昨日のベガルタ仙台戦も
見事な勝利を収め14節終了時点で
勝ち点37点を獲得し首位独走のサンフレッチェ。

過去の14節終了時点で首位だったチームの
最終順位を調べてみました。

2017年 30 柏(4位)
2016年 31 川崎(2位)
2015年 34 浦和(2位)
2014年 29 浦和(2位)
2013年 33 大宮(14位)
2012年 30 仙台(2位)
2011年 29 G大阪(3位)
2010年 30 鹿島(4位)
2009年 35 鹿島(優勝・最終66)
2008年 26 名古屋・浦和(3位・7位)
2007年 31 G大阪(3位)
2006年 32 G大阪(3位)
2005年 32 鹿島(3位)

驚きの結果ですね。
年間最多勝ち点の概念で動いている2005年シーズン以降
13シーズンで、そのまま優勝したチームは1チームのみ。

ここまでのデータは凄いですね。

年間を通じて勢いを維持するのは
どんなに難しい事か。

でも勝ち点35以上で考えると
2009年鹿島の1チームのみで優勝確率100%!

こんな事を書いておきながらなんですが
先の事を考え過ぎてもしょうがありません。

目の前の一戦を熱く熱く戦い抜き
最高な結末を、この手に掴み取りましょう。

がんばれ、サンフレッチェ広島!

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


サンフレッチェ広島ランキング