が浸れたんですね。

勝ち点4点という事は2つの引き分け試合を
勝ちに変えられれば成し遂げられていた数字。

例えば、3/6アウェイ名古屋戦の引き分けを勝ちに
7/13アウェイ柏戦の引き分けを勝ちに出来ていれば
成し遂げられていた数字です。

何か悔しさが残りますね。もう少し頑張れば
私達がチャンピオンになれた可能性が有ったんです。

悔しいですねぇ。

でも、幸運にも私達には悔しさをぶつけられる
試合がありますよね。

クリスマスイブの天皇杯鹿島戦。

あの大逆転優勝を目の前で成し遂げてしまってから
広島に対して絶対に負けられないテンションで挑んでくるように
なってしまった鹿島の選手達。

今度の試合も、そんなモチベーションで挑んでくると思いますが
レベルの違う高いモチベーションが私達には存在しています。

寿人ともに元日を迎える為
鹿島に負けている場合では無いんです。

2017年富士ゼロックススーパーカップで
鹿島と戦うのは我らが広島です!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

鹿島アントラーズが勝つ流れだったんですね

2016年J1チャンピオンは
鹿島アントラーズに決定しました。

IMG_5174

みんなスッキリしていないと思います。
それはそれで良いと思います。
元々そういうルールで戦ったシーズンだったんで。

2年間のみ復活したチャンピオンシップで
下克上が起こってしまい、みんなにモヤモヤ感が残った事。

これは逆に今後、チャンピオンシップを
復活させない為にもJリーグ全体にとって
前向きなリザルトだと思います。

正直、浦和には勝って欲しく無い!
という想いの強い私でさえも、かなりスッキリしません。

昨年は万博で試合終了間際の奇跡を広島が巻き起こし
システムの歪みが余り露呈しませんでしたが
今年は見事に歪みが証明されました。

先週起こってしまった
ブラジルのクラブチームに起きてしまった悲劇。

先週から今週にかけてブラジルのサッカーを意識する1週間でした。
鹿島アントラーズと言えば、チームの歴史に脈々と流れるブラジルの血。

試合前の黙祷に、より想いが募ったのは
鹿島アントラーズだったのでは無いでしょうか。

2016年開催国王者、鹿島アントラーズ。
チャンピオンおめでとう!

休む間も無くF.I.F.A.クラブワールドカップが始まります。

鹿島には昨年、私共が成し遂げられなかった決勝の舞台に
絶対に進出して欲しいと思います。

そして世界の舞台にJリーグの力を見せつけましょう。
がんばれ、鹿島アントラーズ!

最後にチャンピオンシップというシステムの歪みを
炙り出してくれた事に大きな感謝。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
閲覧者 ? 人
訪問者数

    Recent Comments
    安心食材
    語学を学ぶなら
    ブロガーにお勧め
    安心な水の宅配
    お勧めサイト
    全国地図

    ジオターゲティング
    • ライブドアブログ